17歳 / JEUNE & JOLIE

揺れ動いて彷徨っていく少女の性

映画『17歳』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 無駄なリンク集の寄せ集めは無いです。
今すぐ『17歳』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Jeune & jolie / 製作:フランス(2013年) / 日本公開:2014年2月15日 / 94分 / 制作: / 配給:キノフィルムズ

フランス映画 『17歳』予告編

(C)MANDARIN CINEMA – MARS FILMS – FRANCE 2. CINEMA – FOZ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】翻訳対応
VOD2【Hulu】動画中無広告
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『17歳 Jeune & jolie』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使えばわかる面白さの宝庫!
エロティシズムとメロドラマが調和したような作品は思わず魅入ってしまうほど見ごたえのある丁寧な良作も多いです。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。これはネット配信であり、それゆえのメリットもあります。例えば、レンタル店でDVDを借りるのと違って、人目を気にすることなく映画を鑑賞できます。返す必要もないので、自分の好きなように邪魔されず見るならこれが一番です。

「無料」は全て初心者のため!
初利用の人のための親切コースも整備されています。あなたが望むなら無料お試しトライアルを真っすぐ歩めます。この無料試用の機能は基本はリミテッドな企画ではなく、常時解放されているものがほとんどで、とりあえずサービスにそのお試しが実施されているかはトップページに行けばわかります。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。フランソワ・オゾン監督の「17歳」もアリ。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それでフランソワ・オゾン監督の「17歳」の鑑賞はダメです。最悪なパターンはいくつもありますが、最初は非常に気軽な動作から始まります。何気なく興味を惹くテキストリンクをクリックすると、瞬時に別のタブで無関係なページが開き、いつのまにか裏で怪しい動作を起こし、機能を妨げるものもあります。せっかく便利で有能なフルサービスがあるのですから、自分の足元を腐食させるような存在に乗っかるべきではありません。

あなたの選択は自由!
セル配信でもレンタルでも見放題でも、どういう形態であれ、デジタル流通する映画を引っ張っているのはVODの仕事です。「花より団子だから無料なら何でもいいや!」そう思っていると、転んでしまいます。まずは準備です。つまり、どれで配信しているか確認する作業が必要です。「17歳」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも足踏みしていても意味がないです。このページを使って新しい扉を開きましょう。アイコン表示サービスがこの作品を配信するVODです。情報は今の時点ではないですが、役に立つのは確か。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。「なんか試したことがないVODがあるな」と発見できれば、それはあなたにとっては運命のめぐりあわせ。無料動画へまっしぐらです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「17歳」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

無料動画サイトとの違い
Youtubeなどの巨大な動画プラットフォームは無料であることもあり、今やプライベートでもビジネスでも、子どもでも大人でも、グローバルに利用されている日常化したサイトです。しかし、不便さもあるのは重々承知の事実。無料という言葉は品質を保証するものではなく、中身のないコンテンツも溢れており、映画をフルで見られると偽った嘘のタイトルやサムネイルの動画もあります。VODはそんな残念体験をさせません。心配事を杞憂にさせる、素晴らしいフル品質の、「17歳」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「17歳」を観終わって解約するのもアリ。ずっと使い続けたいのはやまやまだけど、いつかはサービス利用をやめるときだって来るかもしれません。そもそも自分に全然合わなかったら困ります。そこで気になるのが解約の手続き。スマホなどは解約に面倒なイメージがあるせいで、VODも同じではないかと危惧する人もいますが、全くそんなことはありません。用意済みの退会ページに移動して契約解除をポチっとするだけ。それで終わり。スマホから普通にできるので、お待たせする時間もゼロで、スピード解決します。

表現規制を避けるなら
映画ならば避けられない表現規制の映像制限。パブリックな劇場やテレビ放映ではレーティングによって表現の自由と対象への配慮の妥協点を見いだしてはいますが、それでもせっかくの作品に手が加えられ、見苦しい感じになるのは不快だという人もいます。なるべく製作陣の作りたかった、見せたかったものを味わいたいのがファンの素直な気持ち。そこで、独立系のVODであれば、かなり自由に映画を配信しているので、そんな自主規制もなんのそので、映像をノーカット・ノー編集で味わい尽くせます。「17歳」も規制なしでどうぞ。

『17歳』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『17歳 Jeune & jolie』をさらに知る

フランソワ・オゾン監督が、少女と女の狭間で揺れ動く17歳の性を繊細につづった青春ドラマ。製作はエリック・アルトメイヤー、ニコラス・アルトメイヤー。規則の厳しい名門高校に通いながら何不自由のない生活を送る17歳の少女イザベル。学校の世界は退屈で、刺激を求めていた。バカンスに訪れたビーチで初体験を済ませた彼女は、やがて不特定多数の男たちを相手に、自分の存在でどこまでのことができるのか試すように、思うがままに次々と売春を重ねるようになり…。

★スタッフ
監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン
撮影:パスカル・マルティ
音楽:フィリップ・ロンビ

★キャスト
マリーヌ・バクト、ジェラルディン・ペラス、フレデリック・ピエロ、ファンタン・ラバ

★『17歳 Jeune & jolie』の評価

IMDbRTMETA
6.8??%??
映画comY!FM
?????3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『17歳 Jeune & jolie』の感想

●映画無料夢心地 
タイトルにもなっているこの年齢。なぜこの年なのか。監督の趣味か? いや、きっと違う。この作品に限らず、この年齢前後はよくクローズアップされがちだ。若い方が絵になって美しいからか? それもNOだろう。その理由、17歳の女の子を題材にこれだけ多くの作品を撮るのは、最も不確かな時期だからだ。それは少女から別の生き物に変わる瞬間であり、変身の時なのだ。それをおさめる一瞬を描くことに意味がある。
●FILMAGA
17歳。それは意味深な年齢。興味深いのは国が違えどこの年齢に意味を感じていることだ。不思議なものである。私もそういう時期にこのドラマを目にしておきたかったと無理な後悔をしてみる。きっとその瞬間にしか味わえない感想があったのではないか。17歳は一度きりで、その時に見た光景も体験も全てその時期にしかわからない揺らぎがあったはず。そんなとりとめもないことをぐるぐると考えてしまうのだった。17歳。私は何をしていたか。
●ユナイテッドシネマ 
ぼんやりとあらすじだけで想像していたが、内容的にエグみのある暗いお話かと思ったら意外と優しかった。包容力のある謎の優しさがあります。残酷で、自らの存在を持て余す17歳という年齢を繊細に捉えている。若い頃にありがちな厭世的というか、冷ややかさ、ヒリヒリする感じは少し見ていると、自分の若かりし頃を思い出すようで変な気分になる。色気が意志を持たない奇妙な時間。これは17歳の子が観たらどう思うのだろうか。
●SHAREVIDEOS 
援助交際をすることで自分を確認する17歳の話。センセーショナルな題材だが、ポルノ的ではなく、官能と未熟さの間にある。若いマリーヌヴァクトにはないシャーロットランプリングの存在感に圧倒され、いつのまにか目が釘付けになっていた。フツーの女の子がお金のためとかでもなく体売ってる感じがリアルで悲しいとも言えますが、それもあるとして、なぜかこれも人生な気がしてくる。とてもうまいバランスの上に成り立っている匠の映画。