KANO 1931海の向こうの甲子園

甲子園に台湾代表が出場したことを知っていますか?

映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期的にアップデートされます。
今すぐ『KANO 1931海の向こうの甲子園』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:KANO / 台湾(2014年) / 日本公開:2015年1月24日 / 185分 / 制作: / 配給:ショウゲート

映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』予告編

(C)果子電影

動画
▼『KANO 1931海の向こうの甲子園』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット
Paravi ▼Paravi

▼『KANO 1931海の向こうの甲子園』の無料動画を見る方法

いろいろな困難にぶつかりながらも協力によって乗り越えていく映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもスピーディに動画を見れて、さらに視聴スタイルも自由。今では誰でも持っているスマホから、仕事でも使うパソコン、家にある人もいるテレビ、大きい画面を持ち運べるタブレットと、好きに選べます。

「有料か無料かどっちがいい?」と聞かれたら、誰だってタダがベストに決まっています。お試しでその利権をゲットです。支払いは避けられないかもしれません。でも初回に限ってそのルールからは外れることができます。これは公式で用意された無料措置なのであり勝手なキャンペーンなどではありません。「解約したい時にできなかったら困る!」確かにそのとおりで、お試し期間中は無料でもその間に解約ができないなら半強制的に結局は有料になってしまうので意味ないです。でも解約可なので大丈夫。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。「こんな初歩的な不正サイトのトラップにかかるやつはいない。もしくはバカだ」そう思っていると、案外とあなたもすでに首根っこを掴まれているかもしれません。なにせ向こうも意地ですからあの手この手で利益をあげるために密かな暗躍を裏で実行しています。あとあと動画に誘われて地獄を見てしまって嫌になった人はネットの世界には大勢いるものです。同じヘマは嫌でしょう。

「え、あの作品もこの作品も配信されているの? だったらやるしかない!」知れば知るほど迷いは消えていきます。ところが、避けることのできない障害物として道を塞いでいるのが、VODの配信流動性の問題。日に日に変化していく配信作品を個別確認するのは目が疲れます。「KANO 1931海の向こうの甲子園」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サジェスト機能のように「これで見れますよ」とご案内するこのページは利便性抜群。補足的な作品情報も後半にギッシリ掲載されていますが、単に配信VODを確認するだけの用途で利用することができます。総じて同様サイトは更新しないことが多々。でもフルムビバースは自動ではなく手動確認で最新インフォを更新中です。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

こちらの各ページ内にある「Favorite」ボタンはウォッチリストへの登録が可能ということです。それをタップすれば専用のページに作品が一覧化できます。それはあなただけが見れるマイリストになるので個人でメモ代わりに使えるものです。とくにアカウント作成しなくても利用できます。ただし機能はいつでも調整中なので場合によってはメンテナンスもしくは機能停止するときがあります。そのときはご了承ください。「KANO 1931海の向こうの甲子園」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

映画の予告動画を見る人はどれくらいいるのでしょうか。ネタバレ回避のために見ないようにしている人から、作品の雰囲気を掴むために積極的に見る人までいろいろ。こちらのページでもそのトレイラービデオを掲載しています(もちろん公式提供のものです)。やはり映画の質や傾向を把握するには実際の映像が一番なので貴重な判断材料です。VODに登録する前にまずは見たい映画の面白さをあらためて確認するも良し。「マー・ジーシアン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『KANO 1931海の向こうの甲子園』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『KANO 1931海の向こうの甲子園』をさらに知る

日本統治下の1931年、台湾代表として全国高校野球選手権に出場し、準優勝を果たした嘉義農林学校(通称:嘉農=かのう)野球部の実話を描いた台湾映画。『海角七号 君想う、国境の南』や『セデック・バレ』2部作など、日本統治時代の台湾を舞台にした異色の作品で大ヒットを生み出してきたウェイ・ダーション監督が製作、『セデック・バレ』にも出演した俳優マー・ジーシアンが初監督を務めた。『KANO 1931海の向こうの甲子園』の製作はウェイ・ダーションとジミー・ファン。1929年、嘉義農林学校の弱小野球部に、日本人の監督・近藤兵太郎がやってきて、この平凡な野球チームの指導者となる。目標は大きく、甲子園進出を目指すという近藤の下、厳しい練習に励む部員たちは、次第に勝利への強い思いを抱くようになり、練習にもどんどん苦心してたくましくなっていく。そして31年、台湾予選大会で大躍進し、誰もが予想もしなかった常勝校を打ち負かすミラクルによって台湾代表チームとして甲子園へ遠征した嘉農野球部は、決してあきらめない不屈のプレイスタイルで堂々と存在感を発揮し、日本中の注目を集める。

★『KANO 1931海の向こうの甲子園』のスタッフ
監督:マー・ジーシアン
脚本:チェン・チャウェイ、ウェイ・ダーション
音楽:佐藤直紀

★『KANO 1931海の向こうの甲子園』のキャスト
永瀬正敏、坂井真紀、大沢たかお、伊川東吾、ツァオ・ヨウニン、チャン・ホンイ

★『KANO 1931海の向こうの甲子園』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.9???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『KANO 1931海の向こうの甲子園』の感想

●『KANO 1931海の向こうの甲子園』無料ホームシアター 
日本占領下の台湾にある嘉義農業高校の野球部が、名古屋松山高校を甲子園に導いた鬼監督と共に甲子園を目指す話。これはアツいスポコンです。友情、努力、勝利、正に三拍子そろった圧倒的な快作に震えました。日本統治下の台湾の様子、当時台湾に住んでいた日本人の暮らし、台湾の地方都市「嘉義」の風景、日本が建設したダムや橋の話しは聞きかじってはいたが、映画で見て色々と勉強になりました。歴史も学べる教材価値もあるいい映画ですね。
●『KANO 1931海の向こうの甲子園』TOHOシネマズ  
台湾作品ではベスト級。映画は180分と非常に長いが、前半部でも日本統治下における台湾と日本の関係や、台湾人のアイデンティティといった面が丁寧に描かれており、退屈なんてしない。終盤の甲子園の場面では、嘉農の選手たちの力闘が一戦一戦描かれ、手に汗握り、いつのまにやら前のめり。過去に例のない迫力あるプレイシーン含め野球に少しでも興味あれば心に響くこと必至。日本映画よ、野球映画に関しては台湾に5回コールド負けレベルだぞ!
●『KANO 1931海の向こうの甲子園』DAILYMOTION  
野球の王道のような展開が泣けます。涙する選手にそこにあえて厳しくする監督。そして甲子園を目指して、台湾大会で勝ち進んでいくと周りは最初の評価は低かったけど、しだいにブームになっていく盛り上がり展開。ちょっとその流れが「インビクタス」に似ている気もします。キーとなるのやはり指導者。近藤先生は「日本人も漢人も高砂族も同じ野球が好きな球児たちなんです」と平等に甲子園を目指し、導いていく。こういう人は必要ですよね。