エンド・オブ・ホワイトハウス|フル動画を無料視聴できるサービス【字幕&吹替】

このアメリカ大統領は、最強

映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』のフル動画を無料視聴する方法を、一瞬で動画に移動できるように、最速スピードでナビゲートしています。
今すぐ『エンド・オブ・ホワイトハウス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Olympus Has Fallen(「オリンパス・ハズ・フォーレン」「エンドオブホワイトハウス」) / アメリカ(2013年) / 日本公開:2013年6月8日 / 120分 / 制作:Millennium Films / 配給:アスミック・エース / 次作:『エンド・オブ・キングダム

映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』 予告編

(C)2013 Olympus Productions, Inc

動画
▼『エンド・オブ・ホワイトハウス』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 多機能視聴

VOD2 Huluで動画を見る 不快広告無し

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『エンド・オブ・ホワイトハウス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなのエンタメはここにある!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけのスリルがあります。そんな手に汗握るスペクタクルな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く使いましょう。レンタル店でDVDを借りるのがいつもだったという人でも、ネット配信は一度味わえば病みつきになります。時間がない人は通勤通学途中のちょっとした時間にスマホで見るのもOK。家に帰ってじっくりテレビで鑑賞タイムでも楽しいです。

「無料」はやっぱり魅力的!
「今、いくらだせるかな」そんなことを考えなくてもいいです。トライアルで無料期間があるのでとりあえず気にせずOK。「なんか自分の観たい作品が少ないな…」「私の環境だと上手く再生できない」「少し使いづらさを感じる」そういう使って初めてわかるフィット具合を判断する時間的余裕がお試しの利点です。「退会させないトラップじゃない?」それはありませんと明言できます。しっかりと安心できるからこその評判なのです。某評判の悪いアレと違って解約にかかる手間はほぼないので、始めるのもやめるのも再開するのもかなり個人の好き勝手にできます。アントワン・フークア監督の「エンド・オブ・ホワイトハウス」もアリ。

迂闊な油断で大惨事!
不正な動画ウェブサイトは一発で大混乱に陥ることになるので適法性・実用性の二点で非推奨。ジェラルド・バトラー主演の「エンド・オブ・ホワイトハウス」もダメです。「私はウイルス対策のセキュリティもバッチリなのでなんとかなる」そんな気のゆるみは油断大敵で、想像を大きく越えていく回復不能な最悪の事態につながります。実際に既存のプロテクトでは100%防ぎれないことがわかっており、その思わぬ弱点を突いて怖い危険が攻め込んできます。本来は言うまでもないですが、合法性うんぬんかんぬん以上にリスク回避の点でも重要だということです。

いちはやくウォッチ!
「関心を持っている映画があちらこちらにあるので前から気になってたのよね」それならばもう気に悩むことはないです。でも、うっかりミスを避けないとダメです。「登録の勢いのままに勇んで始めてみたけど視聴したい映画がない」という虚しい残念事態は回避しないと、何の意味もありません。モーガン・フリーマン出演の「エンド・オブ・ホワイトハウス」を視聴できるVODは無限の候補の中からどれなのか気になると思います。混乱する前にこのページに載っている動画リンクを含むVODレコメンド・スペースを参照してみましょう。サジェストしている情報量も多いのですが、長所はアイコンの明快なわかりやすさです。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。「エンド・オブ・ホワイトハウス」は逃さずに。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

字幕・吹替、選択は自由
破壊的な事件をセンセーショナルに描く「エンド・オブ・ホワイトハウス」は観たくなりましたか。外国語映画ならば「字幕」か「吹替」の選択ができるものがあります。あなたが好きなのはどれでしょうか。字幕は映像動画に集中できない欠点がありますが、役者の声をそのまま聞けるので演技を純粋に楽しめます。吹替は誰が声をあてるかでクオリティが左右されるのですが、そこまで致命的な酷さでもない限りはOKですし、運よく素晴らしい声優陣に支えられていれば最高クラスの別格オリジナルなユニークさが追加されることになります。アーロン・エッカート出演のシリーズ化も進んでいる「エンド・オブ・ホワイトハウス」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分であり多くの心配の声を聴くのですが、それはサービス側の問題というよりは、あなた自身の家の設備や間取りなどユーザーの通信環境の影響も大きいです。アンジェラ・バセット出演の「エンド・オブ・ホワイトハウス」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、総合的な判断で精査することでネット環境を見直しましょう。理由もわからずイライラしてしまいがちですが、落ち着いて消去法でひとつひとつ対処です。まずは、無線LANから有線LANに接続して速度が改善するか確認。それで良くなったら無線環境が悪い証拠です。それでも良くならないならルーター自体が古いか、設定の問題かもしれません。「エンド・オブ・ホワイトハウス」もスムーズに。

高画質で見られる?
ダイナミックなビジュアルが売りになっている「エンド・オブ・ホワイトハウス」は映像第一。どうせなら可能なかぎり高画質で動画を視聴したいものです。VODは登場初期の頃は画質は褒められるものではありませんでした。しかし、現在は最高レベルでの解像度に対応しているものも標準化しつつあります。つまり、DVDやブルーレイと大差ありません。むしろそれらの数万円~数十万円する再生機器を必要としないぶん、VODの方が容易くお得に高画質動画を視聴することができます。画質は選択可能なので、マシンパワーに会わせてパーソナルな環境にマッチする画質で綺麗な「エンド・オブ・ホワイトハウス」の動画を楽しみましょう。

その動画サイトは使える?
メリッサ・レオ出演の迫力満点なアクションサスペンス大作「エンド・オブ・ホワイトハウス」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。「エンド・オブ・ホワイトハウス」も正しく。

『エンド・オブ・ホワイトハウス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年7月7日時点での『エンド・オブ・ホワイトハウス』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『エンド・オブ・ホワイトハウス』をさらに知る

ジェラルド・バトラーが製作・主演を務め、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、メリッサ・レオら豪華キャスト共演で描くアクションサスペンス。『エンド・オブ・ホワイトハウス』の製作総指揮はアビ・ラーナー、ジョン・トンプソン、トレバー・ショート、ボアズ・デビッドソン。アメリカ独立記念日の翌日となる7月5日、綿密に練られたテロ計画によりホワイトハウスが襲撃、占拠される前代未聞の事態が発生。あまりにも一瞬にアメリカの中枢部は崩壊する。大統領を人質にとったアジア人テロリストは、日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求し、ひっ迫した状況はさらに深刻化。誰もが手をこまねくなか、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケルが、この誰もが絶望を感じていた難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出すが…。

★『エンド・オブ・ホワイトハウス』のスタッフ


監督:アントワン・フークア(関連作品:『クロッシング』)
脚本:クレイトン・ローゼンバーガー、ケイトリン・ベネディクト
撮影:コンラッド・W・ホール
音楽:トレバー・モリス

★『エンド・オブ・ホワイトハウス』のキャスト


ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、アンジェラ・バセット、メリッサ・レオ、ディラン・マクダーモット、アシュレイ・ジャッド

★『エンド・オブ・ホワイトハウス』の評価

IMDbRTMETA
6.5??%48
映画comY!FM
3.4???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)3.0

★『エンド・オブ・ホワイトハウス』の感想

●『エンド・オブ・ホワイトハウス』シネマトゥデイ 
大統領選、誰にすればいいのかなんて、ジェラルド・バトラーに決めてもらおう。この男ともっとも相性がいい奴がアメリカを統べる人間にふさわしいものだ。やはりいきなりホワイトハウスが爆撃されたり、襲撃されたり、占拠されたりしても動じない人間が適切だ。軍隊に頼らずとも独力で状況を打破できる個人突破力もほしい。なにより肉弾戦こそが全てと言い張れる度胸が必要だ。さあ、我こそは大統領になりたいという人は、挑んでいくとよい。
●『エンド・オブ・ホワイトハウス』ユナイテッドシネマ 
壮大すぎて流石アメリカって感じ。いまだにこういう映画を作れるあたり、この国、911テロもたいしてこたえてないのではないかと心配になるほど。アメリカを守ってるのはジェラルド・バトラーということが共通認識として成立している世界。ホワイトハウスの陥落も大したことはない。実際にこういう事が起こらないとは限らないが、アメリカがどれだけホワイトハウスを大事にしているかがわかりますね。意外と呆気なく終わった陥落でした。
●『エンド・オブ・ホワイトハウス』DAILYMOTION 
世界最強のリーダーは誰かと聞かれたら、この映画のアメリカ合衆国大統領ベンジャミン・アッシャーの名を答えておけばいい。ホワイトハウスが襲撃された場合、軍が駆けつけるまで「15分」かかるという事実を基に描いたらしいが、よくその情報だけでここまで物語を膨らませたものである。主人公以外のシークレットサービスが雑魚同然だが、しょうがない。活躍の邪魔だからね。アメリカは正義というか、ジェラルド・バトラーは正義ですね。