フィンランド式残酷ショッピング・ツアー

本日は残酷な試食がお楽しみいただけます

映画『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』のフル動画を無料視聴する方法を、適度に情報更新しながらプレゼンテーション。
今すぐ『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』を見るなら動画リンクをチェック。

旅先で食人族に襲われる観光客たちの恐怖を描いたスプラッターホラー。製作はゲナディ・ミルゴロドスキー、ミハイル・ブラシンスキー。ショッピングツアーで隣国フィンランドへやって来たロシア人の母と息子。暇を持て余した息子は、スマートフォンのカメラで周囲を撮影している。やがて大型ショッピングモールに到着したツアー客たちがあれこれと品物を見て歩き、好きなように買い物を楽しんでいると、なぜか店のシャッターが閉められてしまう。突然の出来事に戸惑うツアー客たちを、店員や現地住民たちが次々と襲い、貪り食いはじめる。

原題:Shopping-tur / 製作:ロシア・フィンランド(2012年) / 日本公開:2014年2月8日 / 70分 / 制作: / 配給:アットエンタテインメント

フィンランド式残酷ショッピング・ツアー

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
ときには尖ったB級映画を楽しみたい。かといって、違法な動画サイトは利用すべきではありません。法律云々はもちろん言うまでもないですが、セキュリティの危うさや、過剰な広告の表示、再生環境の悪質さなど、悪い部分をあげればキリがありません。利用するだけ損です。そんなときに満足を提供してくれるのが、皆も利用している動画配信サービスです。ネット環境さえあれば場所を問わず視聴できる嬉しいツールであり、利用者数も増加中。今では普遍的なサービスになりました。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料金は私の気持ちを削ぐ…」そういうやる気減退を回避するためにご丁寧に用意されているのが無料お試しという玉手箱。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「これって一度登録すると解約できないパターンでは?」と怪しむ人も安心です。解約は登録よりも時間がかかりません。それこそあまりにもすぐ終わるので思いついたときに実行可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「フィンランド式残酷ショッピング・ツアー」の鑑賞はダメです。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。本来は言うまでもないですが、合法性うんぬんかんぬん以上にリスク回避の点でも重要だということです。

これに決めた!
「最初は興味が無かったのに、今では関心が100倍に増している!」そうなればもはや止める理由もないので本能に忠実に。でも、重箱の隅をつつくつもりはありませんが、細かい部分で留意すべきことがあります。「あれれ、どれで配信しているんだっけ?」という混乱を回避できるようにしないとダメです。「フィンランド式残酷ショッピング・ツアー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はスピーディに解決しましょう。「観たい作品を配信中のVODを一気にチェックできたら…」という需要を叶えることができます。むやみに時間を浪費する事態は今後はサクッと回避できます。別の紹介サイトではどんな作品ページでも一様に同一文章でリコメンドしているものもありますが、ここでは各作品の適合性に配慮しています。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「フィンランド式残酷ショッピング・ツアー」でもあります。「やっぱり大画面でしょ?」とその一点に集中突破したいならテレビでの視聴を検討したいところ。その場合は対応TVが必須。パソコンでいいならSafariやChromeなどブラウザで見ることになり、機種メーカーは関係ないです。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

フェアにオススメします
VOD横断チェックサイトであるフルムビバースでは、平等なレコメンドが最重要なポリシーです。他サイトだと「この作品を視聴するならこのサービスです」と特定の名称を挙げて推してくるものもありますが、それはたいていが単なるビジネス的な宣伝に過ぎません。本来はどのサービスが適切なのかはユーザーの皆さん個人で異なるものです。誰にも万能なサービスはありません。単純に「フィンランド式残酷ショッピング・ツアー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。YouTubeやニコニコ動画などがポピュラーです。しかし、課題が山ほどあり、迷惑していた人もいたはずです。いかにも興味を惹きそうなサムネイルやタイトルを使った釣り動画、中身がスカスカで何もないコンテンツ、違法アップロードの動画が放置されていることも今だに多いです。通報すれば動画の削除対応がされることもありますが、実際は全く追い付いていません。VODはそれらの心配が一切ない、「フィンランド式残酷ショッピング・ツアー」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

表現規制を避けるなら
映画という映像媒体コンテンツなら避けられない表現規制の問題。劇場上映やテレビ放送ではレーティングという独自の業界規則で諸々の制約が生じ、人知れず内容が精査されています。このままでは提供不可と判断されると、シーンカットやモザイク処理などがあったり、倫理的なトラブルで自粛という事態も起こります。これではクリエイティブな自由度は鎖につながれるだけ。しかし、独立性の高いVODならば、そうした枠とは外れて展開していることがあるので、映画を純粋に視聴できます。

『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ミハイル・ブラシンスキー
脚本:ミハイル・ブラシンスキー
撮影:アレクサンドル・シモノフ

★キャスト
タチアナ・コルガノバ、ティモフェイ・ヤレツキー、サツウ・バーボラ

★『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』の評価

IMDbRTMETA
4.5??%??
映画comY!FM
?????2.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『フィンランド式残酷ショッピング・ツアー』の感想

●シネマトゥデイ  
タイトルが秀逸ですね。原題は「ショッピングツアー」なだけなのですが、このまま邦題にしていたら、苦情が来そうなレベル。のんびり見ていたら、唐突に「残酷お買い物」が始まり始まり。てっきりフィンランド人が製作したのかと思ったら、ロシアっぽいと話を聞くかぎりそんな感じです。POV形式のホラーで、ロシアからフィンランドに入国するまでのやたら長いシーンとか、何か意味が込められているのかな。でも私にはわからなかった。
●ユナイテッドシネマ 
それほど深みはありませんが、人生の意味や何かを考えさせることはありません。しかし、それは非常に微妙で非常に暗いユーモアで、良いコメディです。しかし、私にとっては、最も際立った要素は映画撮影でした。いくつかのシーンは非常に速く起こったが、私は家でこの映画を見直さなければならないほどよく振り付けられた映像マジックにハマってしまったのでした。この映画の唯一の欠点は、あまりにも短くて70分しかないことです。
●VUDU 
日本人には理解できないロシア人のフィンランド(北欧)へのねたみやひがみなど特別な思いや国民感情みたいなのが背景に…とそんな映画と関係ないことを考えてしまいます。全体的に、それは本当の宝石であり、それはホラーコメディのファンのための必須のエッセンスです。最も深刻な考えには、母親がヨーロッパ人の礼儀正しさを信じているのは、これらの高道徳的なフィンランド人が観光客を攻撃しようとしているときだけである。
●FANDANGONOW
邦題がぶっとんでいますが、しっかりその看板に恥じない中身もどういうこっちゃな作品に仕上がっていました。ここまでやりたい放題していると清々しいです。一応、ホラーなのかもしれませんが、立ち位置は不明です。あまりにクレイジーなので、そこまで頭で考える映画ではないのかもしれません。それでもとくに楽しめればいいと思うので、このバイオレンス残酷殺戮買い物ショーをエンジョイしてください。北欧の迷走が見れます。