イントゥ・ザ・ストーム

巨大竜巻を追いかけた先には意外な光景が…

映画『イントゥ・ザ・ストーム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信インフォメーションが勢揃い。
今すぐ『イントゥ・ザ・ストーム』を見るなら動画リンクをチェック。

POV(主観映像)方式も取り入れた臨場感あふれる映像で、超巨大竜巻に直面した人々の姿を描いたディザスターパニックムービー。製作総指揮にはリチャード・ブレナー、ウォルター・ハマダ、デイブ・ノイスタッター、マーク・マクネアなどが名を連ねる。直径3,200メートル、秒速135メートルというこれまでにない規模の巨大竜巻がシルバータウンの街に襲来する。それは史上最大級のパワーだった。炎に包まれた巨大竜巻が猛威を振るい、ジャンボジェット機すら飲み込む威力を前に、住民たちはシェルターに避難。一方で、竜巻を追跡する観測者ストームチェイサーや、最愛の人を守り生き残るため危機的状況を打破しようと模索する人々もいて…。

原題:Into the Storm / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2014年8月22日 / 89分 / 制作:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:5000万ドル / 興行収入:1億6000万ドル

映画『イントゥ・ザ・ストーム』予告編

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『イントゥ・ザ・ストーム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
ド迫力の映像で自然の猛威を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなスペクタクル満載のスケールの大きい映画をお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に動画を見て、さらに場所も選びません。外出先で視聴をするならスマホでOKですし、家でながら作業をしながら鑑賞するのも良し。テレビを使えば超大迫力で隅々まで映像をじっくり体験できて最高です。

「無料」で感謝!
ユーザー応援価格なんてものじゃない、最高の無料期間お試しはサービスに少しだけ顔を覗かせる感覚で背中を優しく押してくれます。効率的なコストパフォーマンスで動画を見たいという考えは当然です。ケチでもなんでもなく、節約を望むのは何も悪いことではありません。VODならば最安で映画を堪能できるので大満足でしょう。「さすがにレンタル開始したばかりの新作は未配信では?」意外にもそんなことはないのです。貰えるポイントであの話題作もバッチリ視聴可能だったりします。とにかくその目で確かめてみてください。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「イントゥ・ザ・ストーム」の鑑賞はダメです。最近の主流は仮想通貨を利用した不正な騙しテクニックです。何かと大量資産流通のトラブルを起こしている仮想通貨業界ですが、最初から相手を嵌める目的で作られたものもあります。迂闊に送金はしないでください。おカネが返ってくることはないです。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

配信しているのはコレ!
最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作まで、新旧混合映画は魅惑的で今すぐ見たくなります。嬉しい悲鳴にはなりますが、VODを展開する会社の数がとにかく豊富。つまり、どれがどれを配信しているのかが状況混雑しすぎているので、整理が一向に全然追い付きません。「イントゥ・ザ・ストーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「そんなのネット検索でスイスイだよ!」と考えているなら甘いです。普通にググるだけでは一部の限定されたものしか紹介されないので、気づかぬうちに損をすることも。できればこのページで全チェックするべきです。動画リンクがもしかしたらダミーで実はフィッシングサイト詐欺だったら…という不安もフルムビバースには必要ありません。安全オンリーです。「え~、なんか今は登録とかする気分じゃない」それでもOK。現時点での配信チェックをして目途をつけておくだけでも良いですし、また登録時に再確認すればいいです。

字幕・吹替、選択は自由
公開前から議論になりがちな翻訳と吹替問題。一歩間違えれば作品の完成度さえも台無しになりかねないので、ピリピリするのは当然です。だからこそ観客は字幕と吹替の選択はこだわります。VODは両方に対応していることが多く、幅広いユーザーの好みにマッチ。中には英語字幕を選択できるものもあり、リスニング練習に使っている人もいます。そういう狙いでサービスを判断するのも良いでしょう。できれば両方を比較してみてください。意外な一面から「イントゥ・ザ・ストーム」の面白さの発見につながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「イントゥ・ザ・ストーム」でもあります。家にデンとあるテレビを使えれば大画面鑑賞できます。このパターンは、対応可能機種か機能追加機器が必要です。各自で持っているパソコンを使うと、比較的大きな画面で鑑賞でき、対応ブラウザもほぼすべての会社のものに適応しており、スムーズに見れます。不用意に雑な扱いでブラウザを使っているとメモリの消費量やCPU負荷が増大して動画再生の妨げになるので注意です。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

高画質で見られる?
DVD映画をパソコンに取り入れる方法や、DVD映画をコピーする方法を検索するような人はきっと高画質なまま動画を自由な端末で観たいという要望があるのでしょう。しかし、それはプロテクトのかかっているものであり、つまり禁止事項であります。だからこそのVODです。今は各メーカーにてパソコンやスマホでの鑑賞ならVODを選択するというのがお約束。もちろん画質がDVDやブルーレイに劣ることはありません。場合によっては4K画質も用意済み。もはやディスクいらずでクリアな「イントゥ・ザ・ストーム」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
無料だけで満足していてはいけません。動画を見る最高環境、ホームシアターを目指してみませんか。「でも高いのではないか」なんて不安も当然。しかし、今は比較的安価な機器が発売されており、数万円程度で質の高いものが買えます。これなら自宅でVODを映画館スタイルにアップグレード。「イントゥ・ザ・ストーム」も最高級に。今すぐにでもと浮足立つのは理解できますが、はやる気持ちをおさえてじっくり思考しましょう。熟慮は大事。なにせ結構な準備も必要ですし、失敗もしたくありません。詳しい人や専門店に行って設備機器を目視してみるのもグッドジョブです。

『イントゥ・ザ・ストーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『イントゥ・ザ・ストーム』をさらに知る

★スタッフ
監督:スティーブン・クォーレ
脚本:ジョン・スウェットナム
撮影:ブライアン・ピアソン
音楽:ブライアン・タイラー

★キャスト
リチャード・アーミテージ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム・ケアリー、アーレン・エスカーペタ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス、ジェレミー・サンプター、リー・ウィテカー、カイル・デイヴィス、ジョン・リープ

★『イントゥ・ザ・ストーム』の評価

IMDbRTMETA
5.822%??
映画comY!FM
3.4???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『イントゥ・ザ・ストーム』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ 
監督は『ファイナル・デッドブリッジ』のスティーヴン・クォーレ監督で、人がポンポン死ぬのを描写するのが得意なのか、今作も主要人物はあっという間に死ぬときは死にます。この映画の偉大さはYouTuberを上手く活用したことでしょう。これによりPOVである意味が良い意味で理屈がつき、しかもそこまで深刻さもない。つまり気軽に観れるようになります。それでも最後には意外なくらい熱い人間模様を見せたりして、不意を突かれます。
●109シネマズ
災害大国の日本でも馴染みの薄い竜巻を描いた作品。それに災害を追いかける人がいるというのも日本では考えられない。マスコミでさえ無理はしませんから。好き好んで竜巻撮影に行く人達、巻き込まれた高校生と先生達、アホなチャレンジャー達が主な登場人物だけど最後が特にグッとくる。竜巻のシーンは圧巻の迫力がありましたが、案外、そこをメインにしていないあたりが、単純なディザスターパニック映画におさまらない感じで好きです。
●DAILYMOTION 
巨大竜巻や複数同時の竜巻、火炎竜巻など様々な竜巻が出てきて、そのどれもが脅威的でとても人が太刀打ちできるようなものではない、ある種怪獣のような描写が印象的。一方、人間側の竜巻観察車両タイタスも他の車にはない無骨さが格好良い。だからラストの巨体竜巻対タイタスは燃えたし、その先にある景色も美しく、それを見たのがどんな思いを抱いていた誰だったのかというのが素直に熱いし、見たときは彼と同じ感慨を抱いて、スカッとする。