奇跡(2011)

家族はいつも一緒とは限らない

映画『奇跡』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『奇跡』を見るなら動画リンクをチェック。

世界に評価されている是枝裕和監督が、2010年3月の九州新幹線全線開通に沸く九州を舞台に描く家族ドラマ。どこかでつながりを求めている子どもたちが日本にいる。主演は、兄弟お笑いコンビ「まえだまえだ」の前田航基と前田旺志郎。両親の離婚で鹿児島と福岡に離れて暮らす兄弟が、その暮らしをつなぐことになる新幹線の全線開通をきっかけに、バラバラになった家族を取り戻そうと少しだけ勇気を振り絞って奮闘する姿を描く。共演に夏川結衣、阿部寛、原田芳雄、樹木希林ら是枝作品の常連が顔を揃える。

原題:奇跡 / 製作:日本(2011年) / 日本公開:2011年6月11日 / 127分 / 制作: / 配給:ギャガ

映画『奇跡』予告編

(C)2011「奇跡」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】スマホ可
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『奇跡』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心を動かされるドラマがある!
心温まるヒューマンドラマを見たいのであれば、動画配信サービスを活用してみるのはどうでしょうか。現在も利用者が増加傾向にあり、アンケート調査では6人に1人が利用しているデータもあるほど、身近なツールとなりました。今後もさらなる普及が推測されています。まだ利用していな人はぜひこの機会に考えてみませんか。しかも、無料お試し期間があるので、いきなり料金を支払って、やっぱり自分に合わなかった!とがっかりするようなことは起こりません。じっくり本当にこれは自分にぴったりかどうか評価することができます。もちろん、その間は映画動画を無料で視聴できるわけです。では自分の見たい作品を扱っている動画配信サービスはどれなのか。それを判断するときはぜひこのページを活用してください。配信状況を整理し、配信中のサービスを表示して案内しています。他サイトと違って、情報の更新をしっかり行っているので、情報の鮮度が高めです。それでも配信は流動的なので、最終的には動画サイト上でチェックする作業が必要になりますが、確認のステップが大きく減少することができるでしょう。

「無料」で感謝!
耳より情報はここからです。初心者を救いだす無料のサービスお試しプレゼントはクリスマスよりも嬉しい届け物です。何が起こるかもわかりません。おカネを浪費するのは避けたいところです。安さを求めるのはみすぼらしくないです。そんなあなたが無料お試しを使うというのは最適なチョイスではないでしょうか。「無料といっても期間が短時間なら意味はない」と心をソワソワしなくても大丈夫。動画を見るうえでも必要である時間以上に、それこそ何作も見られるほどの日にちの余裕があるので吟味可能です。

危ないでは済まされない!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「奇跡」の再生はダメです。「動画が見られるならばそれでいいや」と考えているなら地獄を見ます。何気なく動画を再生しようとすれば、まずは広告が表示されます。次にその広告から思わぬかたちで個人情報の入力を求められます。情報を差し出さなくても、視聴機器に負荷をかけてきます。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

使うべきはどれ?
「なんでもいいからとにかく見たいので、無料のチケットにダッシュしようかな」その心意気こそが大事な勇気です。これであとは一直線にアクセル全開で突き進むだけなら良いのですが、思わぬカーブがあるという注意標識が。それはVODの選択問題。道は何十通りにも分岐しているのです。「奇跡」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。薄ぼんやりと考えていても一向にらちが明かないので、このページでサクッと解決しましょう。配信中の可能性高めなVODをアイコンでリスト化。情報はこちらで公式から目視確認したものを材料にしています。「とにかくこのVODだけ使っていればいいんだ!」とうるさく押し付けることはしません。ユーザーの気持ちを第一にフラットに情報整理しています。「見慣れないサービスがあるなぁ」という人はむしろラッキーです。そういう初利用の状態ならば、特別な無料視聴のビックチャンスです。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの特化型機能として、作品ごとに配信可能性の高いVODを一覧表示できます。類似のサイトは数多とありますが、どれも情報鮮度や種類が欠けていることが多いです。こちらは全体的な充実度はハイボリューム。特定のサービスをピックアップして今日の気分に合わせて映画を探すのも図書館感覚でワクワクするものです。魅力が短い映像に詰まったトレイラーを見たり、感想コメントを読むのも良し。「是枝裕和」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。素人考えだとフィルタリングでじゅうぶんな効果がありそうですが、これはただのブラックリストなのでどんどん新設される危険サイトの増殖に追い付けません。ブロッキングもドメインを変えられると意味がないです。そこで正規サービスを推薦して定着させるのが重要。VODはまさに適役。不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「奇跡」合法視聴方法を拡散しましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。その解約が「完了するまでの作業が複雑すぎる」「退会ページを発見しにくい」といったデメリット的落とし穴があるのではと警戒したくなる人もいると思いますが、問題ないです。もしそんなサービスがあるとしたら当の昔に行政指導されるような事態になって炎上してしまいます。少なくとも今はかなり退会に関してはシンプルな構成になっているので安心です。アカウントを削除するのも一瞬で終わります。利用を再開するのも容易なのでカジュアルです。

俳優好きにも必須
俳優の姿にキャーキャーと黄色い悲鳴を上げるのも映像コンテンツの醍醐味であり、ついつい夢中になってしまうこと。あんなドキドキのセリフ、刺激的な仕草、目線の動き、大胆な熱演、メロメロな愛嬌…全てがご褒美になる嬉しい大サービスです。VODは俳優出演作の抽出ができるので、イチオシをプッシュするのもラクです。「橋本環奈」の演技を見たいでしょう? ファンであれば出演作品を全部おさえてみたいと思うのは自然な気持ちです。しかしそれを実現するには莫大な労力とおカネがかかる。だったらVODでまとめ見です。

『奇跡』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月27日時点での『奇跡』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『奇跡』をさらに知る

★スタッフ
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
撮影:山崎裕
音楽:くるり

★キャスト(キャラクター)
前田航基(大迫航一)、前田旺志郎(木南龍之介)、林凌雅(福元佑)、永吉星之介(太田真)、内田伽羅(有吉恵美)、橋本環奈(早見かんな)、磯邊蓮登(磯邊蓮登)、オダギリジョー(木南健次)、夏川結衣(有吉恭子)、阿部寛(坂上守)、長澤まさみ(三村幸知)、原田芳雄(山本亘)、大塚寧々(大迫のぞみ)、樹木希林(大迫秀子)、橋爪功(大迫周吉)

★『奇跡』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『奇跡』の感想

●FILMAGA
長男と次男の性格の違いが親の都合で別々の生活を余儀なくされた時にそれらにどう向き合っていくのかが子供時代のエピソードを通して描かれた微笑ましい秀作だと思います。是枝監督が九州新幹線で映画撮りません?というオファーを最初は渋りつつ作り上げだというこの映画。個人的には大人は考えない事の方が多いというかおとなには色々見えすぎて考えるのが面倒になってくる。それをすっきりさせてくれるような優しい映画だった。
●映画無料夢心地 
是枝裕和監督の才能をまざまざと見せつけられました。この子役の演技を自然に引き出す力。日本映画史上トップクラスだと思います。大人が子供の話をするとついつい無邪気さとか、ピュアさがクローズアップされがちだけど、この映画ではその純白さではなくて、そこに色が付くまさにその瞬間をこそ最も尊いものとして描いているのが本当に素晴らしい。是枝裕和監督による「家族」をテーマにしたドラマのなかでも私のなかではベストだ。
●BILIBILI  
なぜこの都合の悪い世界はこうも美しいのかという事を子供の視点を通して描かれた驚異的傑作でした。視点を子どもにしているので、その描き方は独特ではあるのですが、それゆえに「ああ、この日本社会もこんな風に見えるんだ」という発見がありました。楽観的で現実的な弟と真面目で不器用な兄の対比がじわじわくるし、あとは橋本環奈が抜群にロリ全開なのも、なんだか今となっては新鮮な気もする。もうこの子たちもすっかり成長したな…。
●MOVIX
本当に人生の1ページを切り取ったみたいな映画。大人になったらそんなこともあったなとうっすら思い出すだけだけど、子どものときはそれが全てだった。人生を埋め尽くす出来事だった。そんなことがあったのだ。是枝監督はどんなテーマでもお涙頂戴にしないで、適切に距離をとるのが素晴らしい。後半の和製「スタンド・バイミー」には無条件でワクワクしたし、隠れた名作として永遠に語り継いでいきたい作品になったと思う。