くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ

世界の映画祭で称賛されたアニメーション

映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信情報を適度にお知らせ。
今すぐ『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』を見るなら動画リンクをチェック。

「アンジュール ある犬の物語」などでも知られるベルギーの絵本作家ガブリエル・バンサンの代表作「くまのアーネストおじさん」シリーズを映画化したフランス製長編アニメーション。製作はディディエ・ブリュネール。大きくて無愛想なクマのアーネストおじさんと、小さなネズミのセレスティーヌが織りなす温かな友情を描く。腹ペコでゴミ箱をあさっていたアーネストおじさんは、偶然見つけたネズミのセレスティーヌを飲み込みそうになる。セレスティーヌは「私を食べなければ、かわりにあなたが世界で一番欲しいものをあげる」と提案し、なんとかそのアイディアで食べられることを免れる。この全く異なる二人の出会いをきっかけに、アーネストとセレスティーヌの間には不思議な友情が芽生えていく。

原題:Ernest et Celestine / 製作:フランス(2012年) / 日本公開:2015年8月22日 / 80分 / 制作:La Parti Productions / 配給:ギャガ・プラス

映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』予告編

(C)2010 Les Armateurs – Maybe Movies – La Parti – Melusine Productions – STUDIOCANAL – France 3 Cinema – RTBF


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
豊かな表現方法で描かれたアニメーション映画はそれだけの魅力があるので楽しいです。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあるほど、今ではすっかり普及しました。ネット配信はまだ使っていないという人でも簡単にスタートできるので、初心者でも安心して利用を検討してみても問題はありません。

「無料」で感謝!
忘れるべきではないことが一点。あなたが初心者ならばこの無料サービスお試しを受ける絶好の権利が与えられるのです。アカウントを作ったらそのままお金が請求されるのは、ちょっと怖いものです。なにせまだサービスを試してもいないのですから。初回時ならばじっくり吟味したいものです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは高リスクです。それで「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」の鑑賞はダメです。インターネットの怖さを味わっていないなら、それはありがたいことです。なにせ一度被害に遭ってもそう簡単には保証もなく、警察が動くわけでもありません。つまり、自己責任になってしまいます。そうなると自力での解決は極めて困難です。あるネット問題に詳しい専門家の意見では「VODの普及で動画視聴は健全化し始めている」とも指摘されており、希望の光です。

配信しているのはコレ!
まさにタイムリーだった公開から時間もホヤホヤの映画から、劇場スルーの隠れシネマ、さらにはクラシックな作品まで、そのカバーは広域です。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。人生はやることでいっぱい。一日のタイムスケジュールがギッシリの中、少しでも時間の節約をしたい人は、このページで配信VODの確認を短時間で済ますことができます。サイトを粗探しするよりもはるかに楽です。フルムビバースの「フル」はただ動画が完結しているという意味だけではありません。安全性も含めてのフルパッケージでの紹介に専念しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

家族にバレない?
映画はいろいろなクリエイティブが詰まっているものであり、それは表現の自由であり、芸術です。しかし、それは尊重するとしても、どうしても年齢制限が生じてくるものがあります。VODでは映画館のようなレーティングを作品ごとにしていますが、作品一覧では全部が表示されてしまうので「見せたくない作品」が見えてしまうことになりかねません。でもファミリーアカウント機能などがあるので、ユーザーごとに使い分けが可能です。プライバシーも確保しながら不都合をゼロにして共有利用ができます。

見たい動画をメモしよう
自分のお気に入り作品をリストアップしてまとめてみたいなら、フルムビバースの「ウォッチリスト」を活用しましょう。各作品ページの「Favorite」ボタンで気軽に専用リストに追加できます。そのボタンを再度使えばリストからすぐ外せるので、どんどん追加していきましょう。この機能はブラウザのCookie(クッキー)に基づいているので当サイト内で個人情報を保存したりしていません。なので完全プライベート。「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、無料で動画を見る手段といえば、スタンダードにセレクトされるのが動画サイトの存在。それを知らない人はいません。しかし、大手の巨大サイトでもツギハギだらけのボロ鞄のように穴がいっぱい生まれます。例えば、詐欺に近い質の低い動画コンテンツが溢れ、しかもそれが削除対応が追い付くことなく放置されています。かなり数は減ってきた方ですが、いまだに不正サイトへの誘導が目的のテキスト動画もしぶとく残っていたりも。VODはそれらの心配が一切ない、「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」の視聴で「楽しかったな~」と自己満足に浸るのも良いです。でもどうせならその満足感を他人にも分けてみませんか。おカネを稼ぐことはできませんし、無料視聴のお裾分けということでもないですが、鑑賞仲間を増やすのはやりがいがあります。SNSでの拡散を活用すると、あまり注目されていなかった映画に光があたるかもしれません。Twitterでも何でもOKです。

『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』をさらに知る

★スタッフ
監督:バンジャマン・レネール、ステファン・オビエ、バンサン・パタール
脚本:ダニエル・ペナック

★キャスト
ランベール・ウィルソン、ポーリーン・ブロナー

★『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』の評価

IMDbRTMETA
7.997%??
映画comY!FM
3.9???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』の感想

●映画無料夢心地
ベルギー発祥の絵本から生まれた映画。絵本原作いいよね。原作らしい柔らかいタッチの画で、ストーリーも絵本らしくてあったかくなりました。米国版の声優が恐ろしく豪華。アーネストおじさんにフォレスト・ウィテカー、ねずみの歯医者さんにウィリアム・H・メイシー、院長先生にローレン・バコール。仕方ないかもしれないけど、日本での扱いがほんとにマイナーなのが悲しい。みんなTVアニメの劇場版ばかりの国民性ですからね、う~ん。
●DAILYMOTION 
ビジュアルががっつり好み。ガブリエル・バンサンの魅力的な水彩画のようなタッチの画風は素敵だったし、テーマは「異質なもの同士の友情、相互理解」を描いていて、社会的でもあるし、とても良かった。後半、アーネストとセレスティーヌが一緒に家で過ごす所は色彩も豊かでワクワクしたし、一つ一つのセリフが真面目で優しく、裁判所のシーンでは思わぬ展開に心がほっこりした。どうせ子ども向けと舐めてる人はぜひ一度鑑賞してほしいです。
●CRUNCHYROLL 
絵本のような独特のタッチで描かれた世界観には見惚れるものがあり、80分という短尺ながらもユーモアやアクションといった娯楽要素もたっぷり盛り込まれています。勿論パッケージとかを見ると子どもが好んで見る作品に思えますが、逆に大人にこそ観てほしいと思える大事な作品です。社会には認められない者同士でも、相手の事を認められる者同士が似たような答弁をするシーン。どうして仲良くできないのか、大人にこそ突きつけられるテーマです。