猿の惑星:新世紀(ライジング)

「猿の惑星」リブートシリーズ第2作

映画『猿の惑星:新世紀 ライジング』のフル動画を無料視聴する完全な方法を、サイトをたらい回しにさせずに紹介しています。
今すぐ『猿の惑星:新世紀 ライジング』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Dawn of the Planet of the Apes / アメリカ(2014年) / 日本公開:2014年9月19日 / 131分 / 制作:Chernin Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 前作:『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 / 次作:『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』予告編

(C)2014 Twentieth Century Fox


▼『猿の惑星:新世紀 ライジング』の動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】初心者有利
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『猿の惑星:新世紀 ライジング』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

各作品が漏れなく揃っている!
往年の名作を現代のセンスや映像技術で上手く蘇らせて進化させた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもラクチンで、動画を容易に視聴開始できます。シリーズものに強く、店舗にいちいち探す必要もなく、一気見することも難しくありません。ストーリーをおさらいするならこれ以上の手はありません。

「無料」を見逃すな!
「月額で使えば使うほど出費がかさむし…」という苦しみはまずは無関係。無料の一定期間トライアルが一呼吸を与えてくれます。「なんか自分の観たい作品が少ないな…」「私の環境だと上手く再生できない」「少し使いづらさを感じる」そういう使って初めてわかるフィット具合を判断する時間的余裕がお試しの利点です。「なかなか動画にたどり着けないのでは?」と先行き不安を心配してもこのVODはノープロブレム。動画専用のサービスであるので「見れない」という事態は起こってしまえば沽券に関わるのですから。マット・リーブス監督の「猿の惑星:新世紀(ライジング)」もアリ。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それでアンディ・サーキス出演の「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の視聴はダメです。ダメージレポートとしての具体例を紹介しましょう。例えば、動画を見る目的でアクセスすると真っ先に再生ボタンをクリックします。すると変なページに飛びます。消そうとするとさらにおかしなページに飛び、いつのまにか不正アプリのインストールに誘導されます。もしこれらのブラックサイトの利用を誰かに推奨されても、その口車に乗せられてはいけません。断固拒否です。

あなたの選択は自由!
「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。あとはスムーズに登録してウォッチング!と言いたいところですが、「どれだったら私の観たいと思っている映画が扱われているの?」という疑問が依然として消えていません。ジェイソン・クラーク出演の「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでもしょうがないです。このページを使って疑問点を解決しましょう。アイコン表示がこの作品を配信中のVODです。情報はある時点のものですが、参考にはじゅうぶん機能します。「とにかくこのVODだけ使っていればいいんだ!」とうるさく押し付けることはしません。ユーザーの気持ちを第一にフラットに情報整理しています。ビギナーズラックという言葉があるように、VODも未体験時ほどラッキータイミング。無料動画は目と鼻の先にあるので手を伸ばしましょう。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人をがっつりと大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。これは作品でかなり左右されてしまうものなのですが。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、そのぶんの価値もあるものです。例えば、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の面白さの発見につながるかもしれません。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、登録した月の最終日を期間の終わりとするサービスも存在します。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ジェイソン・クラーク」を堪能する前に幕が閉じるかも。つまりカレンダーとにらめっこしないといけないのです。個人の問題にもなってきます。「あ~今日は時間がないし、明日は買い物だし、明後日は友人と用事があるし…」とか言っていると終わります。

海賊版サイトは無料ではありません
巷でひっそりと拡大している違法なアップロードによる動画が揃った海賊版サイトは一見すると無料で視聴できるように見えますが、実は利用者は損失を受けています。あなたのIPアドレス、住所、アカウント情報などプライバシーを入手し、不正使用することが悪質サイトの真の狙いです。ゲイリー・オールドマン出演の圧倒的な映像表現が繰り出される「猿の惑星:新世紀(ライジング)」が無料で見られるからといって迂闊に手を出しては行けません。最悪の場合、甚大な被害を受けて後悔することになります。そうしたサイトとはきっぱり縁を切って、無料お試しも可能な合法的な正規のサービスを利用しましょう。

その動画サイトは使える?
ケリー・ラッセル出演のシリーズに新たな息吹をもたらす「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を無料にしたいのは欲張りですか…そんな意見は別に否定はしません。ただくれぐれも使用するサイトには注意すべきなのです。「dailymotion」などの老舗動画サイト、「Miomio」「BiliBili」「Pandora」などの日本利用者も想定されるサイト、「openload」「vidia」「clipwatching」「mixdrop」「cloudvideo」などのファイル共有サイト。これらは信頼できるものではなく、それはもう悪質性の高い動画の溜まり場です。そんな不良集会場に行くくらいなら最初から適切な清潔エリアへと通う方が100倍はいいのです。

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月22日時点での『猿の惑星:新世紀 ライジング』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『猿の惑星:新世紀 ライジング』をさらに知る

「猿の惑星」の前日譚として往年の人気SFシリーズをリブートしたシリーズ第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編で、知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程を描いた。製作はピーター・チャーニン、ディラン・クラーク、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー。猿のシーザーが天性のリーダーシップを用いて仲間を率い、人類への反乱を起こしてから10年。人間と猿の立場は完全に逆転していた。勢力を拡大し、手話や言語を操るようになった猿たちは、森の奥深くに文明的なコロニーを築き、人間とは距離を置く。無駄な戦闘はしない。一方の人類は、わずかな生存者たちが荒廃した都市の一角で息をひそめて日々を過ごしていた。そんなある日、生きる残るために資源を求めた人間たちが猿たちのテリトリーを侵食したことから、一触即発の事態が発生。シーザーと、人間たちの中でも穏健派のグループを率いるマルコムは、余計な争いをしたくないと、和解の道を模索するが、彼らの思惑をよそに、別の勢力も動く。それは猿も同じだった。猿たちと人間たちとの対立と憎悪は日に日に増大し、やがてシーザーは生き残るための重大な決断を迫られる。

★『猿の惑星:新世紀 ライジング』のスタッフ
監督:マット・リーブス
脚本:マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー
撮影:マイケル・セレシン
音楽:マイケル・ジアッキノ

★キャスト
アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カーク・アセベド、ニック・サーストン

★『猿の惑星:新世紀 ライジング』の評価

IMDbRTMETA
7.690%??
映画comY!FM
3.8???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『猿の惑星:新世紀 ライジング』の感想

●FILMAGA 
不朽の名作であるこの作品をリブートするというのはひとつの賭けであり、すでに以前、某有名監督が手を出して痛い目を見ている。なので、このシリーズもまったく期待されていなかった。ところがふたを開けてみれば、意外に面白い。ちゃんと現代でも納得できるSF設定を用意しつつ、現代の映像技術を上手く融合させているという無難な企画。いや、実際はそれ以上のクオリティでした。この作品群で猿の惑星を知るのも全然オーケーだと思います。
●TOHOシネマズ  
「猿の惑星:創世記」から始まり、中盤となるこの映画はまさに人類とサルが拮抗している時期。とくにサル、つまりエイプの描写には驚いた。なにしろ普通にコミュニティを持って暮らしている。その衝撃は人間にも伝わり、やがてリーダーであるシーザーのある決断にもつながる。人とは何か。エイプとは何か。その問いを投げかけるこの映画は、単なるサルが暴れまくっている幼稚な映画ではない。綿密なSF描写が満載の革新性があるのだ。