イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

アートの虚実を暴くシニカル・ドキュメンタリー

映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』のフル動画を無料視聴する方法を適度なチョイスでレコメンドしています! リンクが多すぎて混乱したりはしません。
今すぐ『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Exit Through the Gift Shop / アメリカ・イギリス(2010年) / 日本公開:2011年7月16日 / 90分 / 制作:Paranoid Pictures / 配給:アップリンク

映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』予告編

(C)2010 Paranoid Pictures Film Company All Rights Reserved.

動画
▼『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2【Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

VOD5【-

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

勢いはどこよりも高く!
現実ではありえないと思っても予想外のことは実際に起きているものです。そんな知られざる裏話にスポットをあてたドキュメンタリーをお得に見るなら、動画配信サービスを使いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、今はレンタル店でDVDを借りるのは時代遅れになりつつあります。ネット配信は初心者でも簡単にスタートできるので、難しいと気兼ねすることなく、自由に試すつもりで手を出すのも良いでしょう。

「無料」を嫌う人はいない!
実際のユーザーから聞かれる最も好意的な意見は「無料体験が本当に動画も見れるし、便利だった」というものです。誰しもが欲しいものはいっぱいあるものです。映画は劇場で観ると作品ひとつで1800円程度かかります。たくさん見るならキツイ負担です。でもVODは映画1回分の料金でひと月で動画を山ほど見れるのです。「期間内の退会はできないように決まっていたりする?」「期間自体は嬉しいけど問題はそこでの自由な利用が保障されているかなんだけど」そんな登録詐欺みたいなことはありません。そのような無価値なサービスをこっちも推奨したら気分を害します。自信を持って推しだせるものです。サプライズすぎるドキュメンタリー「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」もアリ。

動画は怖い部分もあって…
なお、巷に溢れる誰が潜んでいるかもわからないイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで思わず二度見したくなる「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」の鑑賞はダメです。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。その言葉は厳しいものですが、どうすることもできない事実です。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。赤信号みんなで渡れば…ただの大量犠牲者が出るだけなのです。わかっていても飛び込むのならばそれは自殺行為です。

配信しているのはコレ!
新作をどこよりも充実させていますということを売りにしているものもあるので、世間の流行にも乗っかっていけるでしょう。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。アートの常識を揺さぶる「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VODなんて片手の指ではおさまらない数の種類があり、素人にしてみれば何から手が付ければいいのかわからないものですので、このページのVODレコメンドを参照して、きっかけにすると良いです。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう1ミリも意味をもたらさない騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。VODヴァージンはこれで卒業しましょう。提案されているアイコンの中に未体験のサービスを発見できれば儲けもの。映画といつでも一緒の人生が始まります。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の必須になってくる料金の支払い方ですが、バンクシーの魔術に引っかかる「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。クレカ以外の方法はないのかと知りたい人もいるはずです。Vプリカなどのプリペイド型は、ほとんどのサービスで使用不可の扱いを受けています(個人確認ができないため)。最も有効な代替手段はキャリア決済の活用。月々のスマホ料金等の支払いと一緒に済ませられます。なお、一度すでに登録済みのカードでは初回限定の無料お試しは受けられないので事前にしっかり確認しましょう。

見たい動画をメモしよう
ただの動画配信サイトリンク集ではないフルムビバースでは作品メモ機能があります。いわゆるウォッチリストやマイリストと呼ばれるものです。この作品一覧はプライベートなもので他人に覗かれることはありません。自分だけのノートに活用できます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「Favorite」ボタンをクリックorタップしてください。リストアップした作品の一覧は1つのページにまとめて表示。ドキュメンタリー「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」の動画を円滑に整理していち早くスピーディなゲットを心掛けて視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用している世界中を国境関係なしにつなげていくSNS。映画を見た後にもその感想などをインターネットの海に乗せて語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。リアルを超えた「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」の鑑賞は自分の中で閉まっておくのもいいですが、ちょっと表に出してみませんか。SNSはその格好とステージになってくれます。「そんな自分の駄文をひと様に見せるわけには」「きっと批判されてしまうのでは…」そんな心配は過剰です。どうせみんな好きなように書いていいのですから狼狽えることもありません。誹謗中傷とかでない限り気にすることは何もないのです。もしかしたら映画動画を見てくれるかもです。

その動画サイトは使える?
到達点としての驚きに溢れる「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」をフル無料で余裕鑑賞する方法はあるのか。それは動画サイトの選択しだいだと思っていませんか。「dailymotion」「Pandora」のような利用者数の多さに支えられているもの、「Miomio」「BiliBili」のように中華動画ビックリソースに溢れかえっているもの、「openload」「clipwatching」といったファイルサイズに柔軟に対応するもの。しかし、それらのほぼすべてで違法性高めな動画が蔓延しているのでやめたほうがいいです。検索ページリンクを紹介するだけでも違法になってきたので安易に関与しないように。

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年1月12日時点での『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』をさらに知る

決して素顔を明かさないナゾの覆面グラフィティ・アーティスト、バンクシーの初監督作。ストリート・アートについてのドキュメンタリーを制作し始めたロサンゼルス在住のフランス人映像作家ティエリー・グエッタ。それは予想外の展開を迎える。ティエリーは覆面アーティストで有名なバンクシーの存在にたどり着き、好奇心でできるかぎり作品に密着しながらも取材を始めるが、あまりにもセンスのないティエリーにガッカリする。映像の才能がないことに気付いたバンクシーは、逆にティエリーのドキュメンタリーを自分が監督し始める。

★『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』のスタッフ
監督:バンクシー
音楽:ジェフ・バーロウ、ロニ・サイズ

★『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』のキャスト
ティエリー・グエッタ、スペース・インベーダー、シェパード・フェアリー、バンクシー

★『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の評価

IMDbRTMETA
8.095%??
映画comY!FM
3.8???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の受賞
第83回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

★『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の感想

●『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』FILMAGA 
事実は小説よりも奇なりというけれど、こんな奇想天外な実話があるだろうか。アートについてのドキュメンタリーを撮っていた男がだんだんとアートについて理解したような気になり、ついには俺がアートだ!と言わんばかりにデビューする。ところがどう考えてもそのアートはパクリ。業を煮やした最初の取材対象のアーティストが今度はドキュメンタリーを作り始める。なんだこれである。こんなうまい話があるかと思うが、あるのがアートの世界なのか。
●『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』TOHOシネマズ 
この作品はアートに関わる人間なら必ず見ておいた方がいいです。絵画、文芸、音楽、そして映画、どの世界でも独自のルールの中で、クリエーターたちは自分の創作意欲のままに作品を生み出します。しかし、アートとは何か?という質問の答えは難しいもの。絶対にひとつにはできません。本作はその答えを意外な形でアートをわからない観客に示すのです。アートをここまで痛烈にシニカルに捉えられるのはバンクシーの才能あってこそなのでしょうか。
●『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』ユナイテッドシネマ 
バンクシーを描く作品というか、中年の男、ティエリーの話ですね。こいつがまたとんだ野郎で…。後半なんてバンクシーも観客も唖然ですよ。中々日本ではネガティブな印象を持たれる壁のラクガキも、海外では芸術と捉えられています。それはまだ理解できます。しかし、ティエリー、お前はダメだ。ミスターブレインウォッシュという陳腐なネーミングでアート界へと進んでいく彼。本当にもう…。それにしてもバンクシーはどこまで狙っているのかな。