ヒックとドラゴン(1作目)

少年とドラゴンの友情、ここに誕生!

映画『ヒックとドラゴン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! サイトを埋め尽くす広告はゼロです。
今すぐ『ヒックとドラゴン』を見るなら動画リンクをチェック。

ディーン・デュボア&クリス・サンダース監督が、クレシッダ・コーウェルによる同名児童小説を3Dアニメとして映画化したファンタジー・アドベンチャー。製作総指揮はクリスティン・ベルソンとティム・ジョンソン。人とドラゴンは対立していた。それは突然のことだと思っていた。弱虫なバイキングの少年ヒックはある日、傷を負ったドラゴンと出会う。絶対に相いれないはずの天敵である両者。しかし、意外に誤解も多いことがわかり、2人は秘密の友情を育み、それは常識を覆す。やがてバイキング一族の未来をも変えてしまう奇跡を起こす。

原題:How to Train Your Dragon / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2010年8月7日 / 98分 / 制作:DreamWorks Animation / 配給:パラマウント / 次作:『ヒックとドラゴン2』

(C)2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ヒックとドラゴン』の無料動画を見る方法

世界中を感動と熱狂で湧きたたせたエンターテインメント大作はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみると良いです。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、さらに今ではユーザー数が増加中。ネット配信はスマホ時代にとって利便性が抜群で、多くの利用者の支持を得ています。これさえあればいつでもどこでも映画館です。

「どちらにせよ有料だし…」と考えるなら、でもまずはお試し選択を得ることで最初は無料なんだとも解釈できるでしょう。1か月まで無料体験できたら最高だと思いませんか。期間は各サービスによって違うので要相談ならぬ要確認ですが、多くのサブスクでも何かと実装されている嬉しい特典であります。「退会した瞬間に無料ではなくなるとか?」という疑念は大丈夫です。解約することは無料期間中でもできますが、その時点でお金が発生したりはしません。解約料はないのでお気兼ねなくどうぞ。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。「私はしっかりウイルス対応ソフトをインストールしているからOKでしょう」と油断すれば、それはカモです。問題サイトではそのようなプロテクトではカバーできない手段で、こちらの個人情報等を誘い込むように盗み取ろうと巧妙に策を張り巡らしています。最悪の場合、全く無関係の動画や勝手に編集を加えた動画などを見せられるかもしれないので、あなた自身が誤解して大恥をかきます。

新作は蚊帳の外なんていう時代でもありません。その無料チャンスが手招きしているなら喜んでダイブしたいはずです。しかしながら、今この文章を読んでいる瞬間にも配信の内容は変化してしまいます。昨日、今日、明日。コンテンツは全て変わることはないにせよ、微妙に変化します。「ヒックとドラゴン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページにアイコン画像が表示されてはいないでしょうか。それは配信中の可能性が高い(確認が一時的にとれた)VODです。つまりすぐに無料動画に移れるかもしれないのです。なければお預けですが。フルムビバースではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。「あまり知らないサービスがあるけど…」という人はむしろ思わぬ幸運。そんなファーストタッチならば、無料視聴の可能性がすぐそこです。

海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。「ヒックとドラゴン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

映画はいろいろなクリエイティブが詰まっているものであり、それは表現の自由であり、芸術です。しかし、それは尊重するとしても、どうしても年齢制限が生じてくるものがあります。VODでは映画館のようなレーティングを作品ごとにしていますが、作品一覧では全部が表示されてしまうので「見せたくない作品」が見えてしまうことになりかねません。でもファミリーアカウント機能などがあるので、ユーザーごとに使い分けが可能です。プライバシーも確保しながら不都合をゼロにして共有利用ができます。

『ヒックとドラゴン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ヒックとドラゴン』をさらに知る

★スタッフ
監督:ディーン・デュボア、クリス・サンダース
脚本:ディーン・デュボア、クリス・サンダース
音楽:ジョン・パウエル

★キャスト
ジェイ・バルチェル、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ、クレイグ・ファーガソン、ジョナ・ヒル、クリストファー・ミンツ=プラッセ

★インタビュー
・クリス・サンダース監督「ヒックがドラゴンに手作りの羽をつけて、何度も飛ぼうとして失敗してしまうシーンは、『魔女の宅急便』でキキがほうきに乗って飛ぶ場面から影響を受けた。再びドラゴンが飛べるようになるまでを、たっぷり時間をかけて描くことで、観客が目の前で起きていることを信じられるような展開にしたんだ」

★『ヒックとドラゴン』の評価

IMDbRTMETA
8.198%??
映画comY!FM
4.3???4.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ヒックとドラゴン』の受賞
第83回アカデミー賞で長編アニメーション賞と作曲賞にノミネート。

★『ヒックとドラゴン』の感想
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ 
このアニメーション映画を観ていない人がこの世にいるのですか。それがあなたなら、幸運です。これから最高の体験ができるのですから。少年とドラゴンの友情という超王道な設定にまずテンションアップ。飛行ができたときのあの高揚感と言ったら! もう言葉にできない。そして終盤は大バトルです。これだけだと、子ども向けの映画でしょうと思うかもしれません。いや、大人でもドハマりするのです。それだけ丁寧に作られている、傑作と断言します。
●イオンシネマ  
とにかくトゥースが可愛い。仕草でイチイチ悶えそうになる。トゥースはネコっぽくキャラデザされてるから他のドラゴンと比べるとかなり可愛い顔立ちだけど、他のドラゴンも個性豊か。そんなドラゴンたちとの友情の確立のお話です。相棒って呼びかけるのに「ペット」と称してるところだけがちょっと引っかかるという人もいますが、これは冒頭の「害虫(pest)」とひっかけた言葉遊びなんですよ。「pet」は「可愛い奴」という意味もあるしね。
●CRUNCHYROLL  
シンプルな王道ストーリーだけど、とても丁寧に描かれていて、テンポも良く、まさに大人も子供も楽しめる3Dアニメ映画。対比関係が素晴らしく、トゥースのしっぽのアレを奪ってしまったヒックが、最後は自分の大切なものを奪われて、最終的におあいこになる展開。ここまで人間とドラゴンを対等に扱う作品は珍しいです。綺麗事ばかりではない犠牲を描く作品の真面目さが、またクオリティにつながっています。これを観たら絶対に続編も必見です。