127時間 / 127 Hours

絶体絶命、極限状態の孤独の時間

映画『127時間』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画を見た後は作品をさらに深掘り。
今すぐ『127時間』を見るなら動画リンクをチェック。

登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、ジェームズ・フランコ主演で映画化したサスペンスドラマ。製作総指揮にはバーナード・ベリュー、ジョン・J・ケリー、フランソワ・イベルネル、キャメロン・マクラッケンなどが名を連ねる。2003年、当時27歳だったアーロンは一人でユタの険しい谷へロッククライミングに行くが、その意気揚々とした空気は一瞬に地獄へと変わる。誰も通りそうにない谷間で落下し、右手を岩に挟まれてしまう。そこから5日間、身動きの取れなくなったアーロンは必死に脱出をはかるが…。

原題:127 Hours / 製作:アメリカ・イギリス(2010年) / 日本公開:2011年6月18日 / 95分 / 制作:Pathé / 配給:20世紀フォックス、ギャガ / 製作費:1800万ドル / 興行収入:6000万ドル

映画『127時間』予告編

(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『127時間』の無料動画を見る方法

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで楽しいです。そんなスリル満載の映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのも良いですが、ネット配信はとても簡単に動画にありつけます。店に行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業ともおさらば。動画を見るのに、パソコンだけ、テレビだけと限定されることもありません。スマホでもタブレットでも何でもOKです。

「ずっと月額を払えるかな」と少し憂慮しているのならば、まずがお試しの無料体験で当面の危惧はなくすことができます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「加入手続きに四苦八苦して当惑というのは嫌だな」と険悪な空気を感じ取った人も、心配は洗い流していいです。アカウントなんてものの数十秒のスピードフィニッシュすることが容易にできます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。広告というのはサイトの運営に必要で、それがなくなると維持することもできなくなってしまいますから、一概に排除はできません。ただし、それが不正広告なら話は別。個人の重要情報を勝手に奪い取るような身勝手極まりないものは論外です。大多数の不正利用者は完全に油断しており「自分には関係ない」「騙されるわけない」と考えますが後悔先に立たずです。

DVDで動画を見るのはお金に余裕のあるマニア向けになりつつあり、一方でVODは幅広い層に届く、デジタルなネット時代のトップバッターです。でも、ひとつだけ留意したいアラートがあります。「登録を勇んでやってみたはいいけど、配信作品に私の視聴を望むものがない」という問題。これは注意必須の事項です。「127時間」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サジェスト機能のように「これで見れますよ」とご案内するこのページは利便性抜群。補足的な作品情報も後半にギッシリ掲載されていますが、単に配信VODを確認するだけの用途で利用することができます。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。表示されているアイコンの中から、利用経験のないものをセレクトしましょう。無料体験はいつでも手招きして待っているので後は扉を開けるだけです。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。「日本語字幕の方がいい!いや、吹き替えこそ面白い!」そんな言い争いは置いといて、好きなように楽しめばいい話です。どちらもあるのかについては作品によって異なりますが、VODは用意済みであれば字幕&吹替双方を選択できるようになります。こだわりのある人もこれでひと安心。「127時間」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「127時間」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『127時間』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『127時間』をさらに知る

★スタッフ
監督:ダニー・ボイル
脚本:サイモン・ビューフォイ、ダニー・ボイル
撮影:アンソニー・ドッド・マントル、エンリケ・シャディアック
音楽:A・R・ラフマーン

★キャスト(キャラクター)
ジェームズ・フランコ(アーロン・ラルストン)、ケイト・マーラ(クリスティ・ムーア)、アンバー・タンブリン(ミーガン・マックブライド)、リジー・キャプラン(ソニヤ・ラルストン)、クレマンス・ポエジー(ラナ)、ケイト・バートン、トリート・ウィリアムズ

★『127時間』の評価

IMDbRTMETA
7.693%??
映画comY!FM
3.5???3.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『127時間』の受賞
第83回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、脚色賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞にノミネート。

★『127時間』の感想
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●FILMAGA  
教訓その1、どこかへ出かけるときは必ず誰かに行先を連絡しておきましょう。教訓その2、どんな些細な行き場所でも常に食料品などは携帯しておきましょう。教訓その3、スマホなどの情報通信アイテムはたいてい役に立ちません。教訓その4、調子にのるのはやめましょう。死亡フラグです。そんなサバイバルにおいてためになることばかりを教えてくれるこの映画は、これから山なり海なりにレジャーに行く人は必見の作品である。これを見れば大丈夫。
●TOHOシネマズ 
実話を元にした物語。登山家のアーロン・リー・ラルストンがキャニオニングの最中に事故に遭い…考えうるかぎり最悪の目に遭う話です。生還までの物語とはいえ、当時の過酷さをリアルに表現している様は、見ているこちらを不安にさせるに十分すぎる緊迫感。どこかしらは脚色しているのかなと思ったら、天然プールに飛び込むシーン以外は正確に近いと言うのだから驚きである。映像の工夫もあって、動かないのに全く退屈しない出来栄えだった。
●DAILYMOTION 
自分の力を過信し、なんでも1人でこなしてきたアーロンを、すごく自分と重ねて見てしまった。でも、最終的にアーロンを救ったのは人との繋がり。ラストシーン、セリフやSEが消え名前も知らない劇版のみが流れ、登山客が別の登山客を呼び、水を主人公に与え、救助を呼ぶあの一連のシーンでは、つながりの尊さを感じさえする。本当に感情にストレートパンチ打ってくるような後味が気持ちいい映画だった。ダニーボイル、演出が上手すぎる。