エンダーのゲーム / Ender’s Game

賞にも輝いた人気SF小説が映画化

映画『エンダーのゲーム』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 雑多なリンク、邪魔な広告は無いです。
今すぐ『エンダーのゲーム』を見るなら動画リンクをチェック。

オースン・スコット・カードが1977年に発表し、アメリカSF界の権威であるヒューゴー賞とネビュラ賞をダブル受賞した名作小説「エンダーのゲーム」を映画化。製作総指揮にはビル・リシャック、デビッド・コートスワース、アイビー・ツォン、ベンカテッシュ・ロッダムなどが名を連ねる。異星人の侵攻を受けた地球は、衛星軌道上に「戦いを終わらせる者」を育成するバトルスクールを設立し、世界中から才能と可能性に満ち溢れた優秀な子どもたちを集めていた。一家族がもうけられる子どもは2人までと定められた厳格なルールの世界で、やってはいけない禁断とされる3人目の子ども=サードとして生まれたウィッギン家の少年エンダー。その経歴もあって世間からは冷遇されて育ったが、やがて才能を見込まれて養成のためにバトルスクールに送られる。優秀な成績をおさめ、みるみる頭角を現すエンダーに周囲は「戦いを終わらせる者」として運命的な存在になることへの期待を寄せるが、エンダーは戦うことへの疑問と重い宿命に自分の中で苦悩する。そんな中、ついに最終戦争の時が迫り…。

原題:Ender’s Game / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2014年1月18日 / 114分 / 制作:OddLot Entertainment / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

映画『エンダーのゲーム』予告編

(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『エンダーのゲーム』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
独自の設定で観客を魅了するSFはそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが良いでしょう。レンタル店でDVDを借りるのはこれまでの基本でしたが、今ではネット配信が主流になってきました。視聴スタイルを自由に選べるのもメリットで、スマホ、パソコン、タブレット、テレビ、ゲーム機器と好きなようにユーザーは選択してエンジョイすることができます。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料金は私の気持ちを削ぐ…」そういうやる気減退を回避するためにご丁寧に用意されているのが無料お試しという玉手箱。なんとも耳寄りな情報ではありますが、これは初期登録時点から設定された一定の期間、動画視聴を含むあらゆる機能を無料試用できるもので、フリーダムに使えます。「子どもでもラクラクなくらいの敷居の低さなら…」と思っているなら、別に難易度は易しめなので安心。メールアドレス新規作成とほぼ同じ程度のスピードで完了して、数分以内に動画視聴できます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「エンダーのゲーム」の鑑賞はダメです。不正アプリが審査をすり抜けて公式アプリストアに紛れ込む例もあり、サイト利用を通して自然にインストールを促される場合も。あれこれと手口を変え、姿を変えて侵入を試み続ける「良くない存在」にとって、違法動画視聴者は絶好の騙しやすい相手です。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

あなたの選択は自由!
ネットのデジタル流通の映画はDVDよりも先行することが多く、VODでも意外に早めにお目にかかれたりもします。ただし、世の中は障害物を設置してくるもので、これを取り除かないといけません。具体的には配信VODの特定というハードルをぴょんとジャンプしないとダメです。「エンダーのゲーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページ情報こそその悩みをズバッと解消改善するヘルプになります。フルムビバースはアイコンが並んでいると思いますが、それが配信性のあり得るVODの一覧になっており、時々変化に合わせ更新してもいます。レコメンド内容が全く同じコピペで量産するような雑な紹介はせず、個々の作品に合わせて調整を加えながら、動画配信の有無を検証しています。「こんな名前のVODは全然知らなかった」もしそんな出会いができれば、無料動画への道筋が目の前に開けてくるので、天の恵みみたいなものです。

あなたはどっち派?
外国映画を観る時のチェックポイントは「字幕」を選ぶか「吹き替え」を選ぶかという二択。片方しかないこともありますが、ネット配信時はどちらでも選べたりする機会が多いので悩むものです。好きなように選んでいいのですが、このこだわりは譲れない人もいます。外野の意見は気にせずに自分の趣味で構いませんので、VODならではのお手軽さで遊んでみるのも良いのではないでしょうか。「エンダーのゲーム」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「エンダーのゲーム」を見たい気持ちをまずは抑え、標準的にクレジットカードの登録がベーシックとなります。サービス各社によっても違いますが、スマホなどで利用中のキャリア決済も対応している場合も(とくにケータイ企業のVOD)。クレジットカードは基本はどの会社でも対応可ですが、プリペイド型のタイプは制限があるので要注意(個人確認ができないため)。持っていない人は所有している人に相談するか、自分で新規に作成することを検討するのも良い機会でしょう。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する際に入力する情報は、名前、メールアドレス、アカウントパスワード、生年月日、電話番号などだけです。電話が来たら迷惑極まりないですが、それはないですし、メールすらも頻繁には届きません(アカウント設定でOFFにすると良いです)。入力情報は必要なものに限るので、無駄にプライバシーを侵害するリスクも少ないです。VODのストイックなシンプルさは事前にクレジットカードの登録を要求することで、ユーザーの信頼性を確認しているゆえです。あとは「エンダーのゲーム」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

ホームシアターのススメ
スマホでもお手軽なので良いですが、大画面で観る方が映画は映えます。最高クラスの極上体験を追求するならホームシアター環境の実現が理想。これを経験してしまうとパソコンなどには二度と戻れなくなるかも。VODと組み合わせることで、劇場のような空間を無料で自宅に構築できるので「エンダーのゲーム」も最高級に。こうなってくるといかにしてそのリッチシアターを組み上げるか。無料ホームシアターとはいきませんし、コストは低いわけでもありません。でも価値はあります。大型家電店に行って実際の機器を見てイメージを膨らますのもいいでしょう。

『エンダーのゲーム』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『エンダーのゲーム』をさらに知る

★スタッフ
監督:ギャビン・フッド
脚本:ギャビン・フッド
撮影:ドナルド・M・マカルパイン
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー

★キャスト
エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ビオラ・デイビス、ヘイリー・スタインフェルド、アビゲイル・ブレスリン、アラミス・ナイト、モイセス・アリアス、カイリン・ランボ

★『エンダーのゲーム』の評価

IMDbRTMETA
6.662%??
映画comY!FM
3.1???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『エンダーのゲーム』の感想

●シネマトゥデイ
自分が思っていた以上の満足感を得られました。ゲーム感覚に優れた子どもたちを戦闘司令官に育てるというありえそうでありえない設定が斬新。天才児エンダーが、徐々に司令官へとステップアップしていく過程もゲームそのもの。性急な感じもするけど、ここにあまり時間を割くと長く感じるのでバランスとしてベスト。子どもたちの純粋さを利用した大人たちがシミュレーションゲームと思わせて異星人を殲滅させるというストーリーもなかなか面白い。
●ユナイテッドシネマ 
原作ものなので兼ね合いもあるとは思いますが、物語の取捨選択には苦戦していた感じもする。若手俳優と超ベテラン俳優が交じり合うキャスティングは不思議とアツいものがある。エイサ・バターフィールドやヘイリー・スタインフェルドなんて超若手だが、すでに才能を見せつけ、プロに匹敵する存在感を放っている。原作に比べかなり端折られているものの、中二病的な需要はしっかり満たしており、じゅうぶんに一定のクオリティを期待して良いです。
●イオンシネマ 
なぜ「エンダー”の”ゲーム」なのだろうと思ったけど、原作の小説の翻訳からしてそうなっているのでしょうがないのかな。何となく間が抜けている印象なのが残念。原題の「エンダーズ・ゲーム」で充分格好いいじゃないかとも思うのですが。テレビシリーズとかにしたら、それぞれのキャラクターの魅力を深く掘り下げられるし、良かったかもしれない。強大な軍事力を持つ昆虫型生命体とか聞くと、某SFパニックを思い出すけど、案外別物でした。