ティンカー・ベルと月の石

小さな妖精の大きな冒険

映画『ティンカー・ベルと月の石』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 動画を見た後は作品をさらに深掘り。
今すぐ『ティンカー・ベルと月の石』を見るなら動画リンクをチェック。

ディズニーの名作アニメ「ピーター・パン」に登場する妖精ティンカー・ベルの活躍を描くCGアニメの第2弾。製作総指揮はジョン・ラセター、製作はショーン・ルーリー。もの作りの妖精であるティンカー・ベルは、ピクシーホロウに伝わる宝物「月の石」を納めるための「聖なる杖」を作るという重要な仕事を任される。それは大切で重要な仕事。ところが「月の石」から突然魔力が失われてしまったことから、ネバーランドは滅亡の危機に。そこでティンカー・ベルは、願いを叶えてくれる鏡が眠るという海賊の難破船を目指して旅に出る。

原題:Tinker Bell and the Lost Treasure / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開:2009年12月23日 / 81分 / 制作: / 配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

映画 ティンカー・ベルと月の石 予告

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『ティンカー・ベルと月の石』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
ファンタジックな世界に浸れば身も心もフレッシュな気分。そんな作品を見たければ、ぜひ動画配信サービスを利用してみましょう。間違ってもイリーガルなサイトを利用してはいけません。それらのサイトは、セキュリティ上の問題があるのはもちろん、パソコンなど視聴した機器に負荷をかけてエラーを引き起こす危険性もあります。動画自体も不安定で全く快適な体験は楽しめません。そこで役に立つのが、動画配信サービスによる作品視聴。無料お試し期間を活用してその期間であれば、見たい作品が配信されていれば、タダで観ることができます。とくにペナルティや利用制限はありません。ちゃんとフルで動画を見れるので安心してください。しかし、問題があるとすれば、動画配信サービスの数が多すぎること。そのため、どのサービスで見たい作品が配信されているのか一目では判断がつきづらず、確認がメンドクサイという欠点があります。そこでこのページを活用してみてください。該当作品の配信状況を整理して、適宜情報を更新しながらまとめています。もし見たい映画の配信が確認されれば、VODを選択し、視聴してみましょう。動画サイトでの最終確認も忘れないようにしてください。快適な無料動画のチャンスです。

「無料」を見逃すな!
「無料ではなく有料だしね…」そんな財布のひもが固い人にも、気持ちを緩めてくれるのがお試しの刺激的な誘惑です。「私の家計では映画動画に浪費している暇はないのです。悲しいことに…」そんな寂しい事情でも初回試しがズバリと温めてくれます。嬉しすぎるラッキーウォッチの機会が待っています。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ティンカー・ベルと月の石」の視聴はダメです。広告というのはサイトの運営に必要で、それがなくなると維持することもできなくなってしまいますから、一概に排除はできません。ただし、それが不正広告なら話は別。個人の重要情報を勝手に奪い取るような身勝手極まりないものは論外です。法律的な問題性を説教されるよりも、こうした身に降りかかる危険の周知の方が行動を変える動機になるでしょう。

これに決めた!
「え、あの作品もこの作品も配信されているの? だったらやるしかない!」知れば知るほど迷いは消えていきます。ただし「これは見逃せない!」とすぐさま登録に手を出す前に、1回、熟慮する事項があります。それは今の時点で配信しているのかという重要な点です。「ティンカー・ベルと月の石」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも迷宮を彷徨っているわけにはいかないでしょう。このページはゴールへの道のりを順調にアシストします。配信中のサイトサービスがアイコンで一目瞭然なのでカーナビ級に便利です。大事なのは情報の高鮮度な質であり、定期的に刷新することが求められますが、フルムビバースはそのあたりも抜かりなしです。次から次へと新しい映画の配信開始と、既存作品の配信終了が、とめどなく起きるので、このページ掲載の情報はあくまで事前参考に。最後は公式でラスト視認しましょう。

試写も良いけど…
最新映画はできるかぎり早く見たいという気持ちを抑えることはファンなら無理難題でできません。でもネタバレ暴露に怯えるのも嫌です。そんなときのベストチャンスが試写会です。当たるかどうかは運しだいで、人気作はなかなかの幸運が必要かもしれませんが、激選を生き抜けば新作本編が誰よりもお先に鑑賞可能。オンライン試写レビューもあったりするので、映画配給会社のウェブサイトを確認しましょう。試すだけはタダなので、この労力を惜しむよりは、ガンガンやってみると良いです。

家族にバレない?
家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「それぞれで観たい作品がバラバラなのに喧嘩が起きないかな?」という悩み。とくに子どもに見せづらい映画は困ります。劇場公開ではレーティングがあるので、そのような事態は防げますが、VODは作品一覧がズラリと並ぶのでどうしても目に入ります。悪影響などは考えすぎかもしれませんが、極力は親のコントロールが必要です。でも大丈夫。VODにはユーザーセパレートが可能なシステムがあるので、個人ごとに人目を気にせずにエンジョイ可能です。

ホームシアターのススメ
スマホでもお手軽なので良いですが、大画面で観る方が映画は映えます。最高クラスの極上体験を追求するならホームシアター環境の実現が理想。これを経験してしまうとパソコンなどには二度と戻れなくなるかも。VODと組み合わせることで、劇場のような空間を無料で自宅に構築できるので「ティンカー・ベルと月の石」も最高級に。こうなってくるといかにしてそのリッチシアターを組み上げるか。無料ホームシアターとはいきませんし、コストは低いわけでもありません。でも価値はあります。大型家電店に行って実際の機器を見てイメージを膨らますのもいいでしょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「ティンカー・ベルと月の石」の視聴で「楽しかったな~」と自己満足に浸るのも良いです。でもどうせならその満足感を他人にも分けてみませんか。おカネを稼ぐことはできませんし、無料視聴のお裾分けということでもないですが、鑑賞仲間を増やすのはやりがいがあります。SNSでの拡散を活用すると、あまり注目されていなかった映画に光があたるかもしれません。Twitterでも何でもOKです。

『ティンカー・ベルと月の石』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ティンカー・ベルと月の石』をさらに知る

★スタッフ
監督:クレイ・ホール
脚本:クレイ・ホール、エバン・スピリオトポウロス
音楽:ジョエル・マクニーリイ

★キャスト
メイ・ホイットマン、ジェシー・マッカートニー、アンジェリカ・ヒューストン、ジェーン・ホロックス

★『ティンカー・ベルと月の石』の評価

IMDbRTMETA
6.8??%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ティンカー・ベルと月の石』の感想

●無料ホームシアター
ディズニーのティンカー・ベルを主題にした第二弾。前作は、春の準備の物語でしたが、今回は秋がはじまる時期の物語となっています。前作よりも好きかも。映像綺麗だし、妖精たちは勿論動物たちも含めてみんな可愛いし、お話も綺麗にまとまってて面白かったです。前作でティンクの自己中っぷりには慣れたので、こちらは落ち着いて動じることもなく観ることができました。前作が微妙だなと感じた人は、是非二作目の今作まで見て欲しいです!
●シネマトゥデイ 
ティンカーベルを主役にしているだけあって、このキャラクターを使っていかに最高のドラマを作るか製作陣は考えに考えを練っていることがよくわかる。感情的になりやすいティンクがすれ違いを経て、友情の大切さと自分の不甲斐なさに気づく。これ以上ない理想の物語だろう。喋るティンクや優しすぎるティンクに違和感を感じるかもしれないが、そうした設定の思い切りもチャレンジ精神があってよい。意外に楽しいスピンオフではないかと思う。
●CRUNCHYROLL 
ディズニーらしいユーモアもちゃんとあって、ティンカーベルがテレンスにイライラする描写が面白い。この妖精というキャラクターは人気も高いし、絶対にこれからもたくさん作品を作られていくべきだと思うのですが、なるべくコンスタンスに作品を観てみたい。子どもはもちろん、ピーターパンの世界観が好きな人は、この拡張して生まれた一作を楽しめるでしょう。ビデオムービーなのでマイナーかもしれませんが、ぜひ注目な映画でしょう。

ディズニー制作アニメ映画 を総復習!

  • 第1作『白雪姫』(1937年)
  • 第2作『ピノキオ』(1940年)
  • 第3作『ファンタジア』(1940年)
  • 第4作『ダンボ』(1941年)
  • 第5作『バンビ』(1942年)
  • 第6作『ラテン・アメリカの旅』(1942年)
  • 第7作『三人の騎士』(1944年)
  • 第8作『メイク・マイン・ミュージック』(1946年)
  • 第9作『ファン・アンド・ファンシーフリー』(1947年)
  • 第10作『メロディ・タイム』(1948年)
  • 第11作『イカボードとトード氏』(1949年)
  • 第12作『シンデレラ』(1950年)
  • 第13作『ふしぎの国のアリス』(1951年)
  • 第14作『ピーター・パン』(1953年)
  • 第15作『わんわん物語』(1955年)
  • 第16作『眠れる森の美女』(1959年)
  • 第17作『101匹わんちゃん』(1961年)
  • 第18作『王様の剣』(1963年)
  • 第19作『ジャングル・ブック』(1967年)
  • 第20作『おしゃれキャット』(1970年)
  • 第21作『ロビン・フッド』(1973年)
  • 第22作『くまのプーさん 完全保存版』(1977年)
  • 第23作『ビアンカの大冒険』(1977年)
  • 第24作『きつねと猟犬』(1981年)
  • 第25作『コルドロン』(1985年)
  • 第26作『オリビアちゃんの大冒険』(1986年)
  • 第27作『オリバー ニューヨーク子猫ものがたり』(1988年)
  • 第28作『リトル・マーメイド』(1989年)
  • 第29作『ビアンカの大冒険 ゴールデン・イーグルを救え!』(1990年)
  • 第30作『美女と野獣』(1991年)
  • 第31作『アラジン』(1992年)
  • 第32作『ライオン・キング』(1994年)
  • 第33作『ポカホンタス』(1995年)
  • 第34作『ノートルダムの鐘』(1996年)
  • 第35作『ヘラクレス』(1997年)
  • 第36作『ムーラン』(1998年)
  • 第37作『ターザン』(1999年)
  • 第38作『ファンタジア2000』(2000年)
  • 第39作『ダイナソー』(2000年)
  • 第40作『ラマになった王様』(2000年)
  • 第41作『アトランティス 失われた帝国』(2001年)
  • 第42作『リロ・アンド・スティッチ』(2002年)
  • 第43作『トレジャー・プラネット』(2002年)
  • 第44作『ブラザー・ベア』(2003年)
  • 第45作『ホーム・オン・ザ・レンジ にぎやか農場を救え!』(2004年)
  • 第46作『チキン・リトル』(2005年)
  • 第47作『ルイスと未来泥棒』(2007年)
  • 第48作『ボルト』(2008年)
  • 第49作『プリンセスと魔法のキス』(2009年)
  • 第50作『塔の上のラプンツェル』(2010年)
  • 第51作『くまのプーさん』(2011年)
  • 第52作『シュガー・ラッシュ』(2012年)
  • 第53作『アナと雪の女王』(2013年)
  • 第54作『ベイマックス』(2014年)
  • 第55作『ズートピア』(2016年)
  • 第56作『モアナと伝説の海』(2016年)

サイトについて

アニメ(海外)ファミリー
フルで無料動画:フルムビバース