私たちのハァハァ(2015)

走れば届く気がした。それが私たちの青春だった

映画『私たちのハァハァ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! サイトを埋め尽くす広告はゼロです。
今すぐ『私たちのハァハァ』を見るなら動画リンクをチェック。

大好きなバンドのライブを見に行くため、北九州から1000キロ離れた東京へ自転車で向かう4人の女子高生を描いた青春ロードムービー。プロデューサーは高根順次と林武志。福岡県北九州市の片田舎に暮らすチエら女子高生4人組みは、福岡で行われたロックバンド「クリープハイプ」のライブの出待ちした際、そこで出会えたバンドメンバーが口にした「東京のライブにもぜひ来てください」というファンサービス的な言葉を真に受けて、ノリのままに東京行きを決意。高校3年生の最後の夏休みに、自転車で日本を横断する途方もない1000キロの旅を始める。

原題:私たちのハァハァ / 製作:日本(2015年) / 日本公開:2015年9月12日 / 90分 / 制作: / 配給:SPOTTED PRODUCTIONS

6/29 DVD セル/レンタル同時解禁!映画『私たちのハァハァ』予告編

© 2015「私たちのハァハァ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『私たちのハァハァ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
映画を無料で見ることができる手法の紹介は全て違法サイトだというのは極論ですが、ちゃんと適切な正しい動画サイトが存在します。それは動画配信サービスを利用する方法です。その手法では無料ではないのではと思うかもしれませんが、試用キャンペーンを使うことで一時的にタダで鑑賞ができます。その間は料金のかからない期間なので安心してください。「気になっている動画配信サービス。でもどれを観ればいいのかわからない。たくさんありすぎて目移りする」そんなときはこちらの記事で紹介されている動画サイト(バナーのあるもの)を参考にしてください。視聴可能なVODを常に整理して、わかりやすく推薦しています。さらに情報を知りたければ、各動画サイトの詳細な解説を確認してください。より細かいオススメポイントをまとめています。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「お金がキツイ…」とオロオロしているならば、不安解決。無料のサービストライアルは財布の味方で、安寧が手に入ります。節約は生活の欠かせない知恵。動画鑑賞もその範疇に入ります。できれば便利なのでお試しから入りましょう。なにか制約があるのかと思うでしょうが、これは誰でも(ビギナーのみ)体験できるものです。「新作を見たいのだけど、それはさすがに無理かな…」いいえ、諦めるのは早いです。ポイントでの購入タイプのサービスは準新作もすぐに見れますし、最近は劇場公開からネット配信の間隔も短くなってきました。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「私たちのハァハァ」の再生はダメです。あなたがもしそのようなウェブサイトで動画を観れたとしても、その裏では予期せぬ企みが進んでいます。モニタリングしてみるとわかりますがCPUを大量に消費するプログラムが動作していることが確認でき、当然のようにそれは機器の負荷となって故障の原因にもなります。ベストチョイスを選ぶのは自由ですが、少なくとも変なアレよりもVODの方が健全さでは有力候補になると言い切れるでしょう。

いちはやくウォッチ!
今はそんなに観る気持ちがない人も騙されたと思ってサイトをキョロキョロ眺めてください。一気に鑑賞意欲が吹き上がってきます。あとは登録して視聴するのみと言いたいところでも、悩みの種になるのが配信作品の流動的な把握しづらさ。1年ごとではなく毎週レベルでの変化なので非常に複雑膨大です。「私たちのハァハァ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その立ちはだかる障壁を壊すための手助けとなるハンマーを提供するのがこのページの仕事。VODを配信しているものに限定してリストでアイコン表示中。アイコンがない場合は配信していないかも。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。VODヴァージンはこれで卒業しましょう。提案されているアイコンの中に未体験のサービスを発見できれば儲けもの。映画といつでも一緒の人生が始まります。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時は最重要事項として頭にメモしておきたい事柄です。なぜなら「あれ、配信が終わっている!」という一生の後悔を味わいたくないものですから。基本はVODによってはアナウンスがさりげなくあるものもあり、判明している作品の一部をリストにして整理しているので、個別で確認するのは面倒だという人は活用すると時間短縮になって見逃しも減ります。「私たちのハァハァ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

フェアにオススメします
一括チェックツールにもなるフルムビバースは、氾濫するVODの配信変化地獄をわかりやすく整理するだけでなく、その扱いを公平性を重点に徹底しています。よくありがちなグダグダと説明したあげくに結局はひとつのサービスを紹介するにとどまるようなことはしません。ユーザー適正は個人の問題であり、それを無視して押し付けることは玄関をガンガン叩く悪徳勧誘でしかないので絶対にしません。単純に「私たちのハァハァ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツを世の中から一掃する方法はありませんが、存在感を低減させて、目立たないようにさせることで黙殺することができます。その対抗策として脚光を浴びる役割を果たせるのもVODです。どんなユーザーでも倫理観や合法性で説教臭く押し付けられるよりもナチュラルに正しいサービスに惹かれる方が火花が散ることがありません。VODは先陣を切ってその役目を担うことが可能なので、子どもから大人まで流布させることが、頑張っている業界の応援にもなるので「私たちのハァハァ」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「私たちのハァハァ」は? 絶対に確認すべきなのは一点だけ。見たい映画は「見放題対象」なのか、それとも「個別購入」なのか。前者ならば迷うこともなく、そのまま一定の期間、無料というかたちで見られます。後者ならば、貰えるポイントを使うことになるのでその範囲で無料になります。ポイントを使いすぎればそのぶんは有料になるので注意です。このワンポイントだけ把握しておく必要がありますが、この情報さえ常にキャッチしておけばあとは何もなしです。

『私たちのハァハァ』の無料動画を探すには、上記の動画リンクへ

▼『私たちのハァハァ』をさらに知る

★スタッフ
監督:松居大悟
脚本:舘そらみ、松居大悟
撮影:塩谷大樹
音楽:クリープハイプ

★キャスト
井上苑子、大関れいか、真山朔、三浦透子、クリープハイプ、中村映里子、武田杏香、池松壮亮

★『私たちのハァハァ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.43.313.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『私たちのハァハァ』の感想

●FILMAGA  
自撮り風とドキュメンタリー風が入り混じった映像で、その度、意識が途切れる。でも、女の子の意識も同じくらい途切れやすいのかなってイメージ。ハゲるが興奮の形容詞で、すぐにケンカして、すぐに全て捨てられると思う。大人だと思ってても、全然子供で、信じたものが、絶対に正しいと思ってる。尾崎世界観に迷惑かけるからって言って、激情した文子が、真っ先に1番アーティストの迷惑になる衝動を露わにする。揺さぶられた一作であった。
●映画無料夢心地 
4人組の中でやたら歌とギターの上手い子がいるんですが、彼女、井上苑子ちゃんはツイキャス半年で視聴者数が100万人超えた人気者。演技が初めてと思えない達者ぶり。リーダー的存在で既に貫禄を感じる大関れいかちゃんはVineで中高生に大人気の動画アッパーだそうです。そんなSNS世代がバス内で交わすLINEのやり取りは今のところ映画に登場するSNS描写でNo.1ではなかろうか。こういう普遍的な作品に出会えて本当に良かったと心から思う。
●BILIBILI 
人が集まれば集まるほど、個ではなくなるのに、彼女たちから見れば、自分たちは圧倒的“個”だという描き方の映画。痛い行動で痛い思いをしているのが非常に響く。男をクソガキ呼ばわりするクソガキJKというこの構図。どこかで見たことがある。いや、どこかでこの痛々しい姿を自分も経験している。その姿に恥ずかしくなる。何かを吐き出したい気持ちはわかる。どんなに情報ツールが発達してもその鬱屈は変わらないと思うのでした。
●FANDANGONOW 
女子高生が四人揃うと怖いものなんて何もないキラキラ感が眩しい。今では絶対できないし、やらないようなことをやってしまうガッツをあのときの幼い女子高生は持っていた。若くてこういうことを一緒にやろう!と思ってくれる友達が周りにいることは救いだが、それが逆にこの彼女たちの世界の狭さを実感させてくれる。女子高生の根拠の無い衝動的なワクワクが、スマホ世代らしい演出によって鮮やかに描かれるという素晴らしい一作。