パシフィック・リム(1作目)

少年の心を取り戻す! 巨大ロボットvs巨大怪獣の傑作

映画『パシフィック・リム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アップデートし続ける動画情報に注目。
今すぐ『パシフィック・リム』を見るなら動画リンクをチェック。

ギレルモ・デル・トロ監督が、謎の巨大生命体と人類が開発した人型兵器との壮絶な戦いを描いたVFX超大作。製作はトーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、ギレルモ・デル・トロ、メアリー・ペアレント。2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、その正体もわからぬままにサンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が完膚なきまでに壊滅する。人類は存亡をかけて団結し、かつての争いも水に流し、行動に出る。環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は英知を結集して人型巨大兵器「イェーガー」を開発。その圧倒的な力で持ってKAIJUとの戦いに乗り出す。それから10年が過ぎ、人類とKAIJUの戦いは続いていたが、いよいよその戦いも最終局面に到達。かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロット、ローリーは周りの後押しもあって再び立ち上がることを決意。日本人研究者で卓越した才能を持つマコ・モリとコンビを組み、旧型イェーガーのジプシー・デンジャーを修復する。

原題:Pacific Rim / アメリカ(2013年) / 日本公開:2013年8月9日 / 131分 / 制作:Legendary Pictures / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億9000万ドル / 興行収入:4億1100万ドル / 次作:『パシフィック・リム アップライジング

映画『パシフィック・リム』本予告 杉田智和吹替え版

(C)2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LCC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『パシフィック・リム』の無料動画を見る方法

現実を飛び越えて繰り広げられるド迫力のアクションを満喫するなら映画が一番。そんなスペクタクル満載の作品をお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用するのも良いです。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、少数の映画なら最適。もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもので、多くの作品をたっぷり鑑賞するならこれ以上のお得さはありません。試す価値ありです。

「有料だとやっぱり困るかな…」と一歩を踏み出せないならば、コストダウンどころか最初はタダになる試用体験をしましょう。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「一部だけでなくフルで動画を見られないと意味ないけど」全くもってそのとおり。ビデオオンデマンドは動画のお試し視聴といっても、冒頭だけみたいなことはしていません。全編を余すことなく見られます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。怪しいサイトを見抜くにはそこまで難しくありません。共通の特徴があります。ひとつは、英語か中国語の意味不明なページに勝手にリダイレクトされること。もうひとつは、ランキングサイトのリンクを多量に設置していること。不審な点を見つけたら警戒しましょう。そのようなよろしくないサイトで流通する動画は、正規の映画本編ではないフェイクやダミーの場合もあります。

インターネット全盛期の現在は新作もすぐさま見られるようになりました。作品限定でも無料で見られるなら儲けもの。しかしながら、厄介というか面倒な一面もあって、VODは幸か不幸か数が多く、どれが自分にとってのジャストマッチなのか判別しにくいです。配信作品だって変わってしまいます。「パシフィック・リム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「やりたいことがいっぱいあるから1日の時間を無駄にしたくない」その時間節約派のあなたの役に立つこのページ。ひとめ見るだけで配信中の(可能性の高い)VODがアイコンリストで判明します。いかにもクリックすれば動画がすぐに見れるかのように誘って偽り、取るに足らないランキングページへと誘導する無価値な内容はここにはないと保証します。まだまだVOD体験が白紙ならば今こそ最初の足跡を残すべきです。初めての人ほどに有利な一面が積み重なるので、スーパーダッシュを決められます。

外国の映画を見るうえでの、こだわりポイントになるのが「字幕or吹替」論争。「字幕だったら本来の俳優のセリフも聞けるし、残念な吹替リスクがないので、一番安定している!」「いや、吹替は独自の面白さがあるし、字幕は目で追いかけるのが大変で、字幕だって変な翻訳になっていることもあるから」そんな議論が盛り上がるものです。VODは双方を選択可能な作品も存在するので、DVDやブルーレイ派の人でも同様の体験ができてフレッシュな「パシフィック・リム」の面白さの発見につながるかもしれません。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「パシフィック・リム」でもあります。パソコンならば、使っているブラウザによっても異なりますが、基本的には有名なものは全部に対応しているので安心です。一応、ブラウザは最新のものにアップデートしておきましょう。テレビならば、対応機種もしくは対応していない場合は専用機器が必要です。最近発売されたテレビなら問題ないでしょう。スマホならば、AndroidでもiPhoneでもアプリをインストールすればOK。スマホに最適化された再生環境で動画を楽しめます。

『パシフィック・リム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『パシフィック・リム』をさらに知る

★スタッフ
監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:トラビス・ビーチャム、ギレルモ・デル・トロ
撮影:ギレルモ・ナバロ
音楽:ラミン・ジャワディ

★キャスト
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、ロン・パールマン、クリフトン・コリンズ・Jr.、バーン・ゴーマン、ディエゴ・クラテンホフ、芦田愛菜

★『パシフィック・リム』の評価

IMDbRTMETA
6.971%65
映画comY!FM
3.7???3.7
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『パシフィック・リム』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●シネマトゥデイ 
こんなのを見せられたら感激するに決まっているじゃないか。嵐の中、その巨体を浮かび上がらせるイェーガーの発進シーン。ここだけで特撮ファンは感涙して死にかねないと思う。そこからの一連の戦闘シーンの連続は、脳に直接電流を流し込まれるような体験だった。たぶん5、6回は感動死したと推測される。単に暴れているだけでなく、しっかり映像的なカッコよさにこだわったカットなど細部に至るまで計算しつくされているのはさすがの手腕。
●TOHOシネマズ 
世界観、キャラ、ストーリー、見せ場、音楽、翻訳…映画を構成する全てがこれほどの完成度を誇った映画は他にないだろう。少なくとも娯楽性のブロックバスター大作では快挙だ。ギレルモ・デル・トロのアーティスティックなマニア愛が注入されて、私たちの夢が具現化した巨大ロボットが動いているのだ。その精神性を支える文化やコンテンツに関われたことを嬉しく思っているし、本当に心の底から作品を生み出したことに感謝したいと思う。