清須会議(2013)

三谷監督、初の時代劇に挑戦

映画『清須会議』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期的にアップデートされます。
今すぐ『清須会議』を見るなら動画リンクをチェック。

三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした小説を自ら脚色し、メガホンをとって映画化。本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌をオールスターキャストで描く。プロデューサーは前田久閑と和田倉和利。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長がこの世を去り、ひとつの時代が終わった。しかし、波乱はこれから。筆頭家老の柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉は次男で大うつけ者と噂される信雄をそれぞれ後継者に推薦する。それぞれの思惑はそう簡単に妥協もできず、激突は避けられない。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市は秀吉への恨みから勝家に肩入れし、秀吉は軍師・黒田官兵衛の策で、信長の弟・三十郎信包を味方に引き入れ、家臣たちの人心を巧みな手段で掌握していく。やがて後継者を決める会議が開かれ、それぞれの利益を求める思惑が交錯する。

原題:清須会議 / 製作:日本(2013年) / 日本公開:2013年11月9日 / 138分 / 制作: / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:29.6億円

『清須会議』映画オリジナル予告編

(C)2013 フジテレビ 東宝


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『清須会議』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

賑やかに楽しもう!
ユーモラスな人間模様を痛快に描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではさらにユーザー数が増えています。レンタル店でDVDを借りることはすでに時代遅れになりつつあり、ネット配信を利用するなら今こそ波に乗るチャンス。初心者でも簡単になっているので楽です。

「無料」は全て初心者のため!
映画動画を視聴してスマイルになるなら、もっと満面の笑みになるかも。なにせ無料お試しというスペシャルデザートがあるのです。モノを買えばカネを出すという資本主義&通貨システムの基本ですが、その当然性の例外となるのが初回登録時のお試しなのです。タダで試用しながら自分にマッチできるか試着する気分。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「清須会議」の再生はダメです。Webブラウザは定期的に脆弱性を修正するアップデートをリリースしていますが、セキュリティレベルに関係なく、こうした不正サイトを自らの意志で能動的に使用してしまうと、どんな無敵に見えるパーフェクトな対策もクズ同然で、無料動画どころではないです。そのようなよろしくないサイトで流通する動画は、正規の映画本編ではないフェイクやダミーの場合もあります。

使うべきはどれ?
「え、あの作品もこの作品も配信されているの? だったらやるしかない!」知れば知るほど迷いは消えていきます。ところが、避けることのできない障害物として道を塞いでいるのが、VODの配信流動性の問題。日に日に変化していく配信作品を個別確認するのは目が疲れます。「清須会議」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。あくまで本当に使用スタートしたいと思ったときに登録すればいいので、まずはサイト内で作品検索をして今日の配信有無を調べましょう。

家族にバレない?
VODは単独で使うのではなく、複数(とくに家族)で共有して利用することもできます。しかし、作品の好みは人それぞれ。場合によってはアダルトや暴力な映画を観たいときもあります。けれどもそれは子どもの前では視聴できませんし、サムネイルさえも見せたくありません。そんな事例にも対応可能となっているVODはユーザーごとに使い分けできます。表示作品を適度にフィルタリングしたり、個々で別の場所で鑑賞したり、思うがままにセパレートできるので、ファミリー全員が新規に登録することはありません。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。他サイトにはないかなりマニアックに細分化されたカテゴリで分類もされているのでニーズに合いやすいです。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「三谷幸喜」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「清須会議」は? 基本的には初回の月額料金もしくは一定期間に限り料金の支払いが発生しないという意味です。また、無料で見られる作品はサービスによって異なります。配信している全ての作品が対象になるものもあれば、ある程度を対象に無料作品が限定される場合も。またポイント制のサービスでは初月は無料で一定のポイントがもらえ、それを使うことで作品が見られるものも。この違いが一番混乱する部分なので各サイトでの予習がとても肝心です。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「清須会議」鑑賞完了後に解約もアリ。「よ~し、解約してみようかな、もう観たい動画もなくなったし…」そんな別れもいつかは来るかも。その時は名残惜しいですが、退会作業は瞬間的に終わります。その解約に何時間もかかったり、変な確認作業が必要になることもありません。「契約の解除」という設定に進むだけで、各種サービスの違いはあれど、基本はたいして変わりません。そこから契約解除だけでなく、アカウント削除に進めば、あなたの登録していた情報も消えて、綺麗さっぱりになります。

『清須会議』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年9月13日時点での『清須会議』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『清須会議』をさらに知る

★スタッフ
監督:三谷幸喜
脚本:三谷幸喜
撮影:山本英夫
音楽:荻野清子

★キャスト
役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香、妻夫木聡、伊勢谷友介、坂東巳之助、剛力彩芽、篠井英介、中村勘九郎、浅野忠信、寺島進、阿南健治、松山ケンイチ

★『清須会議』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『清須会議』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画無料夢心地
三谷幸喜と言うハードルがあったとは言え、楽しんだのは素直な事実。隠してもしょうがない。役者は揃ってるし、今時の時代劇として楽しめる一定のクオリティがある。それに貢献しているのは間違いなく、監督の力量ではなく、役者の名演なのも事実だが。とくに大泉洋と役所広司の演技合戦が素晴らしい。これだけでもずっと見ていられる。やはり有能な役者は何をやらせても作品を面白くさせる力があることを再確認した。俳優は偉大だな~。
●BILIBILI 
歴史が好きで、特に戦国時代の信長秀吉家康の話を沢山かいつまんできた歴史オタクな自分にとっては凄く楽しみにしていたメモリアルな作品。実際の史実はもっとややこしいし、こんな単純ではないのだけど、上手くコメディにおとしこんでいると思った。事実としては、この清洲会議のあと勝家と秀吉は争うようになり、破れた勝家は北ノ庄城でお市とともに自決するという悲しい最期なんだけど、そのへんは忘れて雰囲気を楽しめるのが良い。
●DAILYMOTION
様々な名優の持ち味が存分に発揮されていたが、寧ろ、色が出すぎて実在の人物を食っている部分も見られた。そこが好みの問題かもしれない。メイン3人の演技合戦の丁々発止はとても魅力なのだけど。ドラマの雑さはところどころ見受けられるし、気に入らない人の気持ちもわかる。でも、歴史モノの堅苦しいイメージを払しょくする効果はあったと思う。この後、軽めの時代劇が続くのはこの作品の成果も少なからず影響しているだろうし…。