メリダとおそろしの森

スコットランド要素満載のピクサー・アニメ

映画『メリダとおそろしの森』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期更新しているので確認に便利。
今すぐ『メリダとおそろしの森』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Brave / アメリカ(2012年) / 日本公開:2012年7月21日 / 94分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:1億8500万ドル / 興行収入:5億4000万ドル

映画『メリダとおそろしの森』予告編映像

(C)Disney/Pixar All rights reserved

動画
▼『メリダとおそろしの森』の動画リンク▼

VOD1【×】

VOD2【×】

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【×】

VOD5【×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『メリダとおそろしの森』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

家族で仲良く視聴しよう!
幻想的で他にはない世界観が広がるアニメーション映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、とくに難しいことはありません。レンタル店でDVDを借りるのがいつもだった人でも簡単に始められますし、今ではブルーレイのようにハイクオリティな映像をテレビで目いっぱい楽しむことができるようになりました。

「無料」を見逃すな!
「なるべく支払いは後にしたい」それならばお試しできます。もちろんお金は無料です。映画動画をタダで見れるのです。レンタル店舗もズラッと商品が並んでいるものですが、ネット配信だって同じくらいの品ぞろえで、プラス初回無料があるのですから、どっちがお得かは言うまでもないでしょう。「どうせ自分には上手く扱えないに決まっている」そんな最初からイジケナイでください。びっくりするほどに簡単で、アカウントを作るのも数分で完了し、そのまま待機もなく動画を再生できます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「メリダとおそろしの森」の視聴はダメです。豊かな知識や情報が無数に広がるネットの世界には、その裏で危険なサイトも蔓延しています。人を夢心地にさせる誘惑めいた言葉を並べて、ダメージを与える恐ろしい騙しページへと誘導するものもあります。必ずそのサイトの信頼性を判断すべきです。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

いちはやくウォッチ!
DVDで動画を見るのはお金に余裕のあるマニア向けになりつつあり、一方でVODは幅広い層に届く、デジタルなネット時代のトップバッターです。でも、浮かれる前に気をつけるべき点がひとつ。「さっそく登録したのにお目当ての映画が配信してない!」という残念無念な状況が待ち受けているかもしれません。「メリダとおそろしの森」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。不明点があればそのヒントを提案するのがこのページの役目です。配信しているか無作為に調べるよりも、こちらのアイコン表示を参考に目星をつけておくことで、お得な時間短縮になります。できる限り配信情報は更新されている方が良いに決まっています。こちらでは掲載中の中身がいつまでも同じなんてことはありません。ビデオ・オン・デマンド特有の映像コンテンツ(オリジナル作品)など、複合的な視点でサービスをチョイスするのもアリです。

あなたはどっち派?
インターネット上に氾濫している不正動画ではトランスレーションありと記されていてもその中身は雑極まりないです。これでは映画を観たなんてとても言えません。VODは上品質の字幕と吹替を完備(映画によります)。プロフェッショナルによる文化的・社会的な要素を考慮した巧妙な翻訳はやはり公式でこそ。英語字幕を選択すれば外国語学習であなたの語学知識を深めることができます。「メリダとおそろしの森」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

家族にバレない?
家族がいっぱいいる人。VODも分かち合いませんか?「嫌だな、だってお父さんとは趣味が違うもん」「母にこの視聴履歴は見られたくない」「小さい子どもにコレは少し早すぎる」そんなあれこれの家族らしい悩みにも細かく対応中。まずはアカウントを分けることができます。成人向け動画もこれで限定させることが可能で、キッズ専用もあったりします。また同時再生も用意済みで、こっちはスマホ、あっちはテレビで、別の部屋で鑑賞利用していても家族間ならOK。ピースフルにお気に入り映画を観て語り合いましょう。

高画質で見られる?
ハイ・グラフィックスの動画というのは映画であれば絶対に欲しいものです。ジャギーやノイズで汚くなった動画ではCGやダイナミックな風景などが台無しになり、映画の体感が半減どころか、10%も満喫できません。現在のビデオオンデマンドはDVDを超えてブルーレイに匹敵するくらいの高画質になっており、映像美を大事にする作品でも安心。それがディスク購入で数千円かかるところを格安ですぐに手に入るわけですから、これ以上の高望みはバチがあたるというものです。ビューティフルな「メリダとおそろしの森」の動画を楽しみましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
劇場で上映された映画やDVD・動画配信サイトにある動画を勝手に取得し、権利者に無断で別サイトにアップロードしたものは当然違法。これは無料のように偽り「FREE」という言葉を目立たせていますが、その実態は利用者に損害を与える無料とは真逆の有害だらけです。大損をするだけでしょう。「メリダとおそろしの森」が無料というのは本当に安全かという評価をクリアしないといけません。でも合法性を確保しているエリアにずっといれば何も心配はいらないです。こちらの紹介では正規オンリーですからユーザーであるあなたが気に悩む必要は一切ゼロです。

『メリダとおそろしの森』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『メリダとおそろしの森』をさらに知る

ピクサー・アニメーション・スタジオ13本目の長編作。スコットランドを舞台に、自由を愛する王女メリダが、精霊に守られた神秘の森の奥で待ち受ける運命と対峙する姿を描くファンタジーアドベンチャー。『メリダとおそろしの森』の製作総指揮はジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、ピート・ドクター。王家の伝統に嫌気がさしていた王女メリダは、ある日、不思議な鬼火に導かれて森の奥深くに住む魔女に出会う。それは特殊な力を持った存在で、その魔力につい頼る気持ちが生まれる。メリダは魔女に「魔法で自分の運命を変えてほしい」と頼むが、古来より人間が森の魔法を使うことはタブーとされて、固く禁止されていた。魔女はメリダの願いを聞き入れ呪文を唱えるが、それと引き換えに平和だった王国に恐ろしい呪いがかけられ、混乱していく。

★『メリダとおそろしの森』のスタッフ
監督:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン
脚本:マーク・アンドリュース、スティーブ・パーセル、ブレンダ・チャップマン、アイリーン・メッキ
音楽:パトリック・ドイル

★『メリダとおそろしの森』のキャスト
ケリー・マクドナルド、ビリー・コノリー、エマ・トンプソン、ジュリー・ウォルターズ、ロビー・コルトレーン、ケヴィン・マクキッド、クレイグ・ファーガソン、サリー・キングホーン、エリド・フレイザー

★『メリダとおそろしの森』の評価

IMDbRTMETA
7.179%??
映画comY!FM
3.1???3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『メリダとおそろしの森』の受賞
第70回ゴールデン・グローブ賞でアニメーション作品賞を受賞。第85回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。

★『メリダとおそろしの森』の感想

●『メリダとおそろしの森』シネマトゥデイ  
日本タイトルに「おそろしの森」ってあったから、ホラーアドベンチャーな感じかな?と思ったんだけど、母娘のヒューマンドラマだった。最強の熊と、お妃様が昔から聞かせ続けてた伝説の話がリンクした時はなるほど!ってゾワゾワしたし、物語の構成は上手い。お母様熊を元に戻すためにメリダも四苦八苦しながら、お母様の優しさや思いやり、愛情を理解して和解していくところはジーンとしてしまった。王道な童話を最新映像で再現!という感じ。
●『メリダとおそろしの森』DAILYMOTION  
ピクサーというよりはディズニー色が強い作品。今までディズニーが得意としてきた「自由を求める王女」を主人公に置いたファンタジー映画。確かに他のピクサー作品と比べるとオリジナリティは薄いものの、他のプリンセスものとは一線を画す内容となっている。世界の広がりの狭さもあくまでおとぎ話の範囲内に収めるためであり、あまり変に大掛かりじゃないのがいい。母と娘に重点を置いた物語で、最後までぶれない王道展開ですが泣かされました。
●『メリダとおそろしの森』CRUNCHYROLL 
原題は「BRAVE」。その意味は映画を観ればわかります。ピクサー作品ではマイナーな部類ですけど、個人的には大好きです。スコットランドの文化も深く描かれていて、衣服や住居、特有の牛とか、見どころ満載。言葉の訛りも新鮮でした。それが吹き替え版ではなくなるのは残念。でも、吹き替え声優さんがAKBだと叩かれがちですが、少なくとも作品の魅力を打ち消すほど酷いとは思えませんでした。むしろ上手です。音楽がいいので必聴です。