SLUM-POLIS スラムポリス

鮮烈な青春が駆け抜ける

映画『SLUM-POLIS』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『SLUM-POLIS』を見るなら動画リンクをチェック。

自主制作映画「眠れる美女の限界」でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015審査員特別賞を受賞するなど注目を集める新鋭監督・二宮健が、大阪芸術大学の卒業制作として手がけたSFサスペンス。2041年、突如起こった南海トラフ大地震後の西日本では、壊滅的被害からの復興が進んでいない地域はコミューン地区と制定され、「スラムポリス」と呼ばれたそれらの時代から取り残された地区は、急速なスラム化により事実上の無法地帯と化していた。第3コミューン地区に住むジョーとアス、絵描きの娼婦アンナは、それぞれの夢を実現させることを心に決め、社会を蹂躙する巨大暴力団の麻薬輸送車襲撃を企てる。しかしそのことにより、3人はスラムポリスに渦巻く闇の抗争に巻き込まれることとなる。

原題:SLUM-POLIS / 製作:日本(2015年) / 日本公開:2015年9月26日 / 113分 / 制作: / 配給:クロックワークス 

9/26(土)公開 『SLUM-POLIS』 予告篇
『SLUM-POLIS』インタビュー動画 ”Why was SLUM-POLIS born?”

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『SLUM-POLIS』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
邦画は有名俳優や監督が関わっている大作ばかりを見ている人もたまにはマイナー作品も手を出してみると良いです。そんな輝く原石を観たいなら、人気も上昇中の動画配信サービスを上手く利用してみましょう。これはネット配信ということで、さまざまなメリットが支持されている大きな理由のひとつです。とくに事前にダウンロードできる機能があるのものは、外出先でも通信制限を気にすることなく、自由に安心して見られるので便利です。

「無料」を嫌う人はいない!
誰にでもあるファーストデビュー。そんな瞬間を祝福するように無料トライアルは体験を順調に促進させてくれます。これは初めての利用者にとっての優遇プレゼントであり、一定期間に限って通常の利用料が発生しないものです。そのため動画鑑賞などの使用も自由自在にできます。「必ずそうするとは限らないけど無料中で解約はできますか?」この疑問は頻出するもので、本音はずっと使ってほしいですが、それでも止めたいのならば阻むことはできません。臨機応変、自由に可能です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。厄介事は各所に潜在しています。例えば、そのようなウェブページは広告で儲けているために、異常に頻繁かつ妨害的な広告の表示で、ユーザーを誘導しようとします。また、有害な不利益を招くリダイレクトを連発させる場合もあります。動画は膨大なデータ量をやりとりするからこそ、その負荷は高く、きちんと整備されたサービスでないと端末機器に害を与えます。

どれを選べばいい?
劇場公開映画は同時ネット配信ということは滅多にないですが、時間がたてばVODのリストにも加わります。ところが、そうは問屋が卸さないもの。VODの多さと複雑さは、素人であればクラクラするほどであり、判断は困難。確認作業をしようにもまず何をすればやらです。「SLUM-POLIS」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。取り扱っているVODの数は非常に多く、あの大手携帯会社のモノから、話題性の高いグローバルなモノまで、オール対応済み。既存の無料ホームシアター的な体験をさらなるグレードアップさせる、オンライン無料動画のオフィシャル体験ができる機会です。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間は魅惑的な響きですが、調子に乗っているとそのせっかくのタイムスケジュールを台無しにすることもあります。例えば、登録日からひと月という設定もあれば、登録月の月末までで終わるものも。後者のパターンでは、例を挙げると「26日」に登録して月末が「31日」だとしたら5~6日しか試せないことになって「西村峰龍」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

登録情報は最小限
何事も最初は緊張するもの。そうはいってもVODは敷居が低いので大丈夫。登録情報はユーザーネーム、メールアドレス、パスワード、プラスで生年月日や電話番号だけ。これらの情報はユーザーの重複性を判定するために使われるので過去に使用済みの情報を入力すれば初回利用者扱いとはなりません。とくに支払い情報は重要で、間違わないようにしてください。それ以外の登録ステップはありません。数分で完了するので今すぐ動画を見たいと思っても全然間に合います。あとは「SLUM-POLIS」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくスムーズに閲覧がしたいユーザーの気持ちを逆なでする酷いものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「SLUM-POLIS」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「電話番号や郵便番号」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「SLUM-POLIS スラムポリス」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『SLUM-POLIS』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『SLUM-POLIS』をさらに知る

★スタッフ
監督:二宮健
脚本:二宮健、小西由恵
撮影:山本翔太
音楽:堤裕介

★キャスト(キャラクター)
西村峰龍(オリア・ジョー)、アベラヒデノブ(サダ・アス)、小野亮子、木村知貴、川上一輝、宇野正剛

★『SLUM-POLIS』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『SLUM-POLIS』の感想

●無料ホームシアター 
この映画、想像以上にすごくおもしろい。これなら誰に勧めても恥ずかしくない。日本でもこんな画撮れるんだと純粋に思った。かっこいい。ただ、中身が薄味。人物の心理描写がわかりにくい。アスは死んだアンナに申し訳ないから、スラムポリスを離れなかったのか? ハッとさせられるセリフがない。名ゼリフがありそうだが、意外になかった。もっと脚本を頑張って欲しい。良くも悪くも若い勢いで成り立っている映画でした。
●FILMAGA
確かに欠点はあります。シナリオの綻び、キャラの不安定さ、テーマの深みのなさ。ちょっと不満点をいくつか挙げてしまいましたが、でも勘違いしないでほしい。決して駄作ではないのです。むしろ良くしてほしいという希望がある作品でした。何よりもこういう映画が作れるということはこれからの邦画の発展も期待できるということで、楽しみです。スラムという言葉のチープさがいかにも日本人の発想ですがそこは目を瞑ります。
●BILIBILI 
スラムポリスという無法地帯で育った男2、女1、計3人の若者の青春ストーリーアクション仕立て。ストーリーも音も映像もセットもなかなか良かったが…スラムポリスの設定に関するディテールがテキトーに感じた。車、燃料、水、食料みんなあるし通貨や貨幣価値さえも違うのに都市部との物理的な壁がないって…物理的な壁つくると設定が変わっちゃうけどね。ここから変にひねくれずに伸びていってほしいものです。
●MOVIX
ただ単に突っ込みどころということなら触れないで良いけど、この世界というか彼等の感情の根底にあるものを感じれば感じる程スラムポリスに留まる理由がないし、スラムポリスに留まるならヤクザに一方的にやられる理由がなくて出て行くことは重要じゃない、というストーリーで言いたいこととは異なる矛盾のループになる。言いたいことはわかるし面白かったけど、感じれば感じる程に引っ掛かってしまった。次回作に期待です。