X-MEN:ファースト・ジェネレーション

チームの始まりを描く「X-MEN」シリーズ

映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画の有無を確認するのに有用です。
今すぐ『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を見るなら動画リンクをチェック。

人気アクションシリーズ「X-MEN」のプリクエル(前章)。製作はローレン・シュラー・ドナー、サイモン・キンバーグ、グレゴリー・グッドマン、ブライアン・シンガー。テレパシー能力をもつチャールズと、あらゆる金属を操ることができるエリックは、同じミュータントとして親友になる。それは深い絆で、永遠に続くと思われた。しかし2人は、CIAから依頼された、邪悪なミュータント軍団が仕組んだ人類滅亡計画を阻止する戦いに参加したことから、次第に友情が崩壊していく。

原題:X-Men: First Class / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開:2011年6月11日 / 131分 / 制作:Marvel Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:1億4000万ドル / 興行収入:3億5300万ドル / 次作:『X-MEN:フューチャー&パスト

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」予告編C

(C) 2011 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and (C) 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の無料動画を見る方法

ド派手な映像で常識では考えられない展開が描かれる大作は見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く使いましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるのとは違うメリットがたくさん。店に行く必要もなく、貸し借りの煩雑な作業もゼロ。シリーズものに強く、作品を一気見するのも簡単。タイミングさえ合えば、一挙配信していることもあるので、細かくチェックしておくと良いです。

動画サービスは初めてだというピカピカの1年生であれば、無料のトライアルで拍手と一緒にお祝いをしてあげましょう。初心者というターゲットに限定されていますが、基本はみんなに舞い込んでくるチャンスなので、これを知らずにスルーしてしまうのはあまりにもお得な機会を損しているだけです。「有料動画を無料にするなんて都合が良すぎる」という疑惑は捨て去りましょう。繰り返しますがこれは公式サービス。映画会社の提供でお贈りされる、誰にでも胸を張れる真のリーガルな視聴手段なのです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは警戒すべきです。具体的なネガティブ事例を把握しておきたい人もいるでしょう。例えば、映画視聴途中にいきなり妨害するかのような広告が視界画面を覆い、それを消去しようと基本操作するも別ページに飛ばされ、個人情報が奪われる…などの悪質手段です。動画は膨大なデータ量をやりとりするからこそ、その負荷は高く、きちんと整備されたサービスでないと端末機器に害を与えます。

「井の中の蛙大海を知らずとは言わせない。今日から映画を観まくるぞ!」そんな冒険心を沸騰させる動画の旅へ送り出します。でもVODの配信作品は数千から数万と莫大。この中の顔ぶれは日々変化し、観たい作品の状況を追跡するのは、蠢くアリの群れの1匹を注目し続けるくらいに疲れてきます。「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。明確なヒントもなく動画を探しまわるのは時間だけが意味もなく過ぎてしまいます。いい加減に疲れるのでもっとスッキリしたいものです。このページさえあれば疑問も吹き飛ばせます。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。このサイトはCookieの使用を前提にしているのでシークレットモードなどのブラウザでは機能しないこともあります。気をつけてください。

あなたの好みは「字幕」か「吹き替え」か、どちらでしょうか。双方の言い分はよくわかります。字幕の方が俳優の演技もよくわかるし、何よりもオリジナルの声が聴きたいんだという気持ちがあるのは納得です。吹替は雑な扱いだと下手な人が声をあてて散々な印象になっているケースも残念ながらあります。一方で字幕は画面が文字で汚されることを気にしてしまったり、何かと邪魔で、だったら吹き替えで耳だけで集中できるのも便利です。メリットはあるので「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、安易にサービスのせいだと決めつける前に、まずは自分の通信品質も疑ってみましょう。「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。ネックになりがちなのは無線LANで、どうしてもパソコンとルーターの間に壁や天井など障害物があるとすぐに電波の届きやすさに影響を発生させてしまいます。いっそのこと、中継機の活用の補助手段を検討するのも良いでしょう。無線チャンネルを変更して改善することもあります。

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』をさらに知る

★スタッフ
監督:マシュー・ボーン
脚本:マシュー・ボーン、ジェーン・ゴールドマン
撮影:ジョン・マシソン
音楽:ヘンリー・ジャックマン

★キャスト
ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、ケビン・ベーコン、ローズ・バーン、ジャニュアリー・ジョーンズ、 ジェニファー・ローレンス、ニコラス・ホルト、ルーカス・ティル、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、エディ・ガテギ、ジェイソン・フレミング、ゾーイ・クラヴィッツ、アレックス・ゴンザレス、ヒュー・ジャックマン

★『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の評価

IMDbRTMETA
7.786%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の感想
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●FILMAGA 
最初のシリーズでは人種差別のメタファーである人間とミュータントの対立というテーマは一応触れてる程度で浅く超能力アクションを見せてるばかりという印象を抱いていた。その思いを一変させたのが舞台を過去に移してリブートした本作。外見による差別も訴えられているが、それ以上に多様性の肯定という現代的な観点が強い。クライマックスの舞台がまさに命令に従った人たちが世界を滅ぼしかねなかったキューバ危機というのも巧い選択だ。
●ユナイテッドシネマ  
旧三部作も好きだが、なんとなくテンポよく描かれているのは、「キングスマン」のマシュー・ボーンのなせる技なのかもしれない。キャラクターを魅力的に輝かせ、社会風刺も軽妙に織り交ぜる。こんな芸当ができるのは彼だけだ。アクションの単純な派手さもいい。とにかくわかりやすい。X-MENが初めてという人にも真っ先におすすめできる一作となったわけで、こういう入門映画に飢えていたシリーズにとって良い選択肢になったように思う。
●109シネマズ  
ヒーローのもの第1作はその誕生のエピソードが描かれますが、文句なしの申し分ない構成でした。特にミュータントなど特殊能力を持って生まれたものたちの葛藤をプロフェッサーX、マグニートの2人の視点で描いている部分がとてもいいバランスです。本来は2人は同じミュータントとして仲間であり、共に闘うが考えの違いで袂を分けていく所がとても切ない。対立するアメコミ映画は数あれど、本作が個人的には一番ベストな対立だろう。