ノック・ノック / Knock Knock

キアヌ・リーヴス、美女に虐められる

映画『ノック・ノック』のフル動画を無料視聴する適度な方法を、サイトをたらい回しにさせずに紹介しています。
今すぐ『ノック・ノック』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Knock Knock(「ノックノック」) / アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年6月11日 / 99分 / 制作:Camp Grey、Dragonfly Entertainment / 配給:東京テアトル / 製作費:300万ドル / 興行収入:520万ドル

映画『ノック・ノック』予告編
Knock Knock (2015) Behind the Scenes

(C)2014 Camp Grey Productions LLC

動画
▼『ノック・ノック』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 多機能視聴

VOD2 Huluで動画を見る 初心者有利

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ノック・ノック』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

理不尽についてこれるか!
奇抜で暴力的で人間の内側に潜む欲望をストレートに描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。なかなか人前で見るのが難しい作品でも安心です。プライベートな空間で誰にも邪魔されずに好きなように鑑賞できます。アダルト系の作品を専門に扱っているサービスもあるので、より大人向けの動画を見たい人は合わせて視聴するのも楽しいです。

「無料」を見逃すな!
「有料コンテンツではないの?」基本はそうなのですが、無料お試しできるという利用促進のボーナスが最初にあります。普通のシチュエーションでは登録したその日にお金の請求が開始され、あなたのクレジットカード等を通して引き落とされます。でもお試し中はそれが無くなるので文字どおり猶予があります。「YouTubeとは何か違うのですか?」「既存の動画サイトがもうあるのにどう意味があるの?」そんな初歩的な質問にお答えすると、これはそういう一般的な動画サイトと違って、質を重視したものと考えてください。全ての動画が高水準なものばかり。イーライ・ロス監督の「ノック・ノック」もアリ。

その心配は過剰ではなく…!
なお、巷に溢れる深刻度の大きいイリーガルな動画コンテンツの利用はストップすべきです。それでキアヌ・リーブス出演の「ノック・ノック」の鑑賞はダメです。コンピュータを守るためのウイルスセキュリティ対策は完璧…そう考えていてもそれが意味を成さないことも。被害は千差万別ですが悪化もあり得ます。逆にそのプログラムのせいで余計に負荷がかかってしまい、ダブルで大ダメージを与えるシチュエーションもあり、何のプラスにもならないこともあります。人は過ちに気づいたときにはもう手遅れになっていることがいつものオチなので、そうならないためにも心掛けましょう。

これに決めた!
「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。でも注意事項を熟読してください。「登録の勢いはどこへやら、私の観たい作品の姿形も影もないのだけど」というミスマッチは回避しなくてはいけませんし、事前防止すべきです。ロレンツァ・イッツォ出演の「ノック・ノック」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その立ちはだかる障壁を壊すための手助けとなるハンマーを提供するのがこのページの仕事。VODを配信しているものに限定してリストでアイコン表示中。アイコンがない場合は配信していないかも。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。レコメンドはあくまで推薦なので、絶対にこれを使ってくださいという話をしたいわけではありません。押しつけではないので、ぜひとも自分で使って試行してみてください。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際はどういう映画かを問わずに再生機器の条件を満たす必要が「ノック・ノック」でもあります。パソコンやスマホだけでしか視聴できないと思っている人もいますが、家にあるテレビでも鑑賞可能です。ただし、条件が発生します。その中身をじっくり確認しておくのが大事です。どんなテレビでも良いわけではなく、対応可能な機種でないといけません。詳しくは各テレビメーカーの公式サイトの取扱説明書などを確認すると良いです。最新のテレビならば最初からVOD関連の機能が追加されているので迷うこともないはずです。大画面で鑑賞すれば圧倒的な映像体験を堪能できます。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。「このタイプの映画をもっと見たいな」そんな要望に対応可能なカテゴライズされたジャンル分けもあります。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。あまりにもバイオレンス強めな作品も多い「イーライ・ロス」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を客観性のあるスコア資料として使うのも良し。感想コメントから期待をどんどん膨らますのも良しです。

広告ブロックに気をつけて
動画を見れないトラブル事案は各所で発生しますが、そういうときはパニックになってしまうとどうしようもありません。まずはひと呼吸おきましょう。こういう問題は相当な混乱を直面した人には与えます。パソコンならば他のブラウザで見れるかチェックしてください。広告ブロックなどのプラグインやウイルス対策ソフトを停止するのもいいかもしれません。そうやってエラー原因を段階的に確認していくのは面倒でも確実な解決方法です。すぐに使用サービスの欠陥だと疑わないほうがよいです。アナ・デ・アルマス出演の「ノック・ノック」も見れないかも?オカシイと感じたらインストールされているブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

表現規制を避けるなら
動画にあるモザイクを消せますかという質問がごくまれに寄せられることはありますが、それは提供先が配慮したものであるのならば、原則的に規制を除去することはできません。そういうものだと思ってください。その規制があるからこそ動画が公開されているのです。しかし、極力規制の少ないかたちでの視聴はできます。そのためにはテレビではなくVODをチョイスするしかありません。TV業界は自主規制が激しい(誰でも見れるという前提があるので)ですが、VODはユーザーを選択できるのでその考慮に対応しやすいのが規制低減の後押しとなっているのです。アーロン・バーンズ出演の狂気の倫理無視作「ノック・ノック」も無規制で。

『ノック・ノック』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月22日時点での『ノック・ノック』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ノック・ノック』をさらに知る

ピーター・S・トレイナー監督による1977年の映画『メイクアップ 狂気の3P/DEATH GAME』を、イーライ・ロス監督がキアヌ・リーヴス主演でリメイクしたスリラー。『ノック・ノック』の製作総指揮にはキアヌ・リーブス、テディ・シュワルツマン、ソンドラ・ロック、ピーター・トレイナーなどが名を連ねる。妻と子供と幸せに暮らす、平凡で普通の男エヴァン。1人で留守番をしつつ仕事をすることになったある雨の日、ノックの音が聞こえドアを開けると、そこにはずぶ濡れの美少女2人の姿があった。押しに流されるかたちで電話を貸してほしいと頼んできた彼女たちを家にいれ、エヴァンは快く電話とシャワーを貸すが、それは恐怖の始まり。彼女たちに誘惑され、それを断っていると、いつのまにやら自由を奪われて一夜を共に過ごしてしまう。しかし、そこから事態は急変、彼女たちは家中で暴れ、好き勝手に破壊の限りを尽くし、エヴァンの心と身体を追い詰めていく…。

・元になった『メイクアップ 狂気の3P/DEATH GAME』は結末が全く異なる。

★『ノック・ノック』のスタッフ


監督:イーライ・ロス(関連作品:『グリーン・インフェルノ』)
脚本:イーライ・ロス、ニコラス・ロペス、ギレルモ・アモエド
撮影:アントニオ・クエルチャ
音楽:マニュエル・リベリオ

★『ノック・ノック』のキャスト


キアヌ・リーブス、ロレンツァ・イッツォ、アナ・デ・アルマス、アーロン・バーンズ、イグナシア・アラマンド、ダン・ベイリー、ミーガン・ベイリー、コリーン・キャンプ

★『ノック・ノック』の評価

IMDbRTMETA
4.936%??
映画comY!FM
3.0???3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ノック・ノック』の感想

●『ノック・ノック』シネマトゥデイ 
映画の内容は実に単純。キアヌ・リーヴスが美女二人に散々虐められていく。それだけ。このキアヌはいつものカッコいいアクションを決めていく男ではなく、銃さえもろくに使えない。ダメダメな軟弱男なのである。だからこそ若い美女にいいように弄ばれていく。その中身はとにかく過激。普通の常識を持っている人は不快指数MAX。なので凡人にはおすすめしない。これはあなたの変人度を試すひとつのリトマス試験紙なのだ。とくに特典はありません。
●『ノック・ノック』TOHOシネマズ  
もうやめて!キアヌ・リーヴスのHPはゼロよ!それくらいの肉体的にも精神的にもボロボロになっていくキアヌの哀れさよ。観ているこっちが「まあまあ、元気出せよ」と言いたくなる。美しいエロチックな健康的美女に言い寄られたら、しょうがないと思うかもしれないが、このキアヌは結構真面目で大人の対応している。それにつけこんでくる美女二人。この映画から学べる教訓は、ビッチ女には近寄るなという一点だけである。そんな機会はないけど…。