アイアムアヒーロー

ダメ男がヒーローになるとき

映画『アイアムアヒーロー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 広告ばかりのサイトはお断りです。
今すぐ『アイアムアヒーロー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:アイアムアヒーロー / 製作:日本(2016年) / 日本公開:2016年4月23日 / 126分 / 制作:東宝映画 / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:16億2000万円

映画「アイアムアヒーロー」DVD&Blu-ray 2016年11月2日発売

(C)映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)花沢健吾/小学館


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アイアムアヒーロー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの話題作も見逃すな!
日常を吹き飛ばすような驚異の存在に立ち向かう映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をフル動画で観るなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。いろいろなサービスがありますが、基本は2種類。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、少数の映画なら便利。もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもので、多くの映画を視聴するならこちらが最適。あなたの利用意欲に合わせて選びましょう。

「無料」ですよ!タダ!
「費用の負担は抑えたい…」と考えているなら、特定の期日まで無料となるトライアルで、あなたの財布のお金を減らしません。本来は月額料金がかかったりするのが普通ですが、初期利用者に限って初回アカウント作成から一定期間無料に。まずは実験的に触れてみたいという人にピッタリです。「初めは登録させておいて、後に解約させづらいという狙いでは?」と警戒モードにならなくてもOK。退会はあなたの好きな時間にいつでもでき、ネット上の簡単作業で、変な条件もなく、済ませられます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「アイアムアヒーロー」の再生はダメです。「違法性とかいう話はわかるけど何かそれ以外で問題はあるのですか?」そういう人には「おおありです」とお答えします。修繕できない不可逆的なダメージ・アタックも多いですし、リスト型攻撃の標的材料になる個人情報搾取の足掛かりにされることも。セキュリティアプリやソフトウェアでは危険因子を完全にデリートすることはできないので、変に過信をしないでください。

迷ったときは?
3か月か半年くらい経てば新作もネット配信されるようなインスタントな時代になってきましたので、行動あるのみです。「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」そんな諺にあるように試さないと始まらないですが、配信確認という事前準備を怠ると盛大にズッコケてしまうので、恥ずかしい失態はしないように。「アイアムアヒーロー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。できれば最短コースで動画にありつきたいという本音は誰にでもあるはずです。このページでは動画リンク下部に配信中のVODをアイコン表示しているので、すぐに判断できます。普通の映画データベースサイトは数あれど、フルムビバースは数多のVODから個人感想ブログまで網羅しているのが特色です。映画館鑑賞できなくともDVDがあるし、それをコピーすれば…なんていうのは今は違法です。最もライトな視聴手段はネット配信。これは動かぬ事実です。

広告ブロックに気をつけて
インターネットは便利ですが、自分の理解できない突発的なエラーや問題が起こるのもそう珍しくありません。その一例は、リンククリック時に「ポップアップがブロックされた」と警告が出る場合。厄介なトラブルでイライラしてきますがまずは落ち着きましょう。この原因はひとつ。広告ブロックツールです。拡張機能でブラウザにそのようなサポートを導入していませんか。普段はプラスの機能ですが、アップデート時の不具合が起きたりもするのです。「アイアムアヒーロー」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

悪いサイトを追い出すために
ブートレグと呼ばれる法律上の権利を無視してイレギュラーな形で諸権利を有しない者により権利者に無断で流通している動画。それを集約している、いわばブラックマーケットのような動画サイトはなかなか消滅せずに取り締まりを逃れています。通報しても対応が進まないのがネックです。フィルタリングすらもドメインの変更で安易に回避してきます。そんなときVODの存在は不正利用者に正しい動画視聴をアピールし、こちらに誘導するための欠かせない存在になってきます。即応安価な「アイアムアヒーロー」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「アイアムアヒーロー」鑑賞完了後に解約もアリ。解約は何よりも大事な注目ポイントです。サービスが続く限りずっと利用してほしいというのは運営者側の本心ですが、どうしても利用できない状況になったり、他の魅力的なサービスに心変わりしたり、値上げにともない利用サービスを厳選したり、諸々の事情が発生することは避けられません。その場合の退会はスムーズに進められると理想ですが、VODは解約がすぐに終わるのも嬉しいところです。専用ページで数クリックで完了。思いついたその日に完了できます。

俳優好きにも必須
「あの俳優のキラキラ輝くフェイスを観れば、私の中の大観衆が絶叫する~」そんな心の応援上映気分で映画を観ている人は多いと思いますが、熱心なファンでなくともキャストで作品を選ぶ人は珍しくありません。VODでは「これだ」とチョイスした俳優を検索して出演作をズラリと表示して連続で見ていくというマニアな鑑賞も可能です。「大泉洋」の名演を見物したいでしょう? マニアでなくとも関連登場作に目がいくのであれば、その本能に従いましょう。でもなかなか骨が折れるのもわかります。だからこそVODに頼ってしまっていいのです。

『アイアムアヒーロー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アイアムアヒーロー』をさらに知る

花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘、プロデューサーは山崎倫明と城戸史朗。冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われる。逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美と、元看護師の藪とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていくが、そこには手に負えない数の恐怖が迫っていた。

★スタッフ
監督:佐藤信介(関連作品:『図書館戦争 THE LAST MISSION』)
脚本:野木亜紀子
音楽:Nima Fakhrara

★キャスト
大泉洋、有村架純、長澤まさみ、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ

★インタビュー
・長澤まさみ「男性が支配するコミュニティーの中で、女性であるがゆえの葛藤を抱える藪の心情表現は難しかったのですが、彼女には女性だからこその男っぽいかっこよさがあると感じたので、そこを大事にして演じていました。また、比呂美ちゃんを背負って逃げるシーンは、架純ちゃんが軽いので全然大丈夫だったし、むしろずっと背負っていたいような気持ちでしたね(笑)」
・有村架純「大泉さんは、いろいろ話しかけてくださったり、現場を盛り上げてくださったりしながらも、お芝居となるとスイッチが切り替わり、監督とも意見交換をされていて、そんな姿を拝見してすごく勉強になりました。長澤さんは、対等な目線で話してくださるし、ひょうきんなところもあって、一緒にいるとすごく元気をもらえました。だから、お二人の会話を聞いている時間が一番楽しく幸せで、いつも大爆笑していました」

★雑学(トリビア)
・「dTV」でスピンオフ作品『アイアムアヒーロー はじまりの日』が配信された。

★『アイアムアヒーロー』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『アイアムアヒーロー』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●FILMAGA 
日本でも傑作ゾンビ映画が作れることを証明して見せた偉大な一作でしょう。ゾンビの造形やグロくて最高。過去を引きずっている設定もユニークで面白い。アクションシーンも日本にしては珍しく迫力があった。ゾンビ映画は大好きでよく見ているが、海外に劣らない出来。原作漫画がまだ続いているから、ストーリーは尻切れトンボ感もあるが、ゾンビ映画ファンとしては、最初から最後まで楽しめたので嬉しいかぎり。最後なんてテンション爆上がり!
●無料ホームシアター 
序盤の日常が少しずつ異常に変わっていくシークエンスがとにかく良くできている。「あれ、何かおかしいぞ」という違和感がいつのまに大混乱に変わるまで時間はかかっていないが演出が巧み。どうでもよいことばかりを挿入しまくる邦画にありがちな失敗をしていないのが功を奏したのか。実にスタイリッシュでストレートな緊迫のスリラーになっている。そして、後半の主人公がヒーローに目覚めるカタルシスがまた上手く演出されていて傑作である。
●イオンシネマ 
こんなにカッコいい大泉洋を始めて見ました。最初と最後で全然印象が違うのですから。役者って凄いのだなと思ったり。長澤まさみのポジションも魅力的で、クソ男たちの中でも自分を失わない、強い女性を熱演していました。有村架純は原作の都合上、今作のストーリーではあまり印象的な出番が薄目なのですが、大泉洋にヒーローの自覚を芽生えさせるきっかけでもあるので、欠かせない存在です。原作の脚色の上手さと俳優陣の上手さが合体してました。