カーズ2(2作目)

ピクサーの「カーズ」シリーズ第2作

映画『カーズ2』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期更新しているので確認に便利。
今すぐ『カーズ2』を見るなら動画リンクをチェック。

ジョン・ラセター監督によるピクサーアニメ「カーズ」(2006)の続編。前作に続きラセターが監督を務める。原案はジョン・ラセター、ブラッド・ルイス、ダン・フォーゲルマン。天才レーシングカーのマックィーンとおんぼろレッカー車メーターの珍コンビが、前作の舞台ラジエーター・スプリングスを飛び出し、日本をはじめフランス、イタリア、イギリスとワールド・グランプリレースを転戦。その道中で陰謀が渦巻くスパイ工作に巻き込まれていく姿を描く。「ピストン・カップ」で大活躍したライトニング・マックィーンはラジエーター・スプリングスでつかの間の休息を過ごしていたが、刺激的な体験に誘われる。それは「ワールド・グランプリ」への参加の招待だった。バイオ燃料「アリノール」の画期的な有用性を伝えるイベントとして、この燃料を開発したアリノール社のCEOマイルズ・アクセルロッドにより企画された一大セレモニーで世界中から大勢が呼び込まれ、賑わう。しかし、そこには巨大な陰謀が…。

原題:Cars 2 / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開:2011年7月30日 / 112分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:2億ドル / 興行収入:5億6200万ドル / 前作:『カーズ』 / 次作:『カーズ クロスロード

映画『カーズ2』予告編

(C)Disney/Pixar


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『カーズ2』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

自由に使い放題!
世代を超えてとても高く支持されている映画はそれだけで見ごたえがあります。そんな人気のアニメシリーズをお得に見るなら、動画配信サービスを活用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、レンタル店でDVDを借りることはすでに時代遅れになってきました。今ではスマホでもパソコンでもテレビでも自由に見られ、DVDと遜色のないハイクオリティな映像を楽しめるネット配信は主流となっています。

「無料」で感謝!
しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。マネーロスを最小限に抑える上でもこのビデオオンデマンドは頼もしいパートナーになってくれます。通常の感覚で言えば劇場鑑賞1回分の料金で動画を観まくれるのですから、破格の安さではないでしょうか。「無料期間なんて1日程度であっさりと終わるんでしょ?」そんなことはありません。たいていは映画を多数鑑賞し続けても余りある時間が確保されており、しばらくはゆっくりと落ち着いて楽しめます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「カーズ2」の視聴はダメです。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。「わざわざ高い金を払ってセキュリティアプリ入れてるし…」それも大事ですが、このタイプの不正動作は完全プロテクトしづらいです。

迷ったときは?
今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴も可能ならさっそく試す行動に出たいところです。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「カーズ2」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その難題ヘの攻略サイトがここです。そうは言っても複雑な解決法ではありません。配信可能性の高いVOD(確実性は今日の状況が反映されないので100%ではないですが)をアイコンでリコメンドしています。いかにもクリックすれば動画がすぐに見れるかのように誘って偽り、取るに足らないランキングページへと誘導する無価値な内容はここにはないと保証します。あなただけの無料動画ホームシアターを家に構築してみませんか。このVODはその大いなる道の最初の記念すべき一歩になるかもしれません。

字幕・吹替、選択は自由
公開前から議論になりがちな翻訳と吹替問題。一歩間違えれば作品の完成度さえも台無しになりかねないので、ピリピリするのは当然です。だからこそ観客は字幕と吹替の選択はこだわります。VODは両方に対応していることが多く、幅広いユーザーの好みにマッチ。中には英語字幕を選択できるものもあり、リスニング練習に使っている人もいます。そういう狙いでサービスを判断するのも良いでしょう。できれば両方を比較してみてください。意外な一面から「カーズ2」の面白さの発見につながるかもしれません。

家族にバレない?
映画はいろいろなクリエイティブが詰まっているものであり、それは表現の自由であり、芸術です。しかし、それは尊重するとしても、どうしても年齢制限が生じてくるものがあります。VODでは映画館のようなレーティングを作品ごとにしていますが、作品一覧では全部が表示されてしまうので「見せたくない作品」が見えてしまうことになりかねません。でもファミリーアカウント機能などがあるので、ユーザーごとに使い分けが可能です。プライバシーも確保しながら不都合をゼロにして共有利用ができます。

高画質で見られる?
どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「カーズ2」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
スマホでもお手軽なので良いですが、大画面で観る方が映画は映えます。最高クラスの極上体験を追求するならホームシアター環境の実現が理想。これを経験してしまうとパソコンなどには二度と戻れなくなるかも。VODと組み合わせることで、劇場のような空間を無料で自宅に構築できるので「カーズ2」も最高級に。こうなってくるといかにしてそのリッチシアターを組み上げるか。無料ホームシアターとはいきませんし、コストは低いわけでもありません。でも価値はあります。大型家電店に行って実際の機器を見てイメージを膨らますのもいいでしょう。

『カーズ2』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『カーズ2』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジョン・ラセター
脚本:ベン・クイーン
撮影:シャロン・キャラハン
音楽:マイケル・ジアッキノ

★キャスト
ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、オーウェン・ウィルソン、マイケル・ケイン、エミリー・モーティマー、エディ・イザード

★『カーズ2』の評価

IMDbRTMETA
6.240%??
映画comY!FM
3.4???3.4
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『カーズ2』の感想

●映画無料夢心地 
前作とはガラリと雰囲気が変化。車の燃料を巡るゴタゴタに巻き込まれるメーターを中心に話が進んで行くスパイカーアクションに変身しています。1作目がマックイーンの成長というテーマがあった反面、今作はそういうメッセージが弱まってしまったぶん、友情という普遍的な話になっています。子ども向けにシフトチェンジして、ターゲットを狭めたのかな。その作戦の成否はともかく、キャラの掘り下げは相変わらず上手いし、テンポも良かったです。
●BILIBILI 
車の擬人化を見事成功させ、ルート66を題材にノスタルジックな物語を繰り広げた前作とは打って変わって、本作ではエンタメ的なアクションに重きを置いた内容になっていた。今回の主役はマックィーンではなくメーター。ほとんどスピンオフに近い。なので1作目と同じ期待値で見るべきではない。頭のぶっ飛んだアクションから始まり、あまりにも現実離れし過ぎているシーンが多く、車がメインならではのほんとの「カーアクション」が楽しめる。
●CRUNCHYROLL 
ピクサーにとっては「トイストーリー」以来の長編シリーズの続編。「カーズ」はとくに子どもたちに人気で、本作はまさにそんな子どもたちのための映画になっている。大人はきっとこんなの現実的じゃないとか、脚本がおかしいとか、いろいろ気にするが、子どもたちにとってはどうでもいいこと。キャラクターが元気いっぱいに駆け回り、ハラハラさせてくれればそれでいいのです。メーターのキャラクターはその点、ベストマッチだったのでしょう。

ピクサー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース