青天の霹靂(2014)

タイムスリップしたマジシャンのユーモラスな物語

映画『青天の霹靂』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画だけでなく批評やレビューも掲載。
今すぐ『青天の霹靂』を見るなら動画リンクをチェック。

お笑いタレントの劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説を初監督で映画化。売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘、プロデューサーは澁澤匡哉。39歳の売れないマジシャンの晴夫は、母に捨てられ、父とは絶縁状態。あとはこのマジシャンンぐらいしか自分にできることは残っていない。ある日、父の訃報を聞いて絶望した晴夫は、気がつくと40年前の浅草にタイムスリップしていた。そこで若き日の父・正太郎と母・悦子と出会い、スプーン曲げのマジックで人気マジシャンになった晴夫は、その流れで自分の本当の正体も知らない父とコンビを組むことに。やがて母の妊娠が発覚し、10カ月後に生まれてくるはずの自分を待つ晴夫は、自身の出生の秘密と避けられないかたちで向き合うこととなる。

原題:青天の霹靂 / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年5月24日 / 96分 / 制作:東宝映画 / 配給:東宝

映画『青天の霹靂』予告編

(C)2014「青天の霹靂」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Paravi ▼Paravi(登録月無料)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『青天の霹靂』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなもメロメロで夢中!
人間の喜怒哀楽をストレートに描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのも良いですが、ネット配信独自のメリットも多め。店に行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業も要りません。ウェブサイトにアクセスして動画を見るだけ。難しいことは何もないので、初めての人もすぐに使い始められてエンジョイできます。

「無料」で感謝!
ユーザー応援価格なんてものじゃない、最高の無料期間お試しはサービスに少しだけ顔を覗かせる感覚で背中を優しく押してくれます。効率的なコストパフォーマンスで動画を見たいという考えは当然です。ケチでもなんでもなく、節約を望むのは何も悪いことではありません。VODならば最安で映画を堪能できるので大満足でしょう。「無料で動画を見られる期間もいつのまにか終わったら嫌だな」そんな不安は払拭できます。期間の終わりがアナウンスされないことはなく、メール通知もあるので、動画に夢中でも安心です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「青天の霹靂」の再生はダメです。例えば、使用端末に極端な負荷を与える悪質プログラムが動き回り、場合によっては不可逆なダメージを与えることも。CPU使用率が異常に上昇すると数値としてわかりやすいですが、密かな攻撃には気づきにくいので、静かな恐怖の原因にも。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。ところが、避けることのできない障害物として道を塞いでいるのが、VODの配信流動性の問題。日に日に変化していく配信作品を個別確認するのは目が疲れます。「青天の霹靂」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。動画リンクがもしかしたらダミーで実はフィッシングサイト詐欺だったら…という不安もフルムビバースには必要ありません。安全オンリーです。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

登録情報は最小限
初めてのVOD登録はわからないことも多いですが、入力する情報に不安があるかもしれません。基本はシンプル。ユーザーネーム(もしくは名前)、メールアドレス、固有のパスワード、生年月日、電話番号などの最小限構成です。あとは支払い方法となるクレジットカードの入力ですが、これは必須であり、しっかり忘れずに。本人情報と紐づけされ、初回利用者かどうかの判断になるので、どのクレカを入力したかはメモしておきましょう。初期登録は1分もかかりません。あとは「青天の霹靂」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

悪いサイトを追い出すために
違法アップロード動画が何万と並ぶ海賊版サイトは、無料という釣り針であなたを釣り上げ、最後はまな板の上で殺されます。そんな話は多少オーバーですが、でも大損害を受けるのは同じです。そんな危ないサイトの蔓延を防ぎ、ネットの海から駆除するために、最良のクリーンアップ手段となるのは魅力的な代替サービスを提供すること。VODは安く、手軽で、作品数も膨大と、全てにおいて上位互換であり、不正サイトを駆逐するパワーを秘めています。普及させることは業界の利益になるので「青天の霹靂」合法視聴方法を拡散しましょう。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。「青天の霹靂」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

海賊版サイトは無料ではありません
無料で誘い込む海賊版関連のサイトは見分けるコツがあります。ひとつはブログランキングページがあること(アクセス数を稼ごうとしている)。もうひとつは動画再生しようとすると真っ先に別の広告に飛ぶということ(間違っても情報入力すべきではありません)。セキュリティソフトではシャットアウトできません。「青天の霹靂」が見れるという誘い文句についていくと、無料どころが大損害でノックアウトされます。一度利用すればあなたの使用履歴は残ってしまうのですでに袋のネズミ。こうなっては後々のリカバーも難しいので、最初から関わらないのが得策です。

『青天の霹靂』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『青天の霹靂』をさらに知る

★スタッフ
監督:劇団ひとり
脚本:劇団ひとり、橋部敦子
撮影:山田康介
音楽:佐藤直紀
主題歌:Mr.Children

★キャスト
大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫、入江雅人、柄本佑、前野朋哉、高橋周平、岩井秀人、黒田大輔、中村育二、今井隆文、小村裕次郎

★『青天の霹靂』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.6???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『青天の霹靂』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ  
キャッチコピーのとおり、笑いと一粒の涙の話だった。大泉洋と劇団ひとりの掛け合いも面白いし、後半の涙の出産の場面も全てがちょうど良いテンポとサイズになっているバランスの良さが魅力。和製バックトゥーザフューチャーらしく、自分の過去と対面して成長していく。SF的な映像は抑え目だが、しっかり過去に行った感じを演出している。こんな話を書けて、監督して演技も出来るって天才かよ!って劇団ひとりの才能に嫉妬するくらいの良作です。
●BILIBILI 
今や押しも押されもせぬ地位を確立した感のあるピン芸人劇団ひとりが監督・脚本を務め、全編通して出ずっぱりの重要な役柄で大活躍。大泉洋がシニカルに暗い話をしながらカードマジックを披露するファーストシーンが最高にいい。練習したらしいが、この努力といい、才能の塊を見せつけられ、彼の売れない感じが消し飛ぶくらいだった。
●フルムビツカイ 
ダメダメな人生を歩む大泉洋が、タイムスリップで自身の人生を知る。大泉洋という俳優の技能をこれでもかと見せつけられる凄さがある。そして、忘れてはならない劇団ひとり。豪華なキャストやCGなどの映像で豪勢に飾り付けなくても、ちゃんと面白い映画は作れることを証明した一作だ。物語にも深く感動した。父の優しい嘘が素敵で、エンドロールに切り替わった瞬間にぶわっと、決壊したダムのような唐突さと激しい勢いで涙が溢れた。