ショート・ターム / Short Term 12

走り出す。自分の悩みを吹き飛ばして

映画『ショート・ターム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画鑑賞で終わらず、さらなる楽しみも。
今すぐ『ショート・ターム』を見るなら動画リンクをチェック。

10代の少年少女を対象とした短期保護施設を舞台に、誰にも言えない心の傷を抱えた女性と子どもたちが、大切な誰かとともに生きる喜びや希望を見出していく姿を描いたヒューマンドラマ。美術はレイチェル・マイヤーズ、編集はナット・サンダース。ティーンエイジャーを預かる短期保護施設(ショート・ターム)で働いているグレイスは、同僚でボーイフレンドのメイソンとの間に子どもができたことがきっかけで、自分の未来の道の先に幸せな将来が訪れると希望を抱く。しかし彼女には、メイソンにも打ち明けられない深い心の傷を抱えていた。

原題:Short Term 12 / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2014年11月15日 / 97分 / 制作: / 配給:

11.15公開『ショート・ターム』予告編

© 2013 Short Term Holdings, LLC. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ショート・ターム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
心を揺さぶる感動的なヒューマンドラマは私たちの人生観にも影響を与える映画体験です。そんな映画を観ることは大事ですが、いざ鑑賞したいと思ったとき、ベストな方法は動画配信サービスを利用することでしょう。普通にレンタルビデオ店でDVDを借りるのもいいですが、このサービスを活用すればお得に数多くの映画を自由にどこでも鑑賞することができます。しかも、無料お試し期間があるので、その期間であれば、あなたの見たい映画でもタダで視聴できるチャンスです。当然、他の関連作でも見ることはできます。この便利な機会は、個人によって得られるタイミングが違いますが、各サービスごとに機会があります。それぞれ見逃すことのないようにしましょう。では自分の視聴した作品がどの動画配信サービスで観ることができるのかという問題ですが、それは一目で判断しづらいですが、このページでは一覧にして整理しています。紹介されているVODの中から好みのものを選んで、動画リンクへと進みましょう。これで「いざ登録してみたけど、配信されていなかった」というリスクは減らせるはずです。もちろん、最終確認を忘れずに。配信の状況は日々変化していますので、当日の状態はわかりません。

「無料」は全て初心者のため!
ニッコリできる情報はまだまだあります。こんな感激コースはどうですか。無料のお試しトライアルの入り口です。節約は生活の欠かせない知恵。動画鑑賞もその範疇に入ります。できれば便利なのでお試しから入りましょう。なにか制約があるのかと思うでしょうが、これは誰でも(ビギナーのみ)体験できるものです。「フル動画でないと私は見向きもしないですよ」もちろんその需要はしっかり把握しており、そんな中途半端な動画を推薦したりは絶対にしません。お試しという言葉は動画のプレビューという意味ではないので大丈夫です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ショート・ターム」の視聴はダメです。「私はしっかりウイルス対応ソフトをインストールしているからOKでしょう」と油断すれば、それはカモです。問題サイトではそのようなプロテクトではカバーできない手段で、こちらの個人情報等を誘い込むように盗み取ろうと巧妙に策を張り巡らしています。最悪の場合、全く無関係の動画や勝手に編集を加えた動画などを見せられるかもしれないので、あなた自身が誤解して大恥をかきます。

配信しているのはコレ!
ラインナップに偏りはありません。最近のものから、10年前、50年前、色々な国籍、ジャンル…お好みのものが見つかるでしょう。当サイトでは闇雲な楽観主義で紹介するのではなく、多くの人に知ってほしいアテンションとして注意事項も喚起しています。真っ先に覚えるべきは配信確認という最優先ステップです。「ショート・ターム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サジェスト機能のように「これで見れますよ」とご案内するこのページは利便性抜群。補足的な作品情報も後半にギッシリ掲載されていますが、単に配信VODを確認するだけの用途で利用することができます。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。オンラインなビデオオンデマンドは検索性に優れています。今、この瞬間の配信確認は公式サービス上で行いましょう(アプリでなくブラウザでアクセスできます)。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。「ショート・ターム」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

フェアにオススメします
VODはビデオオンデマンドですが、フルムビバースはビデオオンユニバース。各社サービスを勝手に優劣つけることなく、フェアにレコメンドするのが役目です。他サイトにありがちな、特定サービスをピックアップしてそれだけを推奨することはしません。何が合っているかは人それぞれ。営利的な狙いで決めつけはしません。どれがいいのかを判断する支援に徹しています。普通の味気ない「ショート・ターム」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ショート・ターム」は? ベーシックな基礎は、初回の月または一定期間の支払いが生じないということです。この期間はサービスによって異なり、2週間のものもあれば、1か月のものもあって、さらに登録時から月末までというものも。この月末のパターンでは登録日に注意です。そして他にもポイント制サービス特有の事情として、一定量ポイントが初回時に入手でき、それで作品を無料感覚で鑑賞できるのが定番です。このあたりはしっかり学んでおきましょう。

俳優好きにも必須
俳優の皆さんはなんであんなに素晴らしいのでしょうか。同じ人間とは思えないと感じる人も多いでしょう。VODは俳優での検索が可能。例えば「この人の出演作がどれくらいあるのかな」と思ったら、配信作品から調べて、その気があれば視聴もできます。「え、この人が出ていたの?」とびっくりする発見があるかもしれません。「ブリー・ラーソン」の芝居は一見の価値ありと言い切れます。何度も繰り返し鑑賞してもその惚れ惚れとする姿勢にうっとりです。しかし個人的な資金力には限界が…。でも安心してVODで低コストで追いかけられます。

『ショート・ターム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ショート・ターム』をさらに知る

★スタッフ
監督:デスティン・ダニエル・クレットン
脚本:デスティン・ダニエル・クレットン
撮影:ブレット・ポウラク
音楽:ジョエル・P・ウェスト

★キャスト
ブリー・ラーソン、ジョン・ギャラガー・Jr.、ケイトリン・デバー、ラミ・マレック、キース・スタンフィールド

★『ショート・ターム』の評価

IMDbRTMETA
8.099%82
映画comY!FM
3.94.054.0
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ショート・ターム』の感想

●FILMAGA 
個人的にすっごく心に残っている映画です。みんないろんな問題をかかえていろんな思いで過ごしてる。苦しくて辛かったり泣きたくて逃げたくなるような複雑な気持ちの時、そんな時にだれよりも理解しようとしてくれる人が側で支えてくれると本当に心強くて気持ちを立て直そうっていう気持ちになる。はじめとおわりで同じ走り出すでも意味が違ってくる。逃げ出しているのではなく、前に進んでいる。ちょっと視点を変えるだけで良いと教えてくれた。
●イオンシネマ 
問題を抱えた若者をケアする施設を舞台にティーンエイジャーを等身大に描いている。ここにいる子たちにも成長があり明るい未来が開き得る。施設のスタッフであるグレイスやメイソンが子供時代彼らと同じような境遇にあったことから人生の連なりを感じる。一人の見習いが「不幸な子供達」という言葉を出し皆がムッとしたシーンが印象的。ちなみに監督・脚本を務めたデスティン・クレットン監督はおじいさんが沖縄出身という日系三世らしいですね。
●VUDU
ブリーラーソンという俳優の底知れぬパワーを痛感した一作。内側から発揮されるエネルギッシュな母性と人間らしい力の源泉はこの映画でいかんなく見ることができる。自分の深い部分にあることを打ち明けるには勇気がいる。それは勇気とか、生易しい言葉で表現できるものではない。教育や家庭の問題は人それぞれある。だからひとつの常識を全員に当てはめて考えるようなことではない。みんな一緒に自分のペースで成長しよう。走りだせるはずだから。