クラウド アトラス / Cloud Atlas

ウォシャウスキーが贈る脅威の世界

映画『クラウド アトラス』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 雑多なリンク、邪魔な広告は無いです。
今すぐ『クラウド アトラス』を見るなら動画リンクをチェック。

ラナ&アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクバの3人の監督がメガホンをとり、デビッド・ミッシェルの同名小説を映画化。悪人として始まったある男の人生が、常識も物理も飛び越えて過去・現在・未来といくつもの時間や空間と交錯する。現実ではありえない数奇な体験を経た男が、揺らいでいる世界を救おうとする姿を、ドラマやSF、アクション、ミステリー、ファンタジーなどさまざまなジャンルを内包して描くフルスケールの壮大な物語。製作はグラント・ヒル、シュテファン・アルント。

原題:Cloud Atlas(「クラウド・アトラス」) / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年3月15日 / 172分 / 制作:Cloud Atlas Production / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億2800万ドル / 興行収入:1億3000万ドル

映画『クラウド アトラス』本予告編

(C)2012 Warner Bros. Entertainment. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『クラウド アトラス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
幻想的な設定で観客を驚かせるようなビジュアル重視の映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなダイナミックな映画をお得に見るなら、動画配信サービスを使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらでも便利なことは同じですが、使い勝手が違うので事前にしっかり下調べしておくと良いでしょう。

「無料」を見逃すな!
「財布と相談しよう」そんな一歩待つ姿勢は必要ないかもしれません。無料お試しがあるので後々で支払いは先送りできます。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「よく広告でもみるけど本当に無料なんてあるの?」と思っているなら太鼓判を押せます。これは間違いなく初心者への無料救済策。最初の一歩を踏み出せないあなたに贈るプレゼントボックスです。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「クラウド アトラス」の鑑賞はダメです。「私のiPhoneはセキュリティが万全だから大丈夫って聞いた」それは嘘です。どんなメーカーの機器でも必ず脆弱性があり、深刻なリスクの修正も間に合わないこともあり、自分のあずかり知らぬところで大ダメージを受けていることも否定できません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

あなたの選択は自由!
作品のデジタルビデオ供給は今や一般化しており、ディスクよりもVODで見ている人の方が多数派になる勢い。しかし、今日はあの作品が配信されていても明日も同じとは限りません。さすがにトータル・チェンジすることはなくとも、自分の視聴希望作品が消えたら意味はないです。「クラウド アトラス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。あてもなくウロウロの暗闇の森を歩いていても出口にはたどりつけません。このページでは単に無料であることを知らせるのではなく、どこで配信しているのかという場所をルート表示して道案内しています。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、見る価値はあります。「あまり知らないサービスがあるけど…」という人はむしろ思わぬ幸運。そんなファーストタッチならば、無料視聴の可能性がすぐそこです。

あなたはどっち派?
あなたの好きな視聴スタイルは「字幕」ですか、「吹き替え」ですか。これは大きな違いです。下手をすると作品の印象をガラリと変えてしまいます。まるで2種類のバージョンがあるような雰囲気で、選択が慎重になるのも当然。「私は絶対に字幕じゃないと嫌だ」「いや、文字を追いかけるのは面倒すぎるし、吹替の方がいい!」そんな終わりのない論争も映画好き界隈では突発的によく起こります。「クラウド アトラス」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、安易にサービスのせいだと決めつける前に、まずは自分の通信品質も疑ってみましょう。「クラウド アトラス」の動画が数秒おきに停止する、映像がカクカクと動いて滑らかではないなどという劣悪な再生状況が起きたりも。そういうときはネットが遅いせいかもしれません。無線LANの速度は早ければいいので一度家庭の電波状態をチェックすると良いかもしれません。ルーターは他の電波を発するモノの近くに置いたりせずに、なるべく遠くまで届くように高い位置に設置しましょう。

パスワードは大事
百花繚乱の映画が集うVODの沼にどっぷりとハマる前に、アカウントの作成が必要になりますが、その際はパスワードには入念に気をつけましょう。「パスなんて面倒だからテキトーでいいじゃん」という油断が最悪の結果を生みます。とにかく使い回しをしないというのは最低条件であり、そうしないと安易にリスト攻撃なのでアカウント乗っ取り被害に遭います。VODでもその被害例がたびたび確認されるので、絶対にパスを流用じゃない固有のものにしましょう。危険のない「クラウド アトラス」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

高画質で見られる?
ノイズだらけ、はたまた遅延ばかり、さらには低画質な動画なんてものはたとえ無料でも嫌なものです。VODはネット配信なのでその画質品質を心配するかもしれませんが、実際はDVDを上回るクオリティがあるので大丈夫です。中には4Kしているものもあり、すでにブレーレイにすら匹敵する領域です。バカ高い機器に金を払うこともなく、自由に高品質動画を大量に堪能できるのですから夢のようです。「私はそれよりも通信量が気になる…」それもOKで、ちゃんと選択できるので自分に合った「クラウド アトラス」の動画を楽しみましょう。

『クラウド アトラス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『クラウド アトラス』をさらに知る

★スタッフ
監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ、アンディ・ウォシャウスキー
脚本:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ、アンディ・ウォシャウスキー
撮影:ジョン・トール、フランク・グリーベ
音楽:トム・ティクヴァ、ジョニー・クリメック、ラインホルト・ハイル

★キャスト(キャラクター)
トム・ハンクス(ドクター・ヘンリー・グース/安ホテルの支配人/アイザック・サックス/ダーモット・ホギンズ/「カベンディッシュの大災難」の主演俳優/ザックリー)、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィービング、ジム・スタージェス、ベン・ウィショー、ペ・ドゥナ、ジェームズ・ダーシー、ヒュー・グラント

★『クラウド アトラス』の評価

IMDbRTMETA
7.566%??
映画comY!FM
3.5???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『クラウド アトラス』の受賞
第70回ゴールデングローブ賞で最優秀作曲賞にノミネート。

★『クラウド アトラス』の感想

●映画無料夢心地
本当の骨太SF映画を観たという衝撃をドカンと脳みそにぶちまけられました。輪廻転成、カルマ、前と悪といったテーマをそれぞれの短編で物語る構成で、その内容からして仏教的なので日本との親和性が良いと思います。だからこそのペドゥナ起用なのかもしれません。手塚治虫師匠のスターシステムのように1人の役者さんが時代を超えて何作も演じるなど、壮大な物語の中に非ハリウッド的な要素を随所に感じます。好きな人はドハマりすることでしょう。
●TOHOシネマズ  
何度も視聴を繰り返さないと全容の把握は難しいだろう。ある時代では主役だけどある時代では脇役だったり、男として生まれた時代もあれば女として生まれた時代もある、といったような時代ごとの役柄の変化は作品の複雑性を何百倍にも増長している。さすがにこの規模の作品をディレクションするのは至難の業だったのか、監督は複数で担当。冗長すぎかと思いきや、終わって見るとスケールに圧倒される存在感が印象的な稀有なSFとして大事にしたい。
●ユナイテッドシネマ  
1800年代、1900年代前半、1973年、2012年、2144年と入り組みながらそれぞれの物語が入り乱れる。まずこの特殊な展開に驚いた。今まで多少の時勢の交差はあっても、ここまでの知恵の輪みたいな混乱具合は初めてで、私に理解できるか不安だった。結果は問題なし。各エピソードをウォシャウスキー姉弟とトム・ティクヴァが担当することからオムニバスのような、グランドホテル形式であり、とても豪華でバラエティが魅力。疲れるけど、観て良かった。