美女と野獣(2014)

名作「美女と野獣」をフランスで実写映画化

映画『美女と野獣』のフル動画を無料視聴する方法を映画愛を込めてレコメンドしています! 広告ばかりのサイトはお断りです。
今すぐ『美女と野獣』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:La belle et la bete / フランス・ドイツ(2014年) / 日本公開:2014年11月1日 / 113分 / 制作: / 配給:ギャガ

映画『美女と野獣』予告編

(C)2014 ESKWAD – PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION ACHTE / NEUNTE / ZWOLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】解約簡単
VOD2【Hulu】ノイズ無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『美女と野獣』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

夢みたいな物語を!
幻想的な世界観が見事に再現された作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタジックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスは大いに役に立ちます。ネット配信なので店でわざわざ借りに行く手間もなし。貸し借りの煩雑な作業もなし。観たいと思った瞬間、スマホを使って気軽に探し出すことができます。観る方法はパソコンやテレビでも構いません。同じようなジャンルの作品を一覧で表示して検索することもできます。

「無料」を見逃すな!
「有料だとやっぱり困るかな…」と一歩を踏み出せないならば、その心配は吹き飛ばせます。コストダウンどころか最初はタダになる試用体験をしましょう。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「子どもでもラクラクなくらいの敷居の低さなら…」「私はネット不慣れな人間になっているからなぁ」と思っているなら、別に難易度は易しめなので安心。メールアドレス新規作成とほぼ同じ程度のスピードで完了して、数分以内に動画視聴できます。「美女と野獣」もアリ。

サイトの信頼性は大事!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二台柱となる二点で非推奨。それで「美女と野獣」の視聴はダメです。豊かな知識や情報が無数に広がるネットの世界には、その裏で危険なサイトも蔓延しています。人を夢心地にさせる誘惑めいた言葉を並べて、ユーザーの利用を誘い込み、深刻で回復もできないようなダメージを与える恐ろしい騙しページへと巧みなテクニックで誘導するものもあります。必ずそのサイトの信頼性を判断すべきです。あなたの無料ホームシアター生活は止まることはあっても、実人生を停止させるような事態は避ける方が優先でしょう。

これに決めた!
「え、あの作品もこの作品も配信されているの? だったらやるしかない!」知れば知るほど迷いは消えていきます。ただし、最も肝心な配信リストは不変ではないのが厄介。つまり、毎度いつ覗いても配信している映画もあれば、ある期間で配信終了のものも混在しています。「美女と野獣」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その答え探しにたいていの人がよくやってしまうようなGoogle検索でサーチしまくる必要はありません。確かに検索画面でVODをサジェストする機能もありますが、それで上部に表示されてくるものは限定的な機能でしかなく、あれは全体の一部だけ。こちらのサイトはそれよりも対応数がパワーアップしています。掲載内容が微動だに変わらないページなど無価値と断言できますが、こちらは手作業で逐一更新追記をし続けているので動画に近づけます。お望みの無料動画にタッチできるかは今のタイミングしだいです。明日、明後日の配信を保証はできないので、関心を持ったときが使いどきです。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。それをどちらかに加担するつもりはありません。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられる圧倒的に欠点をカバーできるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。「美女と野獣」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時は最重要事項として頭にメモしておきたい事柄です。なぜなら「あれ、配信が終わっている!」という一生の後悔を味わいたくないものですから。基本はVODによってはアナウンスがさりげなくあるものもあり、判明している作品の一部をリストにして整理しているので、個別で確認するのは面倒だという人は活用すると時間短縮になって見逃しも減ります。「美女と野獣」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが本当の範囲で無料なのか。「美女と野獣」は? ネットに不慣れな人ほど難しく考えますが、実際はシンプル明快。商品のお試しセットが届けられるようなものです。具体的には一定期間は本当に正真正銘で無料です。ではどれが見られるのか。それが各社のサービスごとに中身が異なります。ここは重要です。確認をしないといけません。面倒かもしれませんが、気を付けるべきポイントは簡単に整理できます。見放題であれば全部見れますが、そうでないタイプのサービスならば登録時に入手できるポイントの範囲内で視聴作品を決めないとダメです。「これなら2作品見れるな…」と自分のお目当てを狙い撃ちです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「美女と野獣」を連続視聴するなんて愚かですか? いいえ、それは賢いコアな楽しみ方です。人によっては応援するようにせっせと映画館に顔を出す人もいますが、何もそこまでせずとも、ネット動画ならば容易く実現可能。それに何の意味があるかと言えば、新発見の期待です。「へ~ここはあのシーンにつながるような伏線になっていたのか」「解説を読むとここの意味がわかるし、こんな解釈もできるのかな」そういう深いエンジョイができるのも醍醐味であり、さらに作品が好きになる大きな架け橋になるのでいかがでしょうか。

『美女と野獣』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月24日時点での『美女と野獣』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Rakuten TV」です。

▼『美女と野獣』をさらに知る

ディズニーアニメ版でも広く知られるファンタジードラマの名作「美女と野獣」を、1740年に初めて書かれたビルヌーヴ夫人版の物語をもとにフランスで実写映画化。製作はリシャール・グランピエール。バラを盗んだ父の罪を背負い、誰も寄り付かない野獣の城に閉じ込められた美しい娘ベル。しかし、城の主の野獣は毎夜ディナーを共にすること以外、とくに暴力もなく、何も強要してこない。それはイメージとは全く違っていた。やがてベルは野獣の恐ろしい姿の下にある、もうひとつの姿に気付きはじめ、共感を深めていく。野獣が犯した罪や城で過去に起こった出来事の真実が解き明かされていくと、二人の間にはいつしか愛が芽生え…。

★スタッフ
監督:クリストフ・ガンズ
脚本:クリストフ・ガンズ、サンドラ・ボ=アン
撮影:クリストフ・ボーカルヌ
音楽:ピエール・アデノ

★キャスト
レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ、エドゥアルド・ノリエガ、サラ・ジロドー、オードリー・ラミイ、ジョナサン・ドマルジェ、イボンヌ・カッターフェルト、ミッキー・ハート、ゴッタード・ラング、マイク・メラー、リヒャルト・サメル

★『美女と野獣』の評価

IMDbRTMETA
6.4??%??
映画comY!FM
2.9???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『美女と野獣』の感想

●映画無料夢心地 
何を隠そう「美女と野獣」の原作は1740年にガブリエル=シュザンヌ・ド・ヴィルヌーヴによって書かれたフランスの物語。なのでフランスで実写化されるということは、本家里帰りである。原作のイメージはきっとこんな感じなのだろうというゴージャスかつエレガントで、ディズニーとは違って、大人向けな作り。とにかく映像が綺麗で、少しだけダーク。野獣になってしまう動機など、違いを楽しむのも面白いので、観ていない人はぜひ。
●TOHOシネマズ 
ディズニーの美女と野獣を期待して見てはいけない。愉快なキャラも、歌もない。どれだけディズニーが原作を脚色してアレンジしたかがわかるでしょう。レア・セドゥを起用したことで、純粋無垢なお嬢様というよりは普通にいそうな上流階級のお嬢様感が出ていて、こちらのほうがリアル。そして野獣。普通にコワイ見た目。これに恋するのは大変だろうな。だからこその二人の決断は意味が大きい。安易なハッピーエンドではないビターな映画でした。
●ユナイテッドシネマ 
思っていたよりも映像、キャスト、衣装、セット、すべてハリウッドに見劣りしない印象。原作寄りの大好きな幻想文学系な雰囲気が素敵。心を通わせるシーンがないというが、この二人は社会からの外れものという意味では共通しているので最初から心を通わしているも同然なのです。あとはそれに気づくのがいつになるか。そして一転して社会に牙をむくのがいつになるかです。原作からして単純なラブストーリーではなく、社会派要素が実は強めですね。