チョコレートドーナツ

実話から生まれた愛が溢れる感動ドラマ

映画『チョコレートドーナツ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信インフォメーションが勢揃い。
今すぐ『チョコレートドーナツ』を見るなら動画リンクをチェック。

同性愛に対して差別と偏見が強く根付いていた1970年代のアメリカでの実話をもとに、育児放棄された子どもと家族のように暮らすゲイカップルの愛情を描き、トライベッカやシアトル、サンダンスほか、全米各地の映画祭で観客賞を多数受賞したドラマ。製作はトラビス・ファイン、クリスティン・ホステッター・ファイン、チップ・ホーリハン、リアム・フィン。カリフォルニアで歌手になることを夢見ながら、ショウダンサーとして日銭を稼いでいるルディと、正義を信じ、世の中を変えようと弁護士になったポール、そして母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年マルコは、家族のように寄り添って独特の絆をもとに信頼して暮らしていた。温かい家族以上の空間。しかし、それは唐突に終わりを迎えようとしていた。ルディとポールはゲイであるということで好奇の目にさらされ、理不尽な社会の圧力によってずっと愛情を捧げてきたマルコを奪われてしまう。

原題:Any Day Now / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2014年4月19日 / 97分 / 制作:PFM Pictures / 配給:ビターズ・エンド

『チョコレートドーナツ』予告編

(C)2012 FAMLEEFILM, LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『チョコレートドーナツ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
差別や偏見など厳しい社会の問題にぶつかる人間たちの苦悩を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く用いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、どんどん利便性は増して、ユーザー数も増加中です。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも一般的なり、使っていない人は珍しくなってきました。始めるのはいつでも遅くありません。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。無料で試せる範囲に制約はありません。一部の機能のみという限定的な解放ではないので、扱われている動画を自由に選択して自己環境でセルフトライして、使い心地を確認できます。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「チョコレートドーナツ」の鑑賞はダメです。無料で動画が見られるからといってそんなサイトにアクセスしようものなら、自分の知らない間に悪質な手段でリスクを背負わされることになります。視聴をせずにただサイト内で検索しているだけでも、その有害性は全く回避できないので油断なりません。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

配信しているのはコレ!
まさにタイムリーだった公開から時間もホヤホヤの映画から、劇場スルーの隠れシネマ、さらにはクラシックな作品まで、そのカバーは広域です。しかし、サブスクリプション系を含むビデオサービスの多さは尋常ではありません。嬉しさ半分、困惑半分で、初心者ならどうすればいいのか最初の一歩に困ります。「チョコレートドーナツ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。助けをネットに求めているならばこの今まさにあなたが見ているページこそ最適のヘルプ素材となります。「視聴できるかも」という可能性の高いものをスクエア・アイコンで表示して簡易的な道案内になっています。全く夢心地にさせてくれないサイト、全然無料なホームシアターではないサイト、そういう騙しウェブサイトからはさっさと退避するに限ります。フルムビバースは広告ストレス無しです。思いがけない幸せというのは、狙っていた欲しいものが手に入るよりも満足度があったりします。VODだって奇跡の出会いを果たす場になるかも。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。吹き替えは声優を担当した人たちの工夫や独特のアレンジも加わって別の魅力が醸し出されているものも多いです。一方の字幕では文字数の制約上、セリフはかなり省略されてしまうという問題はありますが、俳優の素の演技も楽しめる面白さがあります。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい「チョコレートドーナツ」の面白さの発見につながるかもしれません。

試写も良いけど…
新作映画ほど思わず先走ってでも見たくなるものはないです。海外では先に公開されていたりして、羨ましい限りであり、ウズウズしてきます。そんなときは試写という方法を検討してみる価値はあるかもしれないです。無料で申し込んで運さえよければドリームが叶う。こんなことはまさに貴重な体験。ネットのオンライン試写もあったりするので、面倒だからスケジュールや場所に縛られたくない人もチャンスあり(それでも時間制限がありますが)。無料で見るのですからちゃんと宣伝にも貢献しておきましょう。「チョコレートドーナツ」も試写でこそ。

情報の充実度はピカイチ
数ある同類のサイトの中でもフルムビバースはその名のとおりユニバースするだけの情報量なので使い方も千差万別。ラジオ批評のリンクをまとめているので「あの人」の聴き応えのあるレビュートークもバッチリ確保。映画関連コンテンツは随時補充しており、さらなるボリュームアップも続けてしているのでまだまだ進化している真っ最中。予告PV動画を鑑賞してから映画の雰囲気をざっくりおさえておくのも良し。「トラビス・ファイン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「チョコレートドーナツ」の視聴が済めば、そのままツイートや投稿でどんどん自分の感想を流していきましょう。「動画のこのシーンが良かった」「私はこのサイトで動画を見たよ」という情報はさらなる映画ファンを増やす素材になります。映画関係のハッシュタグも使ってみるのも意外に効果的です。「#映画好きな人と繋がりたい」などの便利なタグがあるので遠慮なく追加していきましょう。

『チョコレートドーナツ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『チョコレートドーナツ』をさらに知る

★スタッフ
監督:トラビス・ファイン
脚本:トラビス・ファイン、ジョージ・アーサー・ブルーム
撮影:レイチェル・モリソン
音楽:ジョーイ・ニューマン

★キャスト
アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイバ、ドン・フランクリン、ジェイミー・アン・オールマン、フランシス・フィッシャー、グレッグ・ヘンリー、クリス・マルケイ、ミラクル・ローリー、アラン・レイチンス、ジェフリー・ピアース、ケリー・ウィリアムズ

★『チョコレートドーナツ』の評価

IMDbRTMETA
7.579%??
映画comY!FM
4.0???4.1
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『チョコレートドーナツ』の感想

●FILMAGA  
同性愛者のカップルとダウン症の少年との物語。愛を描く作品は無数にある。その理由は愛の形が無限大だからだ。そして、このような愛の形を描いた作品を見たのは今作は、間違いなく愛の中でもとくにピュアな愛を描いている。幸せ絶頂のこの3人は一気に奈落の底に突き落とされる。ここまで悲しい結末を映画を観たことはあまりない。これが事実を基に描いているというのも驚きだ。なぜ人は他者の愛を認めないのか、不思議でならない。
●ユナイテッドシネマ 
最後にかけて涙が出てきました。命、本当の愛、幸せについて考えさせられます。この物語は観客がLGBT当事者かどうか、そんなこと関係なしに人の心に響くのなら、この主人公たちの行動は認められるべきものだったということです。内容は少しヘビーかもしれませんが、これが実際にあったということ、今も養子関係で当事者が悩んでいることを少しでも知ってもらえればいいなと思います。この問題は現在も、日本にさえもあるのですから。
●DAILYMOTION 
ほっこりスイーツなキラキラ女子が好みそうなタイトルとは程遠い内容で、タイトルギャップの激しい作品の中でもトップクラスなんじゃないか。もう涙、涙で、ドーナツどころではないです。ダウン症などの障害はたしかに偏見や悪いものだと思われてしまうけど、それは絶対に違う。障害は誰にだってありそれは個性のひとつであること。人と少し違うってことにすぎないってことを、常識としてもっと色んな人に分かってもらいたい。