マージン・コール(2011)

ウォール街崩壊、緊迫の24時間

映画『マージン・コール』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『マージン・コール』を見るなら動画リンクをチェック。

2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を金融マンたちの視点から描いた社会派サスペンス。製作総指揮にはカシアン・エルウィズ、ローラ・リスター、ジョシュア・ブラム、カーク・ダミコなどが名を連ねる。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエリックは、意味深な言葉と共に後輩のアナリスト、ピーターにUSBメモリーを託す。そのときはさっぱり理解できなかったが、その晩、USBメモリーに記録されたデータを調べたピーターは、会社倒産にも繋がる衝撃の事実を知る。

原題:Margin Call / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開:2012年2月(DVDスルー) / 106分 / 制作: / 配給:

Margin Call Trailer

(C)2011 MARGIN CALL PRODUCTIONS LLC and MARGIN CALL LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『マージン・コール』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
社会を映し出す鏡となるサスペンス映画は、単純にエンタメ以上の面白さがあります。そんな作品を観たいときにオススメなのが動画配信サービスです。パソコンでも、スマホでも、テレビでも、あらゆる媒体で視聴できる便利なサービスであり、利用者も急増中。手放せなくなったという高評価も多数聞かれます。しかも、無料のお試し期間が設定されているので、自由に動画を見ながら、サービスの雰囲気を味わうことができます。タダで動画を見られるわけであり、当然、合わないと判断すれば利用を停止すればいいだけです。そんな動画配信サービスはたくさん存在し、自分の見たい作品がどれで扱われているのか、一見するとわかりにくいものです。そこでこのページでは、配信しているサービスを整理しています。紹介しているVODを参考に、該当する動画リンクをチェックしてみましょう。未利用者であれば、動画を無料で視聴するチャンスです。

「無料」はやっぱり魅力的!
元気が出るのはこの情報を知ってから。あなたは初めての方ですか? ならば1度限りの無料トライアルをお試しあれ。「登録してみたはいいものの、いざ使ってみると自分のパソコンでは上手く利用できずに困った」そういう事態を防ぐためにも、無料お試しは石橋を叩いて渡るように使えます。「映画を浴びるように見て夢心地になりたいけど」そんな願いも案外叶うものです。始めてみればドハマりしてしまい、何もない休日はひたすら映画やドラマを見っぱなしだった人も。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「マージン・コール」の鑑賞はダメです。恐ろしい体験談をした人は数知れず。例えば、ただ執拗な広告なんて無視すればいいと思っていてもそうはいきません。サイトにアクセスしているだけで裏では正体不明のプログラムが動作し、PCなどの機器に異常な負荷をかけてクラッシュさせてきます。せっかく便利で有能なフルサービスがあるのですから、自分の足元を腐食させるような存在に乗っかるべきではありません。

あなたの選択は自由!
すでにネット上でのデジタル動画配信が盛んに始まっている場合は、もしかしたらとVODを覗いてみる価値はあるでしょう。でもVODの数を知っているでしょうか。2つ、3つではないです。それこそ新サービス展開が続いているためか、配信作品の変動が凄まじく、把握は熱心なマニアでも追いきれません。「マージン・コール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは視聴可能なVODをこのページで要チェック。いきなり何も考えずに登録するよりも、まずはおおまかな配信状態を認識しておくと「しまった!」と後悔する事態を回避できます。本サイトは「ユニバース」がモチーフになっているサイト名ということもあって、各映画情報が複合的に寄り集まっている、ファン・ライクな場所です。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

お試し無料はいつまで?
絶対に記憶必須なのが無料お試し期間がどれくらいなのかというタイムスケール。例として、登録した日から1か月という場合と、登録した日の月の月末という場合があり、これは似て非なる全く別のものです。後者であれば上手く登録日を考えないと最悪2~3日ということになりかねないので、大事な無料体験期間が無意味に大幅に減って「マージン・コール」を雑に流してしまいかねないのです。要するに何か無駄にしたくないのならばあなたは考えるべきです。どの動画を見たいのかを。まずは見てみたい作品を上位10作くらい挙げてみましょう。

邪魔な広告は無し!
リーチサイトの中には危ないサイトへ誘導するものがあります。そこは危険だらけ。「Download」や「Watch」などわざとクリックを誘う紛らわしい表示を混ぜ合わせた、非常に悪意のあるコンテンツが満載で、気をつけていても罠に嵌ることがあります。対して、フルムビバースではクリーンな構成を心掛け、「マージン・コール」視聴を妨げません。このサイトを見渡すとわかるでしょうが、明らかに広告量は少ないです。とくにスマホにありがちな追尾型のバナーやタップ連動型、画面変移型のうざったいものはゼロなので、嫌な思いをせずに済みます。

無料動画サイトとの違い
従来、無料で動画を見る手段といえば、スタンダードにセレクトされるのが動画サイトの存在。それを知らない人はいません。しかし、大手の巨大サイトでもツギハギだらけのボロ鞄のように穴がいっぱい生まれます。例えば、詐欺に近い質の低い動画コンテンツが溢れ、しかもそれが削除対応が追い付くことなく放置されています。かなり数は減ってきた方ですが、いまだに不正サイトへの誘導が目的のテキスト動画もしぶとく残っていたりも。VODはそれらの心配が一切ない、「マージン・コール」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「解約」というワードだけを聞くと小難しい印象を与えますが、実際は遅くとも1分程度で終わる、とても簡単な作業。まずは退会ページにいきます。各サービスによって場所は異なりますが、たいていはユーザーのアカウント設定内にあります。続いてパスワード入力であらためて本人確認。あとは「契約を解除する」を選択でフィニッシュ。追加で軽いアンケートなどが表示されることもありますが、無視してもOK。もうこれで作業はいらないので一瞬です。

『マージン・コール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『マージン・コール』をさらに知る

★スタッフ
監督:J・C・チャンダー
脚本:J・C・チャンダー
撮影:フランク・デマルコ
音楽:ネイサン・ラーソン

★キャスト
ケビン・スペイシー、ポール・ベタニー、ジェレミー・アイアンズ、ザッカリー・クイント、ペン・バッジリー、サイモン・ベイカー

★『マージン・コール』の評価

IMDbRTMETA
7.189%76
映画comY!FM
3.0???3.5
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『マージン・コール』の受賞
第84回アカデミー賞で脚本賞にノミネート。

★『マージン・コール』の感想

●FILMAGA 
リーマンショック前夜を描いた作品。サブプライムローンから起こるマネーゲームの暴走の顛末。それを知っている人も知らない人もこの作品を見る価値はあると思います。ただやっぱり事前知識はある方がないよりはいいですけどね。シリアスなマネー・ゲームをドキュメンタリー・タッチで描くJ・C・チャンダーの手腕は評価すべきでしょう。ハリウッド映画的なドラマチックな要素はほとんどなくひたすら熾烈なパワー・ゲームの緊張感が息を呑みます。
●シネマトゥデイ 
日本で未上映というのが悲しい。日本だっていつこんなことが起こるかわからないのに。関心がないのだろうか。それこそいいカモになるだけなのだが。そういうことがわかる作品。証券取引の薄汚さ、馬鹿馬鹿しさ、空虚さを語りつつもどこかセンチメンタルなのは物語の象徴になっているサムの愛犬のせいかあるいは。ただ、資本主義を批判するだけではなく金融マンの苦悩や社内の立場の違いも見られるなど多角的な視点も魅力の映画といえるだろう。
●ユナイテッドシネマ  
「土壇場で人間が恐れるのは死ではなく、死を選ぶ自分だ」これは人間の欲深さがこれ以上ない醜悪さでこぼれ出た恐怖の一作でした。ドキュメンタリータッチで、淡々と話が進むので退屈かもしれませんが、これが逆に恐怖を煽るからさらに不気味。サブプライムローンが破綻し、世界経済崩壊へのトリガーが引き絞られるまさにその瞬間。金融業界の食物連鎖と経済システムを乗りこなしているつもりが、実はそれはただの歯車に過ぎないという現実が…。
●VUDU
劇中のセリフにもある「ちょっと数字をいじるだけで100億の給料をもらっていた」人達を描く。日々の生活で残業までしていっぱいいっぱいになりながら稼いでいる私たち凡人にはあまりにもこの人物たちの世界が別次元すぎる。でも実在するのだ。より上の立場の人間程、より人間性を失っていて、より金の亡者。そう、世界は上位ほど狂っている。そいつらが社会を支配してコントロールしている。この世界が嫌いになる恐ろしい映画だった。