道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48

アイドルの素顔は泥臭い

映画『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! サイトを埋め尽くす広告はゼロです。
今すぐ『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』を見るなら動画リンクをチェック。

「AKB48」の姉妹グループで、大阪・難波を拠点に活動する「NMB48」の初のドキュメンタリー。原発事故で非難を余儀なくされた人々を追った社会派ドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」などがベルリン国際映画祭に出品された経歴を持つ舩橋淳監督が、初めてアイドルを題材に作品を手がけた。エグゼクティブプロデューサーは窪田康志。「アイドル不毛の地」と言われ続けてきた大阪に誕生したNMB48。それは画期的でチャレンジングな出来事だった。2011年のデビューから5年が過ぎ、地元・大阪城ホールはもちろん、東京の日本武道館2日間も満員にするなど、その大きな成功を収めるに至った彼女たちを否定できるものは今はいない。その人気はまさしく不動であり、誰よりも先陣を走る彼女を止める者はいない。しかし、その背景には、従来のアイドルたちが隠そうとしてきた泥臭さや、汗にまみれた人間臭さをさらけだす素のメンバーたちの姿があることはあまり知られていない。不格好でも夢にしがみつき、もがき苦しみながらも自分の手段で成功を勝ち取ってきた、大阪の少女たちの5年間を記録した。

原題:道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48 / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年1月29日 / 121分 / 制作: / 配給:

予告「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ファンの心がかき乱される!
普段テレビに映っている輝いた芸能人や有名人の裏の姿を見れるのがドキュメンタリーの魅力です。そんな作品を見たいのならば、動画配信サービスを駆使して見るのがいいでしょう。サービスは今ではいろいろな企業が展開していますが、どれも便利で、それぞれ試していけばかなり長期間充実した時間を過ごせます。ネット配信なので、スマホでも見れるのも嬉しいポイントです。もちろんテレビで大画面で観たいならそれも可能なので選べます。

「無料」で感謝!
基本機能でも最高に楽しいのですが、無料サービスお試しという期間限定の無料動画鑑賞可能な施策がさらに救ってくれます。何事も利用しないとその真価もわからないもので、他人のオススメも自分には当てはまらないこともあります。そこでお試しが役に立つのです。使ってみれば「なるほど」と合点がいく部分も多いはず。「どうせ自分には上手く扱えないに決まっている」そんな最初からイジケナイでください。びっくりするほどに簡単で、アカウントを作るのも数分で完了し、そのまま待機もなく動画を再生できます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」の再生はダメです。具体的なネガティブ事例を把握しておきたい人もいるでしょう。例えば、映画視聴途中にいきなり妨害するかのような広告が視界画面を覆い、それを消去しようと基本操作するも別ページに飛ばされ、個人情報が奪われる…などの悪質手段です。あとあとで引き返せない自滅をしてしまう前に、最初の時点から正規サービスを選択しておけば何も問題なし。

これに決めた!
「なんかあれもこれも見たくなってきたぞ!」とハイパーな高ぶりを感じてきたら、その熱意を冷ましてはいけません。価格自体はわかりやすいので比べるまでもない感じなのですが、問題はその内容です。観たい作品が無いサービスに登録しても恩恵はないので、事前の確認は自然と必要です。「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。無料動画を夢心地で見るためにも配信情報の収集は必須。このページでは最も肝心な該当作品を配信しているVODをアイコン表示。面倒な確認作業をショートカットして時間を有効活用できます。凡庸なサイトならば特定のサービスを提示してそれでおしまいという感じですが、こちらでは几帳面に必要な更新を怠っていません。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

登録情報は最小限
「一体どんな情報を入力させられるのだろうか。あんまり個人情報を提供するのは嫌だな…」そんな気持ちを和らげるために少し解説していきます。メールアドレスや電話番号を登録しますが、しつこい宣伝はありません。メールに関しては登録更新や解約関係で使うので常に使用可能なものにしておきましょう。クレジットカード決済のための入力も必須ですが、これはユーザーの二重登録を防ぐための判断にも使われます。過去に利用経験があっても以前と別のクレカを使うこともできます。あとは「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

見たい動画をメモしよう
映画は無限大に存在するのであれこれと見ているので何を見るべきか迷うことがあります。しかもその間に以前気になっていた映画を忘却してしまうこともあり、エンドレスで困り果ててしまいます。そこでVODの視聴メモにも使えるのがフルムビバースのウォッチリスト機能。各ページで作品をお気に入り登録できるのでチェックマーク感覚で使えます(この機能はブラウザに頼っているので他ブラウザで共有使用はできません)。「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

広告ブロックに気をつけて
動画を見れないトラブル事案は各所で発生しますが、そういうときはパニックになってしまうとどうしようもありません。まずはひと呼吸おきましょう。パソコンならば他のブラウザで見れるかチェックしてください。広告ブロックなどのプラグインやウイルス対策ソフトを停止するのもいいかもしれません。そうやってエラー原因を段階的に確認していくのは面倒でも確実な解決方法です。すぐに使用サービスの欠陥だと疑わないほうがよいです。「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」の鑑賞体験をTwitterやFacebook、Lineなどで流せば、その作品をまだ知らない人にも知ってもらうチャンスになり、そこから新しいフレンドや仲間ができる繋がりを広げることも。コミュニケーションを円滑にするなら映画関連のタグなどを用いてみるのも良いです。Twitterなら「#映画好きと繋がりたい」「#映画好きな人と繋がりたい」をプラスしましょう。

『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』をさらに知る

★スタッフ
監督:舩橋淳
撮影:戸田義久

★キャスト
明石奈津子、石田優美、太田夢莉、加藤夕夏、岸野里香、古賀成美、小谷里歩、城恵理子、上西恵、須藤凜々花、西澤瑠莉奈

★『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
?????3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』の感想

●無料ホームシアター 
スター姫さがし太郎の頃からずっとNMBを見てきました。だからこそ、今回あーぽんがああいう形で取り上げられたことに、AKBグループの良心のようなものを感じました。山本彩の圧倒的なスター性だけでなく、リーダーとして多くのメンバーにどうして慕われるのか。また、スターの孤独な面も見られてとても楽しめました。HKTのドキュメンタリーのぶっ続けでみましたが、個人的には、NMBのほうが出来が良かったと思います。
●FILMAGA
最初に、語り手でありNMBメンバーである須藤が、この映画の紹介で哲学者ジョン・スチュアート・ミルの有名な言葉「満足した豚であるより不満足なソクラテスであれ」を借りて評しているがファンの方を試しているという視点が斬新で面白い。だからこれを観るとファンはアツくなってしまう。盛り上がるという意味ではなく、センセーショナルな刺激を与えるという目的で。まさに泣かせられるものなのだ。
●BILIBILI 
余りファンが見たいとは思えない光と影の影の部分に重点を置き、決して有名とは言えないメンバー数人にのみ焦点を絞った事によって大人数アイドルグループでありがちなブレも最小限に済ませた結果、NMBの事を余り知らない人にとっても内容が分かり易い。基本的にはファン向けと思われているけど、そこは断言できない。これは別の扉を開いて、アイドルを知るための、いわゆるプロモーションとは違うのだから。
●MOVIX
ハードな社会派ドキュメンタリー映画を撮る事で有名な舩橋監督自身があまりアイドルの事を快く思っていない節が有り、映画全体が否定的な見解、文脈になってしまっているのは否めないのだが、一般層の視点から見た「アイドル」のドキュメンタリーとしては楽しめる。ただのオタクたちのお楽しみコンテンツにはなっていないから、個人的にはそれでいいと思っている。そういうのは他にもあるのだし。