愛の渦(2013)

さまざまな欲望が乱れるむきだしの世界

映画『愛の渦』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期的にアップデートされます。
今すぐ『愛の渦』を見るなら動画リンクをチェック。

2006年・第50回岸田國士戯曲賞を受賞した、演劇ユニット「ポツドール」の同名舞台劇を映画化。ポツドール主宰の劇作家・三浦大輔が自ら映画用に脚本を書き下ろし、メガホンもとった。プロデューサーは岡田真と木村俊樹。フリーター、女子大生、サラリーマン、OL、保育士など、ごく普通の人々が六本木のマンションの一室に集まり、抑圧されていた欲望を解放していく。毎夜繰り広げる乱交パーティに明け暮れる姿は、普段ではありえないような自分の裏側を露出させる。性欲やそれに伴う感情に振り回される人間の本質やせつなさがこの狭い空間だけに充満していく。

原題:愛の渦 / 製作:日本(2013年) / 日本公開:2014年3月1日 / 123分 / 制作:ステアウェイ / 配給:クロックワークス 

映画『愛の渦』予告編

(C)映画「愛の渦」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Paravi ▼Paravi(登録月無料)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『愛の渦』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

自由に使い放題!
人間の内側に潜む欲望をそのままストレートに描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな大胆でセンセーショナルな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単ですし、何よりも店で人目を気にすることなく自由にプライベートな空間で気兼ねなく楽しめます。アダルト系の動画を専門に扱っているサービスもあるので併用するとより楽しめて充実した日々を過ごせます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「費用の負担は抑えたい…」と考えているなら、特定の期日まで無料となるトライアルで、あなたの財布のお金を減らしません。マネーロスを最小限に抑える上でもこのビデオオンデマンドは頼もしいパートナーになってくれます。通常の感覚で言えば劇場鑑賞1回分の料金で動画を観まくれるのですから、破格の安さではないでしょうか。「新作を見たいのだけど、それはさすがに無理かな…」いいえ、諦めるのは早いです。ポイントでの購入タイプのサービスは準新作もすぐに見れますし、最近は劇場公開からネット配信の間隔も短くなってきました。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「愛の渦」の再生はダメです。インターネットの怖さを味わっていないなら、それはありがたいことです。なにせ一度被害に遭ってもそう簡単には保証もなく、警察が動くわけでもありません。つまり、自己責任になってしまいます。そうなると自力での解決は極めて困難です。カメラをハッキングされて自分が動画を見ている姿の動画を逆に撮影されてしまえば一生の恥になるのは想像できるでしょう。

あなたの選択は自由!
作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかしながら、厄介というか面倒な一面もあって、VODは幸か不幸か数が多く、どれが自分にとってのジャストマッチなのか判別しにくいです。配信作品だって変わってしまいます。「愛の渦」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。よく見かけるかもしれない他ウェブサイトでは、リンクをクリックすると無意味なサイトに流されて動画が見れないことも多々ありますが、こちらは悪質な誘導は一切しません。使い始めればもう後は毎日映画を見続けても観きれないほどの充実生活を送ることができるので、「最近、暇を持て余しているな」と思う人にこそお届けします。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「愛の渦」でもあります。自宅でテレビ鑑賞するならば、そのテレビが対応機種か確認(各メーカーのサイトや取扱説明書を要チェック)。お手持ちのパソコン鑑賞なら、たいていのウェブブラウザに対応済み。EdgeやChromeなど既存のもので万事OK。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

フェアにオススメします
「う~ん、動画紹介サイトなんてどこも同じでしょ?」そう思っていたとしてもこのフルムビバースは決定的な特徴があります。それは誘導的な贔屓はしていないこと。あくまで公平にサービスを紹介し、ゆえに扱っている数もトップクラスに多いです。最近登場したものにも適応させているので、ページ内容がどれも同じ動画リンクのみのコピー&ペーストになっているようなことは一切ありません。単純に「愛の渦」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

表現規制を避けるなら
「手足がちぎれたり、内臓が飛び出たり、グロ映像や残酷表現は規制されるのかな」「ちょっと大人向けのアダルトな内容はさすがに編集されるのかな」そういう考えもふと頭をよびるのは映像作品ならよくある話です。テレビ放送ならば規制は避けられないのですが、VODであると案外と規制は少ないです。ネット媒体ゆえのユーザーフィルターが実行可能なので使い分けしやすいのが作品をそのまま提供する助けになっています。もし規制無しの映画を観たいのならばVODを選択するのは確実性があります。「愛の渦」も規制なしでどうぞ。

俳優好きにも必須
シアターであろうとホームであろうと作品視聴するなら俳優陣の顔ぶれで評価する人は少なくないです。注目点は個人差があります。「佇まいだけで見惚れる。声の質が耳に残る。瞳に釘付けになる…」そんな片想いでも成就する気分になれる映画鑑賞。VODは俳優をマスターするのに最適で、出演作を抽出できるので大満足です。「門脇麦」の絶技が光る役者魂はそれはもう素晴らしいです。ファンを増やしたいな…と思っているなら、それであればVODで布教活動をしていくのが効率的に上手くいきます。勧めやすいですし、DVDよりも手軽です。

『愛の渦』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『愛の渦』をさらに知る

★スタッフ
監督:三浦大輔
脚本:三浦大輔
撮影:早坂伸
音楽:海田庄吾

★キャスト
池松壮亮、門脇麦、滝藤賢一、中村映里子、新井浩文、三津谷葉子、駒木根隆介、赤澤セリ、柄本時生、信江勇、窪塚洋介、田中哲司

★『愛の渦』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『愛の渦』の感想

●無料ホームシアター 
映画のほとんどが裸で男女8人による乱交をしている姿を描くのだが、いわゆるポルノではないのが特徴で、人間ドラマを描いています。一期一会でこの夜のある時間だけ集った見知らぬ男女。目的は体を交わることだが、その理由は各々で違う。そんな公にはしづらい思いを抱えて、密かな駆け引きの中で、誰が誰を相手に選ぶかなどをぎこちなく決めていく。これは一時の自己満足なのか、それとも…。非常に突き放した人間観察作品として優秀すぎる一作。
●BILIBILI 
劇団ポツドールの舞台を映画化で、ポツドールの作・演出である三浦大輔自身が監督をつとめているので、基本的には同じ。深夜0時から午前5時までの5時間、人間たちの乱れたパーティの一夜を描く。バスタオル一枚で部屋に集められた見ず知らずの8人が、それでは始めてください、でパッと始められるわけもなく、はりつめた沈黙の中で、おずおずと探り探りしていく様子がメチャメチャリアル。居たたまれなくて堪らない。楽しいのかな、これ。
●TOHOシネマズ 
とにかくラストシーンが印象的。後日、池松壮亮が門脇麦と再会しカフェで話すシーン。ああいった非日常の中で、本能さらけ出した自分をどう捉えるか。その男女差みたいなのが如実に表れるやりとり。男は「あの場所の自分こそ、本当の自分だった」と言い、女は「あの場所の私は私じゃなかった」と言う。明確になる男女の決定的な違い。あの夜、つながっているような二人は実は全然つながっていなかったのだった。男にとっては悲しい現実か。
●DAILYMOTION 
俳優の皆さん、本当に凄いです。とくに池松壮亮と門脇麦。二人とも大人しそうに見えるから余計に際立つ。体を張った演技の多い二人ですが、今作はとくに生々しくて、エロいというよりは、野生の感じがする。コミュニケーションとしてのセックスを描いているように見えて、いろいろとすれ違っているのがまた残酷だったりして。人はむきだしになっても見せないものがあるのだと思う。映画は、人とは気まずくなるから一緒に見れないのでそこは注意。