アバウト・レイ 16歳の決断

突然の公開延期から2年、ついに日本で公開

映画『アバウト・レイ 16歳の決断』のフル動画を無料視聴する有用な方法を、広告に覆い隠されることなくピンポイントで紹介。
今すぐ『アバウト・レイ 16歳の決断』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:About Ray / アメリカ(2015年) / 日本公開:2018年2月3日 / 92分 / 制作:Big Beach / 配給:ファントム・フィルム

映画『アバウト・レイ 16歳の決断』予告編

(C)2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

動画
▼『アバウト・レイ 16歳の決断』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 一時停止可

VOD2 Huluで動画を見る スマホ可

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『アバウト・レイ 16歳の決断』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及度はピカイチ!
いろいろな困難や悩みを抱えながら懸命に前に進もうとする人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもこれまでのスタンダードでしたが、今はネット配信が主流になりつつあります。外出先で視聴するならスマホが使えますし、ながら作業をしながら観るならパソコンもOK。テレビやタブレットも使えるのでお好きに選択可能。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今すぐお金を工面できないし…」とモヤモヤしているなら、フリー体験で最初の導入を助けてくれるので初めは安心です。さすがに役に立つというのは宣伝で散々言われても、結局は自分しだいなところもあります。無料で初回期間だけ試せるというのであれば、大きな不安も取り除きやすいです。「私は不慣れなので全然理解不能でお手上げにならないかな?」「初心者だから何もかも不明になってくるのだけど」と不安な気持ちをモヤモヤさせる必要はありません。アカウントをスタートで作成するステップも特別な知識なくすぐさま終えられます。ゲイビー・デラル監督の「アバウト・レイ 16歳の決断」もアリ。

信頼以前の問題です!
なお、巷に溢れる大きな問題が満載なイリーガルな動画サイトはシャットアウトしましょう。ナオミ・ワッツ主演の「アバウト・レイ 16歳の決断」もダメです。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。堤防なんてものはないのです。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。動画共有サイトなんて代物は動画への注力もたいしてなく、とりあえず動画広告で稼ぐだけの場所なので期待するだけ無駄です。

配信しているのはコレ!
旧作ばかりの古臭い顔ぶれではないです。比較的新顔な新作や準新作もありますし、劇場公開されなかった作品も陳列中です。ところがどっこい、光陰矢の如し。VODも配信状況も激流のごとく変化してしまうので、今の時点で何が配信中なのか、情報を追いかけるのは普通にすれば苦労ばかりで至難の技です。エル・ファニング出演の「アバウト・レイ 16歳の決断」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。悩んでいる時はこのページ内の中央部にある動画リンクをチェックしてください。余計なランキングサイトなどの無関係ページへのリンクが紛れ込んでいることはありませんのでご安心を。取り扱っているVODの多さには自信があります。最新のものから昔からあるものまで、その数は10種類を超えており、ほぼコンプです。絶対の配信を確約するものではないですが(今日にも変化したりするのであまり安心して情報提示もできません)、事前にサイト内で確認しておけば失敗を軽減できるので大丈夫です。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際のファーストステップになる料金の大事な支払い方ですが、スーザン・サランドン出演の「アバウト・レイ 16歳の決断」を見たい気持ちをまずは抑え、必要な情報入力を進めましょう。クレジットカードは基本的に各社に対応していますが、プリペイド型は非対応なことが多いです(個人確認ができないため)。それをしっかりわかっていないと時間を無駄に過ごします。キャリア決済対応済みのものもあるので、スマホ料金と一緒に一括で支払うことが可能で、選択肢になります。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

支払い方法は?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、大人の事情があるものなので余裕をもって対応していくしかないです。テイト・ドノバン出演の「アバウト・レイ 16歳の決断」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのがあなたの立場がどうであれ一番思い残すこともないベターな安全策です。

ホーム鑑賞のご提案
どこでリンダ・エモンド出演の「アバウト・レイ 16歳の決断」を見るか。それは欠かせない懸念事項。外に出られないシチュエーションも発生します。健康的な問題で体力がないので出歩きたくない人。育児で手が離せない親たち。外出自粛で規制がかかってしまうこともあります。でもネット動画を味方にしていれば何も怖くありません。リビングやベッドの上、ソファに寝転がって、あなたの好きな体勢で自由に動画を鑑賞できるのです。フル動画なので映画館と同じですし、無駄な待たせ時間もないですから、シアター以上に手軽かもしれません。暇な時間を作らせません。

その動画サイトは使える?
感情豊かなヒューマンドラマ「アバウト・レイ 16歳の決断」を無料で観たい? そんなときはネット検索をすると思いますが、何が見つかるでしょうか。そこで発見できたものを迂闊に信用してしまうのは中止してください。例えば「dailymotion」、はたまた「Miomio」、さらには「openload」「mixdrop」「clipwatching」。こういうものは紹介ページがたくさんヒットするかもしれません。でも実際は不正コンテンツ表示の宝庫になっていることもあって、それを知らないふりで推奨しているような薄情なサイトはとてもじゃありませんが絶対に関与するべきではありません。

『アバウト・レイ 16歳の決断』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年4月7日時点での『アバウト・レイ 16歳の決断』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『アバウト・レイ 16歳の決断』をさらに知る

トランスジェンダーの主人公をエル・ファニングが演じ、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンらの豪華キャスト共演で家族との絆や葛藤を描いたヒューマンドラマ。『アバウト・レイ 16歳の決断』の製作総指揮はナオミ・ワッツ、ピーター・パストレッリ、リア・ホルツァー、ダニエレ・メリア。ある日、身も心も男性として生きたいと告白し、そのためにホルモン治療を受けたいという16歳のレイ。それは覚悟の上だった。突然のことに動揺を隠しきれない母マギーは、不安を打ち消すかのように近所に住む青年と一夜を共にして、現実から逃げる。一方、すでにレズビアンであることをカミングアウトし、パートナーと暮らしている祖母ドリーは、その自分の人生の岐路に立っているレイの決断を密かに応援していた。努力を重ね、少しずつ自分らしく生きていくレイを見て意を決したマギーは、自分でも選択をする勇気をもらう。ホルモン治療の同意書にサインをもらうため、レイの父親である元夫に会いに行く。

★『アバウト・レイ 16歳の決断』のスタッフ


監督:ゲイビー・デラル
脚本:ニコール・ベックウィズ、ゲイビー・デラル
撮影:デビッド・ジョンソン
音楽:マイケル・ブルック

★『アバウト・レイ 16歳の決断』のキャスト


ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、テイト・ドノバン、リンダ・エモンド、サム・トラメル

★雑学(トリビア)


・日本では2016年1月22日から公開を予定していたが、製作国であるアメリカでの公開が無期延期となり、それを受けて日本での公開も中止となった。

★『アバウト・レイ 16歳の決断』の評価

IMDbRTMETA
5.732%47
映画comY!FM
3.4???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『アバウト・レイ 16歳の決断』の感想

●『アバウト・レイ 16歳の決断』FILMAGA 
邦題は「アバウトレイ(レイについて)」なのですが原題は「3 generations(3世代)」なんですよね。つまり何が言いたいかというと邦題ではエルファニングが演じるレイに焦点を当てた映画になるけれど、本当はレイの母親と祖母も主人公であるということです。これがとても重要なポイントで、物語の鍵になってきます。単なるヒューマンドラマに見せつつ、アメリカのトランスジェンダーに関する法律への問題提起もある社会派的な内容にも注目です。
●『アバウト・レイ 16歳の決断』TOHOシネマズ 
エル・ファニングが性同一性障害の役を演じるということで注目された一作。日本でもすっかりファンも増えましたし、大活躍ですよね。本作は、レイの性自認という話題をきっかけに、自分のあり方や家族のあり方を見つめ直し、お互いを認め合っていく人々の健気な姿を、決して重く描かずシンプルに優しく映し出していきます。トランスジェンダーなどのLGBT部分が表面上は目立ちますが、あくまで本質は家族の話。気軽に観られます。
●『アバウト・レイ 16歳の決断』109シネマズ 
この映画はアメリカ公開時には論争を巻き起こした作品となっている。監督の主人公レイに対する発言が、実際のトランスジェンダーの人たちから反感を買い、批判を受けたのだった。この点だけを取り上げるならば、監督はLGBTのコミュニティの気持ちへの理解が欠けていたのかもしれない。やはり、LGBTを安易に題材にするのはよくなく、しっかり理解していることが大事だということを証明する一例になった。映画自体はとても丁寧なつくりなのだが。