トイ・ストーリー3(3作目)

必ず別れはくる

映画『トイ・ストーリー3』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期更新しているので確認に便利。
今すぐ『トイ・ストーリー3』を見るなら動画リンクをチェック。

おもちゃの世界を舞台にしたピクサーの人気シリーズの第3弾にして初の3D映画。製作総指揮はジョン・ラセター、製作はダーラ・K・アンダーソン。カウボーイ人形のウッディやバズ・ライトイヤーらの持ち主アンディは大学進学が決定し、おもちゃを整理することに。それはおもちゃたちにとって絶対に避けられない別れだった。だが母親の手違いなどにより、おもちゃたちは近所の保育園に寄付されてしまう。アンディに捨てられたと思いこみ傷心のおもちゃたちだったが、ウッディはただ一人アンディを信じて、この子どもでいっぱいの保育園からの脱出を試みる。

原題:Toy Story 3 / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2010年7月10日 / 103分 / 制作:Pixar Animation Studios / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:2億ドル / 興行収入:10億ドル / 前作:『トイ・ストーリー2』

映画『トイ・ストーリー3』予告編
映画『トイ・ストーリー3』トトロのぬいぐるみも登場する予告編

(C)2008 WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『トイ・ストーリー3』の無料動画を見る方法

観た人を感動の涙で満たしてくれる胸がいっぱいになるような作品はそれだけの魅力が満載な証拠です。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使ってみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもこれまでの一般的なスタイルでしたが、ネット配信はそれに代わる新しい方法としてすっかり普及しています。ディズニー作品は少し扱いが限定的なことがありますが、スマホやパソコン、テレビなど自由に見れる経験は最高です。

ユーザー応援価格なんてものじゃない、最高の無料期間お試しはサービスに少しだけ顔を覗かせる感覚で背中を優しく押してくれます。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「子どもでもラクラクなくらいの敷居の低さなら…」と思っているなら、別に難易度は易しめなので安心。メールアドレス新規作成とほぼ同じ程度のスピードで完了して、数分以内に動画視聴できます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。インターネットの怖さを味わっていないなら、それはありがたいことです。なにせ一度被害に遭ってもそう簡単には保証もなく、警察が動くわけでもありません。つまり、自己責任になってしまいます。そうなると自力での解決は極めて困難です。あるネット問題に詳しい専門家の意見では「VODの普及で動画視聴は健全化し始めている」とも指摘されており、希望の光です。

「配信サムネイルを観覧するだけで映画を趣味にしたい気分に!」そうくればもうドシドシとハマっていきましょう。ただし、面倒な部分がひとつあって、それは利用者の鑑賞したい作品を配信しているサービスを特定するというステップであり、これは避けられません。「トイ・ストーリー3」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。お困りの方に声をかけているのがこの作品動画ページ。ナビゲーションに特化した、配信VODの一覧化が掲載中なので、無数のサイトをいつまでも確認してめぐり歩く必要性を緩和して負担軽減します。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。使い始めればもう後は毎日映画を見続けても観きれないほどの充実生活を送ることができるので、「最近、暇を持て余しているな」と思う人にこそお届けします。

さあ、選んでください。「字幕」と「吹き替え」の選択を。論争にさせたくはないので肩入れはしませんが、両分の話は理解できます。字幕は役者の声を含む演技に専念できるので多少翻訳が簡略化していても嬉しいものです。一方で吹替はオリジナルにはない新しい魅力がプラスされることもあり、上手くいっていると本当に極上です。残念吹き替えを引き当てない限りという条件付きではありますが、価値はあるでしょう。双方を比較しておくとその違いはわかるので「トイ・ストーリー3」の面白さの発見につながるかもしれません。

VODは単独で使うのではなく、複数(とくに家族)で共有して利用することもできます。しかし、作品の好みは人それぞれ。場合によってはアダルトや暴力な映画を観たいときもあります。けれどもそれは子どもの前では視聴できませんし、サムネイルさえも見せたくありません。そんな事例にも対応可能となっているVODはユーザーごとに使い分けできます。表示作品を適度にフィルタリングしたり、個々で別の場所で鑑賞したり、思うがままにセパレートできるので、ファミリー全員が新規に登録することはありません。

『トイ・ストーリー3』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トイ・ストーリー3』をさらに知る

★スタッフ
監督:リー・アンクリッチ
脚本:マイケル・アーント
音楽:ランディ・ニューマン

★キャスト(キャラクター)
トム・ハンクス(ウッディ)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、ウォーレン・ショーン(レックス)、クリスティン・スカール(トリクシー)、ジョン・ラッツェンバーガー(ハム)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、エステル・ハリス(ミセス・ポテトヘッド)、ブレーク・クラーク(スリンキー・ドッグ)、マイケル・キートン(ケン)、ジョディ・ベンソン(バービー)、エミリー・ハーン(ボニー)、ティモシー・ダルトン(ミスター・プリックルパンツ)

★『トイ・ストーリー3』の評価

IMDbRTMETA
8.398%??
映画comY!FM
4.2???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『トイ・ストーリー3』の受賞
第83回アカデミー賞で長編アニメーション賞、主題歌賞を受賞。

★『トイ・ストーリー3』の感想
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ 
可能な限りとことん最高評価したいくらい大切な映画。点数でいえば100点満点中1億点くらい。何回も繰り返し見た作品だけど、毎回涙が止まらない現象に襲われてしまう。ほんと、困った映画です。誰もが遊んだおもちゃ、もちろん今だっておもちゃを持っている大人でも、おもちゃを捨てたことがない人なんていないでしょう。そんな別れのイベントをここまで繊細に描きぬき、前向きな希望を見せてくれるなんて…。この映画の愛が美しすぎる…。
●TOHOシネマズ 
無印と2は「子供の時に観てれば楽しめたろうな」という落ち着いた感想だったが、3に至っては今だからこんなにも泣けるのかもしれない。幼少期の喪失と追憶というものは一定の年齢を達した人間なら誰しも感じた欠かせないことがあり、そのノスタルジーというセンチメンタルな感情を絶妙に突いてくるのだ。劇中で展開されるドラマの「幼稚園からの脱出劇」というのも、子ども時代のあるステージからの脱却を意味しているようでそこもまた深い。
●CRUNCHYROLL 
完璧…。評価が高いことは知っていたがここまでとは。最後のシーン、アンディがおもちゃ達の紹介をするシーンから最後までは泣きっぱなし。ストーリーと設定が秀逸で、伏線をスピード感のある展開の中でテンポよく回収していくのがとてもよかった。天国と思っていた場所を監獄のようなところに仕立てあげる設定も素晴らしい。成長の為には出会いと別れの双方が必要で、ボニーは出会いによって、アンディは別れによって成長するのだ。

ピクサー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース