ダークナイト(2008)

バットマン史上最悪の敵、ジョーカーに勝てるのか!?

映画『ダークナイト』のフル動画を無料視聴する方法を、適度に情報更新しながらプレゼンテーション。
今すぐ『ダークナイト』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Dark Knight / 製作:アメリカ(2008年) / 日本公開:2008年8月9日 / 152分 / 制作:Warner Bros. Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億8500万ドル / 興行収入:10億ドル / 前作:『バットマン ビギンズ』 / 次作:『ダークナイト ライジング

ダークナイト 映画予告編

TM & (C) DC Comics (C) 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】完全フル
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ダークナイト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

あの話題作もバッチリ!
公開当時はセンセーショナルな話題となって世界的に熱狂を巻き起こした作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスをうまく活用しましょう。ネット配信はウェブサイトにアクセスするだけで動画を見れるということもあって、レンタル店でDVDを借りるのとは全く利便性が違います。シリーズものを一気見しておさらいするのも簡単で、たいていは一挙配信していることも多いです。

「無料」はやっぱり魅力的!
「無料でお試し券が欲しい人は集まってくださ~い」そんな呼びかけは冗談にしても初回特典は多くのサービスで用意済みです。なるべく財布に優しいサービスを利用するの方が良いのは自明です。おカネが節約できれば、より多くの映画を観ることもできて、ユーザー側もクリエイター側も嬉しいですし、みんな幸せで両者両得。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。「ダークナイト」も配信中。

戦慄の怖さは回避して!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ダークナイト」の視聴はダメです。「違法性とかいう話はわかるけど何かそれ以外で問題はあるのですか?」そういう人には「おおありです」とお答えします。修繕できない不可逆的なダメージ・アタックも多いですし、リスト型攻撃の標的材料になる個人情報搾取の足掛かりにされることも。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

いちはやくウォッチ!
「私の中の鑑賞感情がムズムズと沸き上がってきた!」そうなったら我慢する方が自分の健康に悪いというものです。しかし、配信中のVODの存在は五里霧中というか、とにかくわかりにくいです。サイト内で確認はできますが、数が多すぎるので追い付かないという現実的な壁にぶちあたります。「ダークナイト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。VOD自体が明快に配信通知システムを広く展開してくれると嬉しいのですが、現実的に厳しいので、まずはこのページで配信確認を補助して視聴の準備に使ってください。もちろんこのサイトは何も登録は求めません。世の中にはサイトなど何億何兆とありますが、このフルムビバースは安全かつ対等な動画紹介に特化しており、どんなユーザーも不正広告等には導いたりはしません。早起きは三文の徳と言いますが、VODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

あなたはどっち派?
外国の映画を見るうえでの、こだわりポイントになるのが「字幕or吹替」論争。「字幕だったら本来の俳優のセリフも聞けるし、残念な吹替リスクがないので、一番安定している!」「いや、吹替は独自の面白さがあるし、字幕は目で追いかけるのが大変で、字幕だって変な翻訳になっていることもあるから」そんな議論が盛り上がるものです。VODは双方を選択可能な作品も存在するので、DVDやブルーレイ派の人でも同様の体験ができてフレッシュな「ダークナイト」の面白さの発見につながるかもしれません。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ダークナイト」でもあります。「やっぱり大画面でしょ?」とその一点に集中突破したいならテレビでの視聴を検討したいところ。その場合は対応TVが必須。パソコンでいいならSafariやChromeなどブラウザで見ることになり、機種メーカーは関係ないです。ウイルス対策ソフトが再生を邪魔していたり、パソコンの更新アップデートで大幅な負荷がかかっていないか気をつけてください。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

俳優好きにも必須
映画を観る時に最重要視するものとして俳優(アクター・アクトレス)を挙げる人は多いでしょう。熱烈な俳優ファンもたくさんいますし、そうでなくでもテレビに出ている有名人やモデルのあの人が気になる!という人も普通。VODでは特定の俳優の出演作を検索してそれだけを鑑賞するという楽しみ方もできます。「ヒース・レジャー」の演技をたっぷり堪能して、その一挙手一投足に心を躍らせるのも最高です。知らなかったその人の意外な一面を覗けることもあったり? ますますファンになって夢中になるかも!

その動画サイトは使える?
「ダークナイト」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『ダークナイト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月15日時点での『ダークナイト』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ダークナイト』をさらに知る

クリストファー・ノーラン監督&クリスチャン・ベール主演による「ダークナイト三部作」の2作目であり、『バットマン ビギンズ』の続編。製作総指揮はベンジャミン・メルニカー、マイケル・E・ウスラン、ケビン・デ・ラ・ノイ、トーマス・タル。道化師のマスクを被った犯罪者の一団がゴッサム・シティ銀行を襲うが、一団は互いに裏切りあって最後の一人になるまで殺し合うという顛末を迎える。生き残った男はジョーカーであり、強盗団はただのカモフラージュにすぎず、銀行に預けられていたマフィアの資金を独り占めで奪って逃走する。一方、ブルース・ウェインことバットマン、地方検事のハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンの三人は、ゴッサムから組織犯罪を無くすために活動し、悪を夜な夜な懲らしめる。バットマンは強力だが、ブルースはハービーの理想に感銘を受け、彼の真面目なキャリアをサポートする中で、堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考えた。もうバットマンはいらないと、引退を考えるほどに。しかし、そこに現れたのは史上最悪の敵ジョーカーで、正義を嘲る行動に出る…。

★スタッフ
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン
撮影:ウォーリー・フィスター
音楽:ハンス・ジマー、ジェームズ・ニュートン・ハワード

★キャスト
クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、メリンダ・マックグロウ、ネイサン・ギャンブル、ネスター・カーボネル、コリン・マクファーレン、ニディア・ロドリゲス・テラチナ、モニーク・ガブリエラ・カーネン、キース・ザラバッカ、ロン・ディーン、ジョシュア・ハート、アンソニー・マイケル・ホール

★『ダークナイト』の評価

IMDbRTMETA
9.094%??
映画comY!FM
4.3???4.2
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ダークナイト』の受賞
第81回アカデミー賞で助演男優賞、音響編集賞を受賞。

★『ダークナイト』の感想
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
一部の人はもはや神作と崇めるくらいの熱狂を生み出した「ダークナイト・トリロジー」の2作目であるこの映画。3部作の中間がここまで支持される現象は珍しい気がする。その理由は間違いなくジョーカーの存在が挙げられるだろう。あまりにこの悪役がパーフェクトすぎて他の作品の悪役が霞むくらいだ。あえて文句をいうなら残酷なシーンがないのが勢いを削いでいるが、グロがなくとも恐怖は出せることの証明になったのではないだろうか。
●TOHOシネマズ 
劇中の台詞にもある「英雄として死ぬか生き延びて悪に染まるか」ここに全てが凝縮されているストーリーが素晴らしい。最初に見た時はジョーカー役のヒース・レジャーの演技力に圧倒されましたが、何度も見ているうちに他のクオリティも非常に高いことがわかります。アメコミ映画やヒーロー映画の枠から外れている異常な傑作なので、普段はそういう映画を観ない人こそ視聴すべきでしょう。ラスト、タイトルが出る瞬間が本当に気持ちがいいです。
●DAILYMOTION 
ノーランの名前が一般にも有名になった記念作。このクセの強い監督のアメコミ映画界での功績は明暗分かれるが、とにかく影響が大きいのは事実だ。本作ではバットマンの宿敵であるジョーカーが満を持してインパクト特別級で登場。ジョーカー演じるヒースレジャーの演技は言うまでもなく素晴らしく、アメコミ映画史上最狂の敵ヴィランといえば間違いなく彼が名前を刻む。ノーラン版バットマンを形成したのは、ジョーカーなのかもしれない。