アリス・イン・ワンダーランド(2010)

不思議な世界へようこそ

映画『アリス・イン・ワンダーランド』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期的にアップデートされます。
今すぐ『アリス・イン・ワンダーランド』を見るなら動画リンクをチェック。

ティム・バートン監督がルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を元にアリスの新たな冒険を描くファンタジー大作。製作にはティム・バートン、リチャード・D・ザナック、ジョー・ロス、スザンヌ・トッドなどが名を連ねる。19歳に成長したアリスは、幼い日に地下世界を冒険したことを忘れていたが、ある日、洋服を着た白ウサギを目撃し、その後を追って再び地下世界へ。どこまでも落ちていった先にあったのは、個性の強すぎる住人たち。そこは独善的な赤の女王に支配されていて…。

原題:Alice in Wonderland / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2010年4月17日 / 109分 / 制作:Walt Disney Pictures / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:1億5000万ドル / 興行収入:10億ドル / 次作:『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅

映画『アリス・イン・ワンダーランド』予告編

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『アリス・イン・ワンダーランド』の無料動画を見る方法

独創的な世界をCGで見事に再現した映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではさらにユーザー数も増加中。ネット配信は忙しい現代人にぴったりで、スマホでも自由に見れるので空いている時間を有効に使えます。ダウンロード機能をするのも便利さが増してGOODです。

先着ではない全員サービスの特典、それが耳寄りな無料お試しトライアルという嬉しいことだらけの満腹セットです。普通はお金がかかるのでクレカでの引き落としが発生するものです。でもこの特典体験によって一部期間は無料が確保されるので、その間は見たい配信中動画を好きなように視聴できるのです。「新作を見たいのだけど、それはさすがに無理かな…」いいえ、諦めるのは早いです。ポイントでの購入タイプのサービスは準新作もすぐに見れますし、最近は劇場公開からネット配信の間隔も短くなってきました。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。あなたがもしそのようなウェブサイトで動画を観れたとしても、その裏では予期せぬ企みが進んでいます。モニタリングしてみるとわかりますがCPUを大量に消費するプログラムが動作していることが確認でき、当然のようにそれは機器の負荷となって故障の原因にもなります。どんなにあなたがインターネットのスキルや経験に長けていても、防げないものはとことんどうしようもないのでご注意を。

オンラインのデジタル配信は意外にDVDよりも1か月早く先行してリリースされることもあり、最速で動画が見れたりします。しかし、少し一考を。月に叢雲、花に風。予想外の邪魔な落とし穴があるかも。それが今の配信状況のチェックです。これをスルーすると登録の意味すらもない事態に。「アリス・イン・ワンダーランド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困り顔になる前に当ページの動画レコメンド欄を参照してください。ただの意味もない動画リンクの羅列ではありません。ちゃんとアイコンを確認することで配信VODを特定できる仕様になっています。選りすぐりのVODをこちらの都合で強引にマーケティングすることはしません。平等な品揃えで陳列しておき、後は訪問者の判断です。無料体験はその性質上、一生で何度も繰り返し味わえるものではないので、これを契機にして自分の映画愛を燃え上がらせる燃料にしてみましょう。

外国の映画を見るうえでの、こだわりポイントになるのが「字幕or吹替」論争。「字幕だったら本来の俳優のセリフも聞けるし、残念な吹替リスクがないので、一番安定している!」「いや、吹替は独自の面白さがあるし、字幕は目で追いかけるのが大変で、字幕だって変な翻訳になっていることもあるから」そんな議論が盛り上がるものです。VODは双方を選択可能な作品も存在するので、DVDやブルーレイ派の人でも同様の体験ができてフレッシュな「アリス・イン・ワンダーランド」の面白さの発見につながるかもしれません。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「アリス・イン・ワンダーランド」でもあります。「やっぱり大画面でしょ?」とその一点に集中突破したいならテレビでの視聴を検討したいところ。その場合は対応TVが必須。パソコンでいいならSafariやChromeなどブラウザで見ることになり、機種メーカーは関係ないです。ブラウザは必ず最新バージョンに更新しておくと不具合やセキュリティリスクもなくて快適な再生ができます。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

『アリス・イン・ワンダーランド』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『アリス・イン・ワンダーランド』をさらに知る

★スタッフ
監督:ティム・バートン
脚本:リンダ・ウールバートン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト(キャラクター)
ジョニー・デップ(マッドハッター)、ミア・ワシコウスカ(アリス・キングスレー)、ヘレナ・ボナム・カーター(赤の女王)、アン・ハサウェイ(白の女王)、クリスピン・グローバー(ハートのジャック)、マット・ルーカス(トウィードルダム)、マイケル・シーン(白ウサギ:声)、スティーヴン・フライ(チェシャ猫:声)、アラン・リックマン(アブソレム:声)、バーバラ・ウィンザー(ヤマネ:声)

★『アリス・イン・ワンダーランド』の評価

IMDbRTMETA
6.551%??
映画comY!FM
3.2???3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アリス・イン・ワンダーランド』の感想
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
ティムバートンらしく異常なほど変わり者の帽子屋(マッドハッター)が主役になっている。ヒロインのアリスは一応メイン的な扱いではあるものの、やはりジョニー・デップがマッドハッターを演じていれば当然のようにキャラが薄くなるのは無理もない。しかも、この世界はヘンテコな強烈キャラしか出てこないので余計に大変である。それでも、ティムバートンの個性で彩られた大胆なアレンジと受け取って素直に見ればなかなか楽しい一作でした。
●シネマトゥデイ 
「不思議の国のアリス」といえばその独創性の強いドラッグ的な世界観が人気だが、それを実写化するとなると相当なハードルの高さである。映像面では昨今のCG技術があれば何も問題ないと思うが、難題はエキセントリックなプロットをどう実写で説得力もたせて再現するかではないだろうか。その点、ティムバートンを監督にチョイスするのは妥当な人選だと思う。結果、アニメ版とは違う作品として楽しむのがベストと考えるべき作品になったが良し。
●TOHOシネマズ 
白ウサギとチェシャ猫が原作の絵に近くて感動~! 現実世界は色み薄めで明るいのに対して不思議の国はダークで濃い感じが素敵。なんと言っても映像が綺麗。特に白の女王の城のシーンは、色はほとんど白しかないのに繊細な感じがした。最初から最後までこの世界観に引き込まれて抜け出せなくなる。ミア・ワシコウスカの素朴な感じ、すごく良かった。その脇を豪華で個性豊かな俳優陣で固めて…最高か! ちょっと怪しげなメロディの音楽もナイス。