猿の惑星:創世記(ジェネシス)

「猿の惑星」リブートシリーズ第1作

映画『猿の惑星:創世記 ジェネシス』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! リンクの羅列で無駄足を踏んだりしません。
今すぐ『猿の惑星:創世記 ジェネシス』を見るなら動画リンクをチェック。

名作SF「猿の惑星」(1968)のプリクエル(前章)を描くリブートシリーズの第1作。現代の米サンフランシスコを舞台に、遺伝子操作によって高い知能を獲得し人間たちを支配しようと企むサルたちと、それに対抗する人間たちの戦いを描く。製作はリック・ジャッファ、アマンダ・シルバー、ピーター・チャーニン、ディラン・クラーク。ジェネシス社という製薬会社に勤める神経学者のウィルは、特殊なアルツハイマー遺伝子治療薬を開発し、実験台として雌チンパンジーのブライトアイズに投与する。それは非常に効果を期待されていた。ALZ112により劇的に知能を向上させたブライトアイズの成果からウィルは、更なる臨床試験の許可を得ようとジェネシス社幹部達を説得するが、その最中にブライトアイズは密かに身籠っていた子猿を守ろうとして凶暴化し、そのトラブルの最中に射殺されてしまった。死によって実験は中止。進めていた研究が凍結され、しぶしぶ職場を自宅へと移したウィルは、意気消沈する。しかし、ブライトアイズが遺した雄の子猿を引き取り、その子猿をシーザーと名付け育て始め、愛情を注ぎながら観察する。どんどん成長していき、知能を発揮するシーザーだったが…。

原題:Rise of the Planet of the Apes / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開:2011年10月7日 / 106分 / 制作:Chernin Entertainment / 配給:20世紀フォックス / 製作費:9300万ドル / 興行収入:4億8100万ドル / 次作:『猿の惑星:新世紀(ライジング)

映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』予告編

(C)2011 Twentieth Century Fox Film Corporation


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る

▼『猿の惑星:創世記 ジェネシス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

予測つかない激動のドラマを!
往年の名作を最新の映像で蘇らせ、物語も現代版にブラッシュアップした作品はそれだけの魅力がしっかり存在しています。そんなスリルある大作を見たいときは、動画配信サービスを利用してお得に見ましょう。ネット配信というメリットをいかせば、例えば、スマホで見るなど自由なタイミングで視聴ができます。さらにダウンロード機能もあったり、字幕や吹き替えを選べたりと、ユーザーにも嬉しいサブツールも充実しているので活用しましょう。

「無料」を嫌う人はいない!
加えて、慣れていない初心者にも朗報です。いきなり有料スタートが嫌なら、無料お試しで初めの一歩を踏み出しましょう。お試しには期間があるというだけで(2週間まで、1か月までなど)、機能自体の制限はないので、スマホでは使えませんというような煩わしい欠点もなく、完全な利用が最初からできます。「無料期間なんて1日程度であっさりと終わるんでしょ?」そんなことはありません。たいていは映画を多数鑑賞し続けても余りある時間が確保されており、しばらくはゆっくりと落ち着いて楽しめます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の視聴はダメです。具体的にどのような危険性が検出されるのか、特定のウイルス対策ソフトで一部のサイトを調査してみると、不可解な動作をするプログラムが頻繁に検出され、情報を盗み取るページにアクセスしていることを示すアラートがヤバさを物語ります。「選択に良いも悪いもない、個人の自由だ」と主張する人もいるかもしれませんが、法的に禁止ならばそれは紛れもなくバッドです。

使うべきはどれ?
「クソ~、あれもこれも見たすぎるぞ。見きれないのが困る!」そんな狂喜乱舞も納得の映画動画の玉手箱です。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでもしょうがないです。このページを使って疑問点を解決しましょう。アイコン表示がこの作品を配信中のVODです。情報はある時点のものですが、参考にはじゅうぶん機能します。対応対象としてカバーしているVODの多様性はトップクラス級。大手からあまり知られていないものまで、多種多様な顔が並びます。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

字幕・吹替、選択は自由
あなたの好みは「字幕」か「吹き替え」か、どちらでしょうか。双方の言い分はよくわかります。字幕の方が俳優の演技もよくわかるし、何よりもオリジナルの声が聴きたいんだという気持ちがあるのは納得です。吹替は雑な扱いだと下手な人が声をあてて散々な印象になっているケースも残念ながらあります。一方で字幕は画面が文字で汚されることを気にしてしまったり、何かと邪魔で、だったら吹き替えで耳だけで集中できるのも便利です。メリットはあるので「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の面白さの発見につながるかもしれません。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」をガッツリ鑑賞するモードに入る前に、クレジットカード登録は避けられません。これはユーザーが適切な利用者かどうかの判断になります。不正に複数でアカウント作成している人や、年齢を偽っている人、支払う能力がないのに悪戯する人…そういう人間を回避するためのものであり、健全な運営には必須です。クレカがないなら作りましょう。そんなに難しくはないです。あなたが過去に悪質な未払いを起こしていないのであれば問題なく新規で作成はできると思います。

フェアにオススメします
VOD多すぎ問題はなかなかの困らせてくる難点で、どうしたって判断に苦労します。「これは似ているけど同じでは?」「私に合っているのはどれ?」こんな疑問は多いものです。しかし、残念ながらこれがベストですとは言えません。結局は人の趣味は個人の領域なので他人に判定しづらいのです。試さないとわからないということで、こちらでは平等に全部をリストすることにしてアシストしています。単純に「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
良質な映像で作品を見たくない人間はいないと思います。劇場ではそのクオリティは当然だと思われがちですが、意外にシアター環境に左右されてしまうので個人ではどうしようもないことも。これでは何か残念です。VODはハイクオリティ&安定再生という二柱があるので頼れます。あまり多くのデータ通信を要する動画はキツイと思うのなら、事前にスマホにダウンロードしておけば解決。通信制限は消費しません。パソコンでもスペックの問題で軽くしたいなら解像度を下げられるものがいいでしょう。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の動画を楽しみましょう。

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『猿の惑星:創世記 ジェネシス』をさらに知る

★スタッフ
監督:ルパート・ワイアット(関連作品:『DATSUGOKU ~脱獄~』)
脚本:リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー
撮影:アンドリュー・レスニー
音楽:パトリック・ドイル

★キャスト(キャラクター)
ジェームズ・フランコ(ウィル・ロッドマン)、フリーダ・ピント(キャロライン・アランハ)、ジョン・リスゴー(チャールズ・ロッドマン)、ブライアン・コックス(ジョン・ランドン)、トム・フェルトン(ドッジ・ランドン)、デヴィッド・オイェロウォ(スティーヴン・ジェイコブス)、タイラー・ラビーン(ロバート・フランクリン)、ジェイミー・ハリス(ロドニー)、アンディ・サーキス(シーザー)、カリン・コノヴァル(モーリス)

★『猿の惑星:創世記 ジェネシス』の評価

IMDbRTMETA
7.681%??
映画comY!FM
3.63.783.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『猿の惑星:創世記 ジェネシス』の感想

●無料ホームシアター
評判に違わぬ出来で一気に見終わった。『猿の惑星』を再始動させ、新たなシリーズの幕開けの作品です。旧シリーズは全5作になり、今回の再始動は4作目の『猿の惑星・征服』を新たな設定の元にして制作された作品に当たります。地球上の生物の進化の概念を覆し、新たな神話へと引き継がれる、まさに序章というべき作品。シーザーが少しずつリーダーシップを取るようになる成長の過程も良いしゴリラを仲間にするところあたりもカッコいい!
●シネマトゥデイ 
まるで人間の話みたい。これからどんな風に「猿の惑星」になっていくのか、楽しみで仕方がない。人間の役者より猿の方に魅了されるってあらためて考えると凄いです。この1作目はリブートですが、基本はそこまでの前情報もなくても楽しめるのでためらう必要はありません。現代人にもわかりやすい導入ですし、小難しいトリックもないので、すんなり見られます。ある意味、最高に優しい入門編です。
●BILIBILI  
実は『猿の惑星』を観たことがないのでちょっと不安でしたが、全く問題なく楽しめました。タイトルに「猿の惑星」ってついてますが、実はこれ英雄の誕生譚なんですよね。そう見ると、無垢な赤ん坊がぐんぐん成長し、威風堂々とした英雄になるまでを楽しめます。シーザーの目付きがどんどん変化していくのが印象的ですね。シーザーの目がすべてを語っています。反乱に乗り出すとき、檻の中で息をひそめてタイミングを待つ姿は素晴らしい。