エンディングノート(2011)

終活に大忙しです

映画『エンディングノート』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 情報は定期更新しているので確認に便利。
今すぐ『エンディングノート』を見るなら動画リンクをチェック。

ガンの宣告を受けた一家の父が自らの人生を総括し、家族へあてた“エンディングノート”を残すまでの姿を軽妙なタッチでつづったドキュメンタリー。プロデューサーは是枝裕和。2009年、何事も「段取りが命」をモットーに高度経済成長期を支えてきた熱血営業マンの砂田知昭は、67歳で会社を退職。人生の節目を迎えて、第二の人生を歩み始める。しかし、その矢先に重度の胃ガンが発見され、自身に「自らの死の段取り」を課すことになる。

原題:エンディングノート / 製作:日本(2011年) / 日本公開:2011年10月1日 / 89分 / 制作: / 配給:

映画『エンディングノート』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3

▼『エンディングノート』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
ドキュメンタリーはさまざまな題材を扱ったものがありますが、なかには自分の人生観に大きな影響を与えるものもあります。そんな作品に出会いたいときはぜひとも動画配信サービスで探して見るのはどうでしょうか。ネット配信の作品をたくさん揃えているサービスですが、多くのジャンルの中でもドキュメンタリーもしっかり揃っています。もしネット配信がなければレンタルサービスを活用しましょう。こちらも無料の試用期間が用意されているので、安心して利用できるでしょう。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料金は私の気持ちを削ぐ…」そういうやる気減退を回避するためにご丁寧に用意されているのが無料お試しという玉手箱。レンタル店舗もズラッと商品が並んでいるものですが、ネット配信だって同じくらいの品ぞろえで、プラス初回無料があるのですから、どっちがお得かは言うまでもないでしょう。「退会は決められた時期にしかできないの?」という問いについて、問題ないですと回答できます。あなたを縛り上げる制約はありません。好きな時期時間にすぐさま利用ストップできるので万全。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「エンディングノート」の再生はダメです。具体的にどのような危険性が検出されるのか、特定のウイルス対策ソフトで一部のサイトを調査してみると、不可解な動作をするプログラムが頻繁に検出され、情報を盗み取るページにアクセスしていることを示すアラートがヤバさを物語ります。「わざわざ高い金を払ってセキュリティアプリ入れてるし…」それも大事ですが、このタイプの不正動作は完全プロテクトしづらいです。

使うべきはどれ?
「あの人に推薦されていた気になる映画も、VODなら今から見れるかも」そんな感覚になったならその調子です。一方で良いことばかりでもなく、VODに躊躇する人の主因は「わかりにくさ」。サービス展開企業は複数存在し、今なお天井知らずで増えていくので、どれが自分に合っているのか判断に困ります。「エンディングノート」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。お困りの方に声をかけているのがこの作品動画ページ。ナビゲーションに特化した、配信VODの一覧化が掲載中なので、無数のサイトをいつまでも確認してめぐり歩く必要性を緩和して負担軽減します。相次ぐ新規サービスラッシュについていくのもやっとだったりしますが、フルムビバースはどこよりもバッチリと対応に積極的。思いがけない幸せというのは、狙っていた欲しいものが手に入るよりも満足度があったりします。VODだって奇跡の出会いを果たす場になるかも。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「エンディングノート」でもあります。「大画面が一番でしょ」という人にはテレビでの鑑賞は外せないところですが、それでVODを利用するには対応テレビかChromecastなど専用機器は必要なので要確認。「ほどよい画面サイズでいいや」という人ならパソコン。これはたいていの機種に限らず有名ブラウザには対応済みなので安心。「手持ちでどこでも観たい」という人にはスマホ。これはアプリのインストールでOKなので最もフレキシブルかつイージーに楽しむことが可能です。

パスワードは大事
すでに諸々の注意として耳にしている人もいるかもしれませんが、アカウント乗っ取りはどんなサービスでも起きえます。VODも同じで、それ自体のセキュリティ対策は万全でも、他でパスワードが流出してそれを使われたらなすすべがありません。そこで絶対にパスの使い回しは厳禁です。たとえ安直な記号の羅列にしていなくともそのパス全部が他者に不正入手されては意味がありません。面倒かもしれませんが、個別に異なるパスを考えて厳重に活用してください。安全な「エンディングノート」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

無料動画サイトとの違い
一般的な動画サイト(YouTubeやニコニコ動画)は煩わしい登録などの作業もなくすぐさま動画を見放題というのがメリットであり、そのため全世代に普及し、ビジネスでも活用されるようになったものですが、デメリットも散在。詐欺的な騙し動画もあれば、中身がスカスカの空虚なゴミ動画まで。誰でもアップロードできるゆえに品質に関する保証はないです。そこでVODの出番。全てがマネジメントの行き届いた動画で埋め尽くされるので、ストレスゼロの気持ちのいい、「エンディングノート」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「エンディングノート」を観て「あぁー良かった」と自己完結するだけではもったいない。家族や友人など本当にすぐそばにいるだけの人に気持ちを語るのもいいですが、インターネットという最高の武器を使えば、簡単にあなたの熱量で全国に言葉を届けることができます。コミュニケーション促進によって映画好き仲間が無料で生まれるチャンスです。恐れず素直に語り合いましょう。

『エンディングノート』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『エンディングノート』をさらに知る

★スタッフ
監督:砂田麻美
撮影:砂田麻美
音楽:ハナレグミ

★キャスト
砂田知昭

★『エンディングノート』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.04.304.2
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『エンディングノート』の感想

●映画無料夢心地
人に魅せられるような作品として、強烈な個性や歪さ、圧倒的な美が欠如しているにも関わらず、観ていて面白いと思える希有なドキュメンタリー作品。映画鑑賞後に砂田監督の対談を聞いていて、容姿やナレーションの声、作品のポップさからは想像も出来ない徹底的に考え抜く異常なまでのプロフェッショナリズムを感じた。自分に描くべきものがないことに強いコンプレックスや焦燥感を感じたことが原動力となり、生まれた希有な映画監督ではないだろうか。
●シネマトゥデイ 
とてもエンターテイメント性が高いドキュメンタリーではないだろうか。強烈な個性や歪さが欠如しているクリエーターの執念で、どんな作品が生まれるのか今後も期待せずにはいられない。死を扱うのなら、絶対にヘビーなものになるのだろうと思っていたが全くそんなことはなかった。最後までユーモアがあって、重い内容なのに、そこまで重すぎない。なんとも不思議なバランスなのだ。命の終わりに向き合う人たちを真っすぐに見つめるその姿勢がいい。
●BILIBILI  
人の死を笑っちゃいけない。でもこの映画では笑ってしまう。お父さんがユーモアのある人だからっていうのもあるけど人の死を描いた映像を見てこんなに清々しい気持ちになったのは初めて。「終活をきちんとやったので、いい最期となりました」という感動的な話になっており「終活の重要性をアピールする」という意義がある点で評価できる。認知症になっても患者を待ち続ける亡き祖父の映像などワンシーンでしかないのにしっかりと映画の中で生きている。
●DAILYMOTION
毎年検査してるのに、ガンが見つかったらいきなりすでにステージ4。そのときの当人の恐怖はどんなものだろうか。考えたくもない。しかし、今作の画面に映るのは、徐々に体が癌に蝕まれていきながらもお見舞いに来た孫や家族にジョークを言ったりと、ユーモアが絶えない魅力的な方なので、そこが救われる。エンドロールが終わるまで放心状態で動けなかった。画面に吸い込まれそうだった。自分で引くくらい泣いたドキュメンタリーはこれが初めてだった。