ジョン・カーター / John Carter

賛否両論を巻き起こした世紀のスペクタル巨編

映画『ジョン・カーター』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画を見た後は作品をさらに深掘り。
今すぐ『ジョン・カーター』を見るなら動画リンクをチェック。

小説家エドガー・ライス・バローズが1912年に発表したSFヒロイックファンタジーの古典的名作「火星のプリンセス」を、アンドリュー・スタントン監督が自身初の実写作品として映画化したアクションスペクタクル。製作はジム・モリス、コリン・ウィルソン、リンジー・コリンズ。1868年、アメリカ南北戦争で活躍したジョン・カーターは、ある出来事がきっかけで地球から遠く離れた滅びゆく神秘の惑星バルスームに瞬間移動して、全く見ず知らずの場所で生きるほかなくなる。それは過酷な試練であり、前代未聞の人生。そこで出会ったサーク族の戦士タルス・タルカスやヘリウム国の王女デジャー・ソリスらと心を通わせたカーターは、この偶然にたどり着いた地で、バルスームの危機を救う戦いに身を投じていく。

原題:John Carter / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2012年4月13日 / 133分 / 制作:Walt Disney Pictures / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:2億5000万ドル / 興行収入:2億8400万ドル

映画『ジョン・カーター』予告編

(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ジョン・カーター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

今では欠かせない存在!
独創的な世界観を映像で見事に再現した映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用すると良いです。レンタル店でDVDを借りるのも良いですが、ネット配信は簡単。動画サイトと同じような感覚で、スピーディに動画が見れ、さらにはスマホからパソコンまで幅広く対応。テレビを使えば大画面で豪華な映像を堪能することができ、極上の体験を味わえます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「費用の負担は抑えたい…」と考えているなら、特定の期日まで無料となるトライアルで、あなたの財布のお金を減らしません。「ねえねえ、映画を無料で観られる方法って知っている?」「そんなのあるわけないじゃん」「実はね…」こんな秘密の裏技でもない、正々堂々の方法が無料お試しという選択肢です。「ニコニコ動画とは大きな違いはあるの?」そんな疑問にもお答えすると、このサービスはオフィシャルなコンテンツだけを公式提供で配信するものなので、誰でも投稿できるサイトのような乱雑さは無し。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ジョン・カーター」の視聴はダメです。常にあらゆる手段を悪用してきますが、最近だとビットコインなど仮想通貨で寄付のようにお金の支払いをさりげなく求めてくるものもあり、一度その手にのっかると個人情報を引っこ抜かれ、延々と不正利用のリスクに晒され、落ち着かない怖い状態になります。そのようなよろしくないサイトで流通する動画は、正規の映画本編ではないフェイクやダミーの場合もあります。

迷ったときは?
インターネット全盛期の現在は新作もすぐさま見られるようになりました。作品限定でも無料で見られるなら儲けもの。百聞は一見に如かずなので試したいのはやまやまなのですが、しかし、その手がピタッと止まってしまう要因になるのがVODのあまりの種類の多さです。選ばないといけません。「ジョン・カーター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はスピーディに解決しましょう。「観たい作品を配信中のVODを一気にチェックできたら…」という需要を叶えることができます。むやみに時間を浪費する事態は今後はサクッと回避できます。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。作品配信の有無を調べるのにアカウント作成の必要はありません。いつでも誰でも自由にサイトにアクセスして目視調査できます。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「ジョン・カーター」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ジョン・カーター」でもあります。自宅でテレビ鑑賞するならば、そのテレビが対応機種か確認(各メーカーのサイトや取扱説明書を要チェック)。お手持ちのパソコン鑑賞なら、たいていのウェブブラウザに対応済み。EdgeやChromeなど既存のもので万事OK。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

高画質で見られる?
ノイズだらけ、はたまた遅延ばかり、さらには低画質な動画なんてものはたとえ無料でも嫌なものです。VODはネット配信なのでその画質品質を心配するかもしれませんが、実際はDVDを上回るクオリティがあるので大丈夫です。中には4Kしているものもあり、すでにブレーレイにすら匹敵する領域です。バカ高い機器に金を払うこともなく、自由に高品質動画を大量に堪能できるのですから夢のようです。「私はそれよりも通信量が気になる…」それもOKで、ちゃんと選択できるので自分に合った「ジョン・カーター」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
スマホでもお手軽なので良いですが、大画面で観る方が映画は映えます。最高クラスの極上体験を追求するならホームシアター環境の実現が理想。これを経験してしまうとパソコンなどには二度と戻れなくなるかも。VODと組み合わせることで、劇場のような空間を無料で自宅に構築できるので「ジョン・カーター」も最高級に。この贅沢な環境を実現するには「プロジェクター」と「オーディオセット」、それと「スクリーン」が求められます。もしVODを使い続け、さらなる高みを目指したいなら、ひとつの夢として目標にするのも良いでしょう。

『ジョン・カーター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジョン・カーター』をさらに知る

★スタッフ
監督:アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン、マーク・アンドリュース、マイケル・シェイボン
撮影:ダン・ミンデル
音楽:マイケル・ジアッキノ

★キャスト
テイラー・キッチュ、リン・コリンズ、サマンサ・モートン、マーク・ストロング、キアラン・ハインズ、ドミニク・ウェスト、ジェームズ・ピュアフォイ、ダリル・サバラ

★『ジョン・カーター』の評価

IMDbRTMETA
6.651%??
映画comY!FM
3.3???3.1
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ジョン・カーター』の感想

●無料ホームシアター 
テクノロジーと世界観のマッチングがほどよくマッチョ化されていてキレ味の悪い物語は冗長なのだけれど娯楽作としてのスペースオペラなら十分に楽しめる一作です。原作はこれまで幾度も映画化が企画されるも頓挫したもので、非常に難しいとされていたなか、かなり原作にリスペクトも捧げつつ、作られています。それもあって現代の一般観客層に受けを狙ってません。あえて有名キャストを使わないようにしたくらいですから。その姿勢は高く評価です。
●FILMAGA 
とにかくカーターが火星に行くまでと、行った後の自分の使命に目覚めるまでがダラつきますが、単身で大群を迎え撃ち鬼神の如く闘う姿はとても雄々しくシビれました。ディズニー映画と侮るなかれ、なかなかのゴアシーンの連続ですよ。あとカーターにつきまとうブス犬「ウーラ」の存在も忘れてはいけません。平然と気持ち悪いキャラも出してくるなど、全体的にあえてディズニーらしさを捨ててきたような映画でした。好きな人は好き系ですね。
●ユナイテッドシネマ
観る前は全然面白そうじゃなかったけど、やはり脚本と映像がとても素晴らしい。悲しい過去から、戦いを捨てた敏腕の戦士が正義感を取り戻していく姿が良かった。死んだ奥さんのことを思いながら、なんちゃら族を滅多打ちにする場面はハイライトのひとつ。ストーリーの最後もやっぱり不意を突かれる。スター・ウォーズやアバターといったSF映画の先駆的な存在として、王道的な要素が多く含まれており、もう少し評価されても良いのではないかと思う。