アクト・オブ・キリング

インドネシアの大量虐殺を加害者視点で描いた衝撃のドキュメンタリー

映画『アクト・オブ・キリング』のフル動画を無料視聴する方法を更新しながらレコメンドしています! 広告ばかりのサイトはお断りです。
今すぐ『アクト・オブ・キリング』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Act of Killing(「アクトオブキリング」) / デンマーク・ノルウェー・イギリス(2012年) / 日本公開:2014年4月12日 / 121分 / 制作:Final Cut for Real / 配給:トランスフォーマー

映画『アクト・オブ・キリング』予告編

(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

動画
▼『アクト・オブ・キリング』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 日本語訳

VOD2 Huluで動画を見る サブスク動画

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『アクト・オブ・キリング』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画を観るなら今はこれ!
世界の知られざる衝撃的な事実を暴き出す作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを上手く用いましょう。インパクトのある作品はいっぱいありますが、ネット配信はそうした動画も揃っているのが魅力。なかなかわざわざドキュメンタリーを借りる人もいませんが、ウェブサイトにアクセスするだけで動画を見れるこのサービスはハードルが低いので気軽に試すこともできます。

「無料」で感謝!
そして大事なことなので簡単な別の出来事で上書きされないように頭に刻み込んでください。無料でこのエンタメ空間に体験入部できるというハッピーな特典です。サービスを無料で満喫で来たら最高なのにと思っている人の願望を叶えるかのごとく、初回に限り、一定の期間を設けて無料であれこれを試せるというサポートが備わっています。「無料であるなら悪い気はしないけど、本当ならいつまで?」「その時間は一体どんなものなのか、まずはそれからかな」と謎に思っているなら、具体的な時間も提示されています。多くは約1か月、短くとも2週間と考えてください。長さは余裕です。「アクト・オブ・キリング」もアリ。

そのサイトは信じられる?
なお、巷に溢れる不正を堂々と重ねるイリーガルな動画コンテンツの利用はただちに停止すべきです。それで「アクト・オブ・キリング」の鑑賞はダメです。そうしたサイトにアクセスして動画再生しようとすると「Adobe Flash」が無効orブロックされているので設定でONにしてくださいと注意文が表示されることがあります。それが丁寧な指示だと誤解して安易に従うのは大変危険です。Flash自体に致命的な脆弱性があるのでその弱点を狙ってくることが目的となっており、攻撃されてしまいます。ベストアンサーはカンニングせずとももう目の前に突き出されているはず。健全な視聴環境の構築が何よりも平穏です。

あなたの選択は自由!
スクリーンデビューした映画もデジタル配信でのカムバックは何年とかかるものでもなく意外に早いので、自分の頭にメモして狙い撃ちをしましょう。ただし、面倒事がゼロならいいのですが、そうもいかないのが困りもの。ユーザーの鑑賞希望作品を配信しているサービスがどれなのか、探さないといけません。「アクト・オブ・キリング」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。できれば最短コースで動画にありつきたいという本音は誰にでもあるはずです。このページでは動画リンク下部に配信中のVODをアイコン表示しているので、すぐに判断できます。凡庸なサイトならば特定のサービスを提示してそれでおしまいという感じですが、こちらではそんな放置は一切行っておらずほぼ毎日アップデートを続け、几帳面に必要な更新を怠っていません。夢心地な使い方を探るまでもない、登録して再生すればあとはもう無料動画的な気持ちのいい湯船につかれます。好奇心を刺激されるでしょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「アクト・オブ・キリング」でもあります。その条件に関しては各VODの公式サイトにて詳細が掲載されているので気になるならば熟読しておくと良いでしょう。基本的には多くのユーザーが保有している機器がそのまま使えるはずです。10年前の端末だとか、よほどの古いものではない限りは平気です。主要なブラウザにも対応していますし、スマホならアプリでラクラクと視聴へのスムーズな移行が可能です。できるのであれば、高画質の方が良いのは当然ですので、自分の持っている範囲で構わないので選択肢の優先順位を決めるのに役に立つでしょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画館劇場サイトや映画データベースサイトを見ているだけだと、配信状況を追いかけるためのチェックには不十分なことがあります。そんなときはこのページの「Favorite」機能で解決です。オリジナルなマイリストを作成でき、他人に見られることのない自分だけのメモ代わりに活用することが可能です。「アクト・オブ・キリング」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの自分の映画体験を支援してくれる機能をフル活用してみましょう。

高評価作品は観る価値あり
「なんとか賞を受賞!」と書いてあったら気になってくるものでしょうか? 私はよくわかっていないのでイマイチ…という微妙さもあるかもですが、それでもプライズに輝く特別な映画はそれなりの観るべき面白さがあると思います。エンタメとしてのシンプルさはないかもでしょうが、未開拓な映画の見方を鍛えるチャンスになるかも。レビューコメンテーターは多様な価値観で芸術を見抜くのでお気に入りの人を見つけましょう。「アクト・オブ・キリング」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に深い寛容性でもって見る価値のある映画に触れることで眩しい新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
「アクト・オブ・キリング」をタダ見したい気持ちはわかります。それでググる人は多いのも知っています。そうすると目につくものも多々です。「dailymotion」や「Pandora」のような定番系、「Miomio」や「BiliBili」のようなチャイナ系、「openload」や「vidoza」のようなシェアファイルリンク系。でもこれらサービスをしれっと推奨するサイトの紹介に耳を貸してはいけません。理由は単純。違法だからです。検索リンクの案内でもやっていることは同じ。あなたが警察のお世話になることになりかねないので今すぐ撤退をしましょう。

『アクト・オブ・キリング』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月26日時点での『アクト・オブ・キリング』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『アクト・オブ・キリング』をさらに知る

1960年代インドネシアで行われた大量虐殺を加害者側の視点から描いたドキュメンタリー。『アクト・オブ・キリング』の製作総指揮にはエロール・モリス、ベルナー・ヘルツォーク、アンドレ・シンガー、ヨラム・テン・ブリンクなどが名を連ねる。60年代、秘密裏に100万人規模の大虐殺を行っていた実行者は、現在でも国民的英雄として暮らしている。それはこの国では当たり前のことであった。その事実を取材していた米テキサス出身の映像作家ジョシュア・オッペンハイマー監督は、当局から被害者への接触を禁止されたことをきっかけに、取材対象を加害者側に切り替えた。英雄視されていることにすっかり慣れているかつての虐殺の主体者は何も恥じることなく語る。映画製作に喜ぶ加害者は、オッペンハイマー監督の「カメラの前で自ら演じてみないか」という提案に応じ、意気揚々と過去の行為をどんどん熱を入れて再現していく。やがて、過去を演じることを通じて、加害者たちに変化が訪れる。

★『アクト・オブ・キリング』のスタッフ


監督:ジョシュア・オッペンハイマー
撮影:カルロス・マリアノ・アランゴ・デ・モンティス、ラース・スクリー
音楽:エーリン・オイエン・ビステル

★『アクト・オブ・キリング』のキャスト


アンワル・コンゴ、ヘルマン・コト、アディ・ズルカドリ、イブラヒム・シニク

★『アクト・オブ・キリング』の評価

IMDbRTMETA
8.295%??
映画comY!FM
3.7???3.7
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『アクト・オブ・キリング』の受賞


第86回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

★『アクト・オブ・キリング』の感想

●『アクト・オブ・キリング』映画無料夢心地
見ていて気持ちの良いものでは当然ない。ラストまではひたすら苦々しさと驚き。まだ世界には人が人を殺したことを嬉々として語る場所が数えきれないほどあるんだな、そして加害者は家族と幸せを享受して何一つ不自由なく平和に暮らすのだな…と鈍い絶望感をひたすら押し付けられる生々しさだった。しかし、これを対岸の火事として眺めていいのだろうか。この虐殺に当時の日本政府だって批判すらもせず、黙認だったのだから。私たちだって同じだ。
●『アクト・オブ・キリング』TOHOシネマズ 
虐殺を実際に指揮、実行してきた老人たちのドキュメンタリー。正式な取材では、インドネシア軍部から妨害されたため、プロパガンダ的な映画を制作する前提で許可を取り、その映画撮影の合間で首謀者たちにインタビューを敢行し、まとめた過激な問題作だ。エンドロールの「匿名」の多さには本当にびっくりする。関わったスタッフたちの覚悟が伺える。この世にはパンドラの箱のような歴史が存在するのだ。映画がそれを切り開くのは意義深い。
●『アクト・オブ・キリング』DAILYMOTION  
見ていて不快になる。けれども目を背けてはいけないものがここにはある。この作品はカメラの前で演じる事、それによる変化を追ったドキュメンタリーでもある。笑顔で話してた英雄譚が、ヒーローのはずの自分たちが、カメラを通すと残虐で醜い悪者に様変わりして変化している。それに対して頭をひねる彼らはなんと滑稽で、皮肉だろうか。世の中には自分が絶対に正しいと思って疑わない人がいる。でも、それは違う視点で見れば違ってくるものなのだ。