そこのみにて光輝く

愛を捨てた男と、愛を諦めた女

映画『そこのみにて光輝く』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『そこのみにて光輝く』を見るなら動画リンクをチェック。

芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の唯一の長編小説を、綾野剛と池脇千鶴の共演で映画化。呉美保監督がメガホンをとり、愛を捨てた男と愛を諦めた女の出会いを描く。エグゼクティブプロデューサーは前田紘孝、プロデューサーは星野秀樹。仕事を辞めブラブラと過ごしていた佐藤達夫は、態度は粗暴だが性格は人懐こい青年・大城拓児とパチンコ屋で偶然に知り合う。妙に愛嬌のある男との出会いで、いつの間にか流されるようについていくと、そこには家が。ついて来るよう案内された先には、取り残されたように存在する一軒のバラックで、全く動けずに寝たきりの父、その世話に追われる母、水商売で一家を支える千夏がいた。そこは社会の華やかさのない、片隅。世間からさげすまれたその場所で、ひとり光輝く千夏に達夫はしだいに自分でも驚くほどにひかれていく。しかしそんな時、ある事件が彼らの人生を揺れ動かす…。

原題:そこのみにて光輝く / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年4月19日 / 120分 / 制作: / 配給:東京テアトル

映画『そこのみにて光輝く』予告編

(C)2014 佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】高画質
VOD2【Hulu】良質環境
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Paravi ▼Paravi(登録月無料)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る
FOD ▼FOD(1か月)
 今すぐ見る

▼『そこのみにて光輝く』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心をかき乱されるドラマを!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら助け合いつつ生きていく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも便利で、今すぐに観たいときは最高の手段です。家にテレビやパソコンがない人も最近増えてきましたが、スマホでアプリをインストールすればいつでもどこでも見られるので安心できます。

「無料」ですよ!タダ!
「利用は料金が発生するし…」と考えても冷静に思案してみてください。これ以上のお得さは無いです。なぜなら無料お試しがあるのです。節約は生活の欠かせない知恵。動画鑑賞もその範疇に入ります。できれば便利なのでお試しから入りましょう。なにか制約があるのかと思うでしょうが、これは誰でも(ビギナーのみ)体験できるものです。「必ずそうするとは限らないけど無料中で解約はできますか?」この疑問は頻出するもので、本音はずっと使ってほしいですが、それでも止めたいのならば阻むことはできません。臨機応変、自由に可能です。「そこのみにて光輝く」も配信中。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「そこのみにて光輝く」の再生はダメです。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。これは全員の意見が一致するところだと思いますが、どんなに見たい動画でもそれで自分に大損害が生じたら心底嫌でしょう。

配信しているのはコレ!
今はDVDやブルーレイなどのディスクよりもデジタル・レンタルやセル販売の方がいち早く見られたりします。「好きこそ物の上手なれ」というべきか動画が見たいなら試さずにはいられませんが、好きの気持ちが爆走する前に配信状況の確認だけはうっかり忘れしないように。「そこのみにて光輝く」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「もっと簡単に今の配信中のVODがわかる一覧ページを用意できないか」と考えて作られたのが、この今あなたが見ているコレです。アイコンを視認するだけなのでラクチン。本サイトは「ユニバース」がモチーフになっているサイト名ということもあって、各映画情報が複合的に寄り集まっている、ファン・ライクな場所です。既存の無料ホームシアター的な体験をさらなるグレードアップさせる、オンライン無料動画のオフィシャル体験ができる機会です。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「そこのみにて光輝く」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。自分は無料お試しを使いたいだけという人も、最初の登録段階で支払い関連の入力は必須です。その理由は、同一のユーザーが複数アカウントを作るのを防止することや、ちゃんと支払い可能なユーザーであると証明することなどの事情があります。必須項目としてクレカ情報を入力したとしても、初回利用者ならすぐに請求になるわけではないので変に不安にならなくても大丈夫です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画の数は無限大でどうしても目移りしてくるものです。あれも観たい。これも観たい。それもいいな。そんな魅惑の作品のオンパレードに心を奪われて忘れてしまう前に、とりあえずリストアップしましょう。「Favorite」をチェックすれば、後々またページにたどり着きたいときに検索しないで済みます。「そこのみにて光輝く」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

フェアにオススメします
VOD紹介サイトはアフィリエイト広告を利用して特定のサービスだけに誘導するものもよくあります。しかし、それではユーザーが本当に吟味することはできず、ただただ流されていくだけになってしまい、不誠実な状況です。そこでこのフルムビバースでは基本は配信中のVODを対等に取り扱い、意図的な収益目的の選択肢のないリードはしていません。個人の選択の自由を最大限尊重しています。単純に「そこのみにて光輝く」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高評価作品は観る価値あり
「あれもしたい、これもしたい」という多忙なあなたは映画を手当たり次第に鑑賞するような膨大な時間はないかもしれません。選別する必要が生じます。ならば受賞作など評価の高さを目安にすると最も的確に得をできるでしょう。「え~、そういう映画は小難しいのじゃないの?」そんな変に考えすぎることはないのです。自分の思ったように映画を受け止めて気持ちを表現すればいいだけ。個人的なランキングでも作りませんか。「そこのみにて光輝く」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『そこのみにて光輝く』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月22日時点での『そこのみにて光輝く』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Paravi」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」「FOD」です。

▼『そこのみにて光輝く』をさらに知る

★スタッフ
監督:呉美保
脚本:高田亮
撮影:近藤龍人
音楽:田中拓人

★キャスト(キャラクター)
綾野剛(佐藤達夫)、池脇千鶴(大城千夏)、菅田将暉(大城拓児)、高橋和也(中島)、火野正平(松本)、伊佐山ひろ子(大城かずこ)、田村泰二郎(大城泰治)

★『そこのみにて光輝く』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.8???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『そこのみにて光輝く』の受賞
第6回TAMA映画賞で最優秀女優賞(池脇千鶴)と最優秀新進男優賞(菅田将暉)を受賞。

★『そこのみにて光輝く』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ 
登場人物がみんな深い闇を抱えていて、鬱になりそうな位の重厚な暗さを醸し出していました。そんな暗い生活で、どん底にいる者同士が出会うことで生まれた一筋の光。それは永遠には続かないかもしれない。それでもそこにすがりつくしかないのかな。役者の演技からも、緊迫や切なさ、不快感、やるせなさ、心が削られていく様子が、ひしひしと伝わってきて、辛くなった。何気ない動作から自然に物語を展開させていく監督の手腕が垣間見れます。
●BILIBILI  
名場面が多すぎて記憶の中に次々と埋まっていきます。お気に入りのシーンは終盤10分くらいでしょうか。青年が主人公の家に押しかけた時に主人公がひとしきり殴った後に優しく、また力強く背中をさするシーン。全てを悟ったように抱きしめる姿に人生が詰まっているようでジーンときました。あとはほんとに本当のラスト。青年の姉と主人公が海辺をとぼとぼと歩くシーン。どうしようもない現実の虚しさで未来を思って胸を打たれました。
●TOHOシネマズ 
こういう映画の良さを言語化するのは難しいが、ラスト数十秒から涙腺が緩み、タイトルが出た瞬間号泣した。函館の街で貧困層の暮らしを描く。生活の様子や身なりなど、細かい点にリアルが表れていて、役者の演技もそれを助ける。函館といえば観光地。華やかな場所はいくらでもある。しかし、この映画はそれらを一切映さない。国内だけでなく世界の映画賞を受賞している作品なだけあって、心を震わす素晴らしい一本。ぜひ見てほしい一作だ。