のぼうの城(2012)

この男の奇策はとんでもない!

映画『のぼうの城』のフル動画を無料視聴する方法をウロウロとネット検索するのはこれで終わり。ここに全部の情報が集約。
今すぐ『のぼうの城』を見るなら動画リンクをチェック。

第29回城戸賞を受賞した和田竜による脚本「忍ぶの城」を、犬童一心監督と樋口真嗣監督が共同でメガホンをとり映画化。エグゼクティブプロデューサーは濱名一哉と豊島雅郎、プロデューサーは久保田修。舞台は武蔵国忍城(埼玉県行田市)。“のぼう様(でくのぼうの意)”と領民から慕われる城代・成田長親は、かつてない無謀な戦いに身を投じることになる。敵は最恐にして、最大の存在。天下統一を目指す豊臣秀吉方2万人の大軍を指揮した石田三成の水攻めに、わずか500人の兵で対抗する。

原題:のぼうの城 / 製作:日本(2012年) / 日本公開:2012年11月2日 / 144分 / 制作: / 配給:東宝、アスミック・エース

映画『のぼうの城』本予告編

(C)2011「のぼうの城」フィルムパートナーズ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『のぼうの城』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及度は想像を超える!
コミカルな人間模様が描かれるヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。難しそうなんて心配はご無用。ネット配信なのでウェブサイトにアクセスするだけでOK。動画も一瞬で見れますし、中には登録さえも必要とせず、すぐさま視聴可能なサービスもあります。スマホからパソコン、テレビまで自由自在な動画鑑賞体験を届けてくれます。

「無料」ですよ!タダ!
「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。どんな時でも必ず最初の登録という初めの一歩があるものですが、その瞬間から一定の期間に限って無料という扱いになります。初心者お試しは誰でもトライすることができます。「解約って登録したすぐ後にでもできるのですか?」その質問のアンサーはシンプル。その日のうちにでも可能です。登録するだけで一回は試してみて、その後に利用を続行するかを考えるのが便利です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「のぼうの城」の再生はダメです。さすがにそこまで楽観的な平和主義な人はいないと思いますが、ネットの世界の中でも特にデンジャーゾーンなのがこういう不法サイト。マルウェアを仕組まれて会社のパソコンが広域で大損害を受けたり、個人のアカウントを乗っ取られたり、被害例は後を絶ちません。セキュリティアプリやソフトウェアでは危険因子を完全にデリートすることはできないので、変に過信をしないでください。

これに決めた!
「まるでショッピングセンターのお買い得コーナーを見ている気分!」そんな動画つかみ取りの幸福世界へようこそ。でもVODの数を知っているでしょうか。2つ、3つではないです。それこそ新サービス展開が続いているためか、配信作品の変動が凄まじく、把握は熱心なマニアでも追いきれません。「のぼうの城」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトをひとつひとつ確認していたらそれだけで無駄に時間が過ぎてしまいます。このページでだいたいの配信傾向を把握しておけば、あとは最終の現状確認だけで済むので大幅に楽です。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「のぼうの城」でもあります。家庭のホームテレビはどんなメーカーのものを使っているのかにもよりますが、対応済みならばそのまま利用できるでしょう。パソコンは、基本的に最新アップデートしているブラウザに対応しているので普通に使えます。スマホは、性能によっては端末が熱くなり、負荷になるかもしれませんが、ハイスペックならば問題はないです。必ずアプリをインストールしておくことで利便性は最高クラスになります。通信量に関しての注意点はあるのでそこの問題は入念に検討をしておきましょう。

邪魔な広告は無し!
急に広告画面がバッと表示されるサイトというのは、何かしらのユーザー不利益を発生させることもいとわないものです。なるべくなら公式サイトを活用すべきであり、すぐさま鑑賞を安全にするものが必要です。導いてくれる案内板のようなものが。そこでフルムビバースのレコメンドサポートで、安全第一を確保しながら、「のぼうの城」視聴を妨げません。基準としてはGoogleなども採用している広告判定のルールを活用し、ユーザーのインターネット利用を妨害するアドシステムは排除し、正規に認められたものだけを限定的に制限しながら使用しています。

広告ブロックに気をつけて
すぐさま動画を見たいのは当然の欲求であり、何かしらのサイトのリンクをクリックすることになるのですが、でも全然反応しない事態に遭遇したことはありませんか? 「ポップアップがブロック…?」という聞きなれないエラーメッセージに大慌て。あたふたしていると時間だけが過ぎていく。先ずこうなったときは広告ブロックツールを疑いましょう。もしくはセキュリティソフトです。一度それらを停止にしてみて同じ症状がでるかを確認するのです。「のぼうの城」も見れないかも?オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「のぼうの城」は? 基礎としては初回という最初に限って特定の期間に料金発生がないということを意味します。永遠に無料ではもちろんなく、期間終了後にごく普通にお金は払うことになりますが、無料期間分がまとめて請求されることはないです。配信している作品が全て無料なのかどうかはサービスによります。見放題系なら問題ないですが、中には複雑な視聴システムがある場合もあるので要確認。どちらにせよ事前の把握のためにもサービス特徴をおさらいしましょう。

『のぼうの城』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『のぼうの城』をさらに知る

★スタッフ
監督:犬童一心、樋口真嗣
脚本:和田竜
撮影:清久泰延、江原祥二
音楽:上野耕路

★キャスト(キャラクター)
野村萬斎(成田長親)、榮倉奈々(甲斐姫)、成宮寛貴(酒巻靱負)、山口智充(柴田和泉守)、上地雄輔(石田三成)、山田孝之(大谷吉継)、平岳大(長束正家)、西村雅彦(成田氏長)、平泉成(成田泰季)、夏八木勲(和尚)、中原丈雄(北条氏政)、鈴木保奈美(珠)、前田吟(たへえ)、中尾明慶(かぞう)

★『のぼうの城』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.4???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『のぼうの城』の感想

●無料ホームシアター
忍城という小さな城が、石田三成の大軍勢を相手にいかに戦うかを描いた史実に基づいた歴史作品。農民たちから「でくのぼう」を意味の「のぼう様」と呼ばれ慕われる成田長親が、石田三成率いる2万人の豊臣軍にたった500人で挑んだという史実を基にした娯楽活劇。歴史好きなら有名なのか、でもかなり俳優パワーでクセが爆発している。フィルムとしてはかなりオーバーにアレンジして、映画的なドラマチックさをプラスしたといった感じか。
●FILMAGA
諸葛亮孔明よろしく城主が智謀の限りを尽くして相手を翻弄する、という展開ではなく、感情に任せた行き当たりばったりな行動に幸運が重なって結果がついてくる、いわば戦国版ラッキーマンというべきような展開が連続する。ただ、行き当たりばったりとは言っても、その根底にはプライドと自己犠牲の精神があるので純粋に好感が持てた。エンターテイメント性は抜群のど迫力があるCGにどういう反応をするのかが、重要な印象左右になるかも。
●BILIBILI  
主演が野村萬斎で、脚本が原作の和田竜の時点で観るしかないと思いました。監督が犬童一心樋口真嗣とは贅沢な反面、良さが活きるか不安もありつつ。もちろん、萬斎さんの存在感と演技力、田楽踊りの素晴らしさもあるけれど。物語全体を意識してエピソードを厳選した脚本の素晴らしさはさすが原作者。水攻めの迫力もさることながら、前田吟、夏八木勲といった脇を固める役者陣。市村正親の豊臣秀吉は一瞬しか出演シーンがないのに超豪華でしたね。
●MOVIX
佐藤浩市の安定感と若手俳優陣も素晴らしかったです。榮倉奈々、成宮寛貴、上地雄輔、山田孝之と先が楽しみですね。榮倉奈々の棒読み調もやや浮世離れした姫のキャラクタには加勢しているので、私は良かったと解釈しています。野村萬斎の演技は独特の世界観を持ってて、それでも映画の中でちゃんと溶け込んでいるので正解だったのではないかなと。今振り返れば、絶対やらないようなキャスティングで攻めている時代劇でしたね。