ノルウェイの森(2010)

村上春樹の世界が映像になって再現されていく

映画『ノルウェイの森』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。たくさんサイトを確認する手間が省けます。
今すぐ『ノルウェイの森』を見るなら動画リンクをチェック。

トラン・アン・ユン監督が、村上春樹の世界的ベストセラー小説を映画化。エグゼクティブプロデューサーは豊島雅郎と亀山千広、プロデューサーは小川真司。37歳のワタナベトオルは、ドイツ行きの機内でビートルズの「ノルウェイの森」を聴き、18年前の青春を思い出す。当時ワタナベは、親友キズキの恋人・直子に恋をしていたが、ある日突然、キズキは自殺してしまった。それはいきなりの悲しみの訪れ。キズキを失った喪失感から逃れるように東京の大学に進学したワタナベは、ある日東京で直子に再会するが…。

原題:ノルウェイの森 / 製作:日本(2010年) / 日本公開:2010年12月11日 / 133分 / 制作: / 配給:東宝

映画「ノルウェイの森」予告編 Norwegian Wood Trailer

(C)2010「ノルウェイの森」村上春樹/アスミック・エース、フジテレビジョン


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ノルウェイの森』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
「旧作をできるだけ安く、できれば無料で見る方法はないものか。そんなのは無理なお願いなのかな」そんな要望に応える手段はただひとつ。もちろん合法的な方法です。それは動画配信サービスの無料試用を用いる手段でしょう。しかし、それでも利用したことがない人は不安かもしれませんが、特に何の心配もなくあっけなく普通に鑑賞することができます。「ノルウェイの森」は取り扱いしているサービスも多めですので安心です。あなたの利用しているパソコンやスマホによってはベストな視聴体験が変わってくるかもしれませんので、これに関しては個別に体験して試すのが一番ベターだと思います。他人の意見よりも自分の体験が一番の説得力です。

「無料」より安いものなし!
喜ぶのはここから。ユーザーへのサプライズプレゼントのようにサービス無料体験がドドーンと弾け飛んできます。1か月まで無料体験できたら最高だと思いませんか。期間は各サービスによって違うので要相談ならぬ要確認ですが、多くのサブスクでも何かと実装されている嬉しい特典であります。「そうはいっても好きな時に退会できないと意味ない…」その心配も大丈夫。登録したら解約不可能みたいな悪質なカルト勧誘っぽいことは断じてありません。あなたの自由意思でその場ですぐに止められます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ノルウェイの森」の再生はダメです。勘違いされやすいですが、サイトのURLが表示されるブラウザ・バー上に「この接続は保護されています」と第三者に送信情報が見られないことを説明する文章が表示されたものもありますが、これは絶対的な安全性を示す意味は何一つ全くありません。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

これに決めた!
「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「ノルウェイの森」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その謎はあっさりと解消してクリーンになります。この今あなたの見ているページには対象作品を配信中のVODがアイコン・インディケーターで掲載中。その中からお好きなものを自由意思で適宜選択できます。凡庸なサイトならば特定のサービスを提示してそれでおしまいという感じですが、こちらでは几帳面に必要な更新を怠っていません。「パッと見た限りだと、ちょっと知らないサービスの名前があるな…」そうだとしたらむしろ初回お試し可能なので幸運じゃないでしょうか。

情報の充実度はピカイチ
「これができると痒い所に手が届く」そんな機能もフルムビバースには搭載中。例えば評価を調べたいと思ったとき、各種サイトを確認して回るのは大変です。意外にそれぞれでスコアも違ったりして見ていくと興味深いのですが、ひとめで確認したい。こちらではまとまっているのですぐにわかります。しかも独自のオリジナルレビューやSNS賛否チェッカーもあるので、その情報量はトップクラス級。他にも参考材料はたくさん。「トラン・アン・ユン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

邪魔な広告は無し!
巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、「ノルウェイの森」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。一度登録したらそう簡単に解約できないような仕組みになっている…そんな悪質詐欺みたいな恐怖は味わいたくありません。でもさすがにそこまでの酷いものはないです。もしあるのだとしたらとっくのとうに行政上の注意や警告を企業が受けています。安心してください。専用ページで「契約を解除する」を選択するだけで完了。時間にすれば1分もかからないでしょう。ページ画面の仕様は変更になりうるので公式サイトの「よくある質問」等を要確認です。

俳優好きにも必須
映画を鑑賞する人の大半が目にする、むしろ一番のお目当てにしているのは俳優の存在。ポピュラーな話題のスターもいれば、最近登場したニューホープもいれば、アーティストとして知名度も集める人もいます。VODは俳優名で検索することができ、一瞬で出演作リストから観たい映画をチョイスすることも可能です。「水原希子」の演戯に酔いしれたい? それはオススメしたいところですし、きっと当人も役者冥利に尽きるでしょう。そのためにはある程度のマネーパワーがいるとしてもVODでコストダウンさせることは可能です。

『ノルウェイの森』の無料動画を探すには、上記の動画リンクへ

▼『ノルウェイの森』をさらに知る

★スタッフ
監督:トラン・アン・ユン
脚本:トラン・アン・ユン
撮影:リー・ピンビン
音楽:ジョニー・グリーンウッド

★キャスト
松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、柄本時生、糸井重里、細野晴臣、高橋幸宏、玉山鉄二

★『ノルウェイの森』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.72.632.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ノルウェイの森』の感想

●映画無料夢心地 
村上春樹の世界観は独特なのは言うまでもない。日本というよりは完全な村上春樹ワールドである。その世界は映画という媒体に投影できただろうか。答えは概ねYES。完璧とは言わずとも、その努力は感じるほどの、きらめきがあったと思う。ギラギラした欲望ではなく、静のエロス、発するのは剥き出しの言葉なのだけれども、その愚直なまでのストレートさがまた、登場人物ひとりひとりの素直な人間性をも表現している。美しい映画でした。
●シネマトゥデイ  
かなり忠実に再現されていて、しかも丁寧で、実写世界を見せてもらいました。もちろん時間の都合上カットされてるシーンは山ほどあるけど、そこは原作ファンなら脳内補完できるレベル。映像美と音楽の使い方と画面上での感情描写と役者さんの完成度が高すぎる。村上春樹が小説で描く「不安定で損なわれてしまった人たちの醸す空気感」みたいなのを美しく映像化しています。それを演技という魔法で表現した役者の皆さんも素晴らしい。
●BILIBILI 
原作を知っているのと、知らないのとでは印象が大きく変わってくるでしょうが、それも原作の揺らぎゆえか。菊地凛子と水原希子が印象的で、映画の深みをぐっと味わい良くしていました。あえてそのへんは開き直り、映画独自の楽しみを見つけるのが一番のベストだと思いますが、人によってはいろいろあるでしょうから。本が語ってくれたことは、映画の映像美よりも多すぎた。自分はそれを遥かに加工してしまったので、そこは目をつぶろう。
●DAILYMOTION
低評価なのは、原作ファンの方の数多くの辛口評価が原因なのでしょうが、それはしょうがないですよね。だって、あの村上春樹ですから、揉めるのも無理ないです。宗教的なまでに神格化されていることもあるのですし、そこは上手に付き合っていきましょう。小説を読んでいないとついていけないような作りになっているのは不親切かもしれないですが、この作品を一度の鑑賞で理解すること自体が無謀というものなのかもしれません。