ルーム / Room(2015)

アカデミー賞で主演女優賞を受賞

映画『ルーム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ルーム』を見るなら動画リンクをチェック。

アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。製作総指揮にはアンドリュー・ロウ、エマ・ドナヒュー、ジェシー・シャピラ、ジェフ・アーカスなどが名を連ねる。7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。それは自由のない環境だが、そこでも精一杯生きていた。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが…。

原題:Room / 製作:アイルランド・カナダ(2015年) / 日本公開:2016年4月8日 / 118分 / 制作:Telefilm Canada、Filmnation Entertainment / 配給:ギャガ/カルチュア・パブリッシャーズ / 製作費:1300万ドル / 興行収入:3600万ドル

映画『ルーム』予告編

(C)Element Pictures/Room Productions Inc/Channel Four Television Corporation 2015


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ルーム Room』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使いやすさは抜群!
さまざまな苦悩や葛藤を乗り越えて成長していく人間模様に焦点をあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんな心温まるヒューマンドラマを見たいときは、動画配信サービスを利用してお得に見ましょう。ネット配信のこのサービスは主に2つのタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするものでコストを最小限にできます。もうひとつは対象作品が見放題になるもので自由に好きなだけ見られるので考えずにいいということで楽です。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。登録という記念すべきファースト・デイがあると思いますが、それを起点に特定の期間まで、あらゆる機能を含めて基本は制限もなくそのサービスも体験できるもので、欠点もなし。「映画を浴びるように見て夢心地になりたいけど」そんな願いも案外叶うものです。始めてみればドハマりしてしまい、何もない休日はひたすら映画やドラマを見っぱなしだった人も。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ルーム」の視聴はダメです。「違法とかいう話はわかるけど何かそれ以外で問題はあるのですか?」そういう人には「おおありです」とお答えします。修繕できない不可逆的なダメージ・アタックも多いですし、リスト型攻撃の標的材料になる個人情報搾取の足掛かりにされることも。低画質動画なんて使ってもそれで映画を観たことにはならないくらい印象が激減してしまうので、絶対にやめるべきです。

これに決めた!
「こんなの見せられたら真顔で登録画面に向かっちゃうよ」と思ったのならば、その動画への本能を止めてはいけません。でも、重箱の隅をつつくつもりはありませんが、細かい部分で留意すべきことがあります。「あれれ、どれで配信しているんだっけ?」という混乱を回避できるようにしないとダメです。「ルーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは視聴可能なVODをこのページで要チェック。いきなり何も考えずに登録するよりも、まずはおおまかな配信状態を認識しておくと「しまった!」と後悔する事態を回避できます。モニタリングしているVODは多彩で、あの国内外のモノから、知名度の低いマニア向けのモノまで、オール取り扱い済み。既存の無料ホームシアター的な体験をさらなるグレードアップさせる、オンライン無料動画のオフィシャル体験ができる機会です。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るうえでの、こだわりポイントになるのが「字幕or吹替」論争。「字幕だったら本来の俳優のセリフも聞けるし、残念な吹替リスクがないので、一番安定している!」「いや、吹替は独自の面白さがあるし、字幕は目で追いかけるのが大変で、字幕だって変な翻訳になっていることもあるから」そんな議論が盛り上がるものです。VODは双方を選択可能な作品も存在するので、DVDやブルーレイ派の人でも同様の体験ができてフレッシュな「ルーム」の面白さの発見につながるかもしれません。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「ルーム」の動画を楽しみましょう。

俳優好きにも必須
作品鑑賞の最大のチェックポイントは俳優であると断言する人は少なくありません。それだけの魅力がこの俳優陣にはあります。スター級の大物から、ちょっと話題のトリックコメディアン、芸能界を揺るがす時の人、はたまた個人的に応援したいあの人。そんなそれぞれの推しに対して、VODでは検索することでより身近になります。「ブリー・ラーソン」の本気が突き刺さる迫力には参ってしまいます。この役者のファンをひとりでも多く生み出したい…そんな応援の情熱もVODならばサポート可能。ガンガンと「これがいいよ」と推薦しまくって伝染させましょう。

高評価作品は観る価値あり
がむしゃらに映画を見まくるというのも今の時代ならばそこまで金もかけずに実現できるのですが、時は金なりですので、労力を節約したいときもあります。かといって1度に3作品同時鑑賞なんて荒業は精神的にも体力的にも推奨しません。そこで世間的に評価の高い映画から手を出すのがまずはとっかかりになります。受賞作はそれだけの有意な価値がある証拠ですし、アート的な観点で素晴らしい体験を与えてくれるものです。「ルーム」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ルーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ルーム Room』をさらに知る

★スタッフ
監督:レニー・アブラハムソン(関連作品:『FRANK フランク』)
脚本:エマ・ドナヒュー
撮影:ダニー・コーエン
音楽:スティーブン・レニックス

★キャスト
ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョアン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー

★インタビュー
・ブリー・ラーソン「指導を受けながらかなり厳しい食制限をしたり、日光を浴びないようにもしました」
・ブリー・ラーソン「アイスを食べるシーンは、撮影で何テイクもかかるからジェイコブには『自分でペースを決めて食べれば』と言ったのですが、どんどん食べてしまっていた」

★『ルーム Room』の評価

IMDbRTMETA
8.294%??
映画comY!FM
3.83.963.9
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ルーム Room』の受賞
第88回アカデミー賞で主演女優賞を受賞。
第73回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞(ドラマ)を受賞。

★『ルーム Room』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
親子の監禁が題材と聞いて犯罪モノ映画だと思って見る人がいるかもですが、それは違います。完全な親子の成長を描くヒューマン・ドラマなのです。だから残酷な描写や暴力的な表現が苦手な人も何も心配いりません。そういう目に見える悲痛さはないです。逆に監禁という絶望的な環境の中で明るく前向きに生きようとする二人の生きざまに希望をもらえます。
●FILMAGA 
良い映画だった。最後にあの子が母親に言う、なんてことはない言葉。それがどれだけ救いになったのか。きっとこの子の世界の中心には母がいる。それは部屋の中でも外でも同じ。母親がすべての基準であり、指標なのだ。あいさつをする子どものシーンは、まさに成長のステップアップに過ぎない。別れを繰り返しながら次に進む。母と一緒に前に行く。その先には何が待っているのか。それは今よりも少し大きな部屋だ。