トータル・リコール(2012)

フィリップ・K・ディックの人気SFを再映画化

映画『トータル・リコール』のフル動画を無料視聴する手段はこのページで簡単に見つかります。適切なサイトを紹介しているのでご安心を。
今すぐ『トータル・リコール』を見るなら動画リンクをチェック。

フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化したアーノルド・シュワルツェネッガー主演の同名SFアクションを、コリン・ファレル主演で新たに映画化。製作はニール・H・モリッツ、トビー・ジャッフェ。戦争の果てに環境が荒廃した近未来。工場労働者のダグラス・クエイドは、退屈な日々の生活に嫌気がさし、もっと違うことで人生が変えられないか考える。そこで記憶を売買するリコール社を訪れる。しかし、クエイドが新しい記憶を植えつけられようとしたとき、突然、警官隊が襲来。パニックになる中、巻き込まれてしまったクエイドは思わぬ戦闘能力を発揮し、その場を逃げ切る。やがてクエイドは、現在の自分が、記憶を上書きされてダグラス・クエイドという人物になっているだけだということを知り、完全に何が真実なのかわからなくなっていく。自分の記憶のどこまでが本物なのか、すべてを疑いながら戦いに巻き込まれていく。

原題:Total Recall(「トータルリコール」) / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2012年8月10日 / 118分 / 制作:Original Film / 配給:ソニー・ピクチャーズ

映画『トータル・リコール』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『トータル・リコール』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

過去の名作を現代技術でバージョンアップした映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りる以上にメリットもいっぱい。スピーディに動画を見れて、同じようなジャンルの映画をたくさん連続視聴できます。出演俳優で検索するのも容易で、今以上にますます映画が好きなっていくものになっています。

「なるべく支払いは後にしたい」それならばお試しできます。もちろんお金は無料です。映画動画をタダで見れるのです。1か月まで無料体験できたら最高だと思いませんか。期間は各サービスによって違うので要相談ならぬ要確認ですが、多くのサブスクでも何かと実装されている嬉しい特典であります。「あっけなくサービス終了とかないのかな?」と不安になりますが、実際のところVODが急に使えなくなるような事態はほとんど起こっておらず、運営母体が安定しているものばかりですので、お気にせずに。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。リターンさえあれば利用したくなるかもしれませんが、利益どころか骨の髄まで害を与える、マイナス100%の有害性です。あまりそれで損害を受けたという体験談を聞かないかもしれませんが、それは人には言えないためであり、実際は発生しています。ぼやけた動画などを見ても何の面白さもないですし、時間が虚しいだけなので、そんな寄り道をせずに公式動画配信へGOです。

「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。しかし、配信の作品バラエティは1日ごとにチェンジしていき(全部が丸ごと変わることは稀で、少しずつ変化していくのが基本)、現状を気づきにくいです。「トータル・リコール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。「これだけを登録しておけばOKです!」とゴリ押しするようなことはしません。それはさすがにユーザーを無視しすぎていますから。ビギナーズラックという言葉があるように、VODも未体験時ほどラッキータイミング。無料動画は目と鼻の先にあるので手を伸ばしましょう。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。熱演を披露する役者の演技をダイレクトに満喫するなら迷うことなく字幕でしょうし、そうじゃなく字幕は画面が汚れる感じで嫌だという人ならきっと吹替一択になるはず。一長一短のメリット&デメリットを抱えており、完全な好きな方を選ぶべき話です。VODはダブルタイプ選択可能な作品も収録済みなので、見比べるor聴き比べるのも新しい「トータル・リコール」の面白さの発見につながるかもしれません。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「トータル・リコール」でもあります。例えば、今では誰でも所有しているスマートフォンですが、映画などの大容量動画の長時間再生となると、それなりのスペックが求められます。少なくとも安い低価格スマホだと、再生がカクつくこともあるかもしれません。スマホで映画鑑賞するなら、大画面で高画質&優れたCPU性能のものを選択すると後悔しません。ただし、スマホならば各VODごとに専用アプリがあるので、そこまで真剣に機能性を考えなくても視聴に不便しないです。

『トータル・リコール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『トータル・リコール』をさらに知る

★スタッフ
監督:レン・ワイズマン
脚本:カート・ウィマー、マーク・ボンバック
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★キャスト
コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ボキーム・ウッドバイン、ジョン・チョー、ウィル・ユン・リー

★『トータル・リコール』の評価

IMDbRTMETA
6.331%??
映画comY!FM
3.1???3.2
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『トータル・リコール』の感想

●映画無料夢心地 
作中の至る所で旧作の敬意を感じる。レトリックとして旧作を踏襲しつつも火星のテラフォーミングという大きすぎな絵を描かず、あくまで地球内に収めたのはベストな判断。ゲート通過の「あのおばちゃん」が、旧作と同じセリフを言うという憎い演出もある。旧作のハウザーはシュワルツェネッガーなので暴走ゴリラ的な強さだったが、リメイク版のコリン・ファレルはどちらが真の記憶かという大人な葛藤と決断のサスペンスが前面に出ているのも良い。
●TOHOシネマズ  
前半はサイバーパンク的でむちゃくちゃ好みだった。しかし、この時代ではそれだけではオリジナリティがないのでいろいろアレンジしてきている。リメイクとしては、シュワ版と比べるとストーリーもシュワ版より丁寧には描かれているが、あの独特の世界観での疾走感ある展開は劣るので、人それぞれの好みの問題だろう。コリンファレルだと漂わす雰囲気からして違いますから、ドキドキハラハラする基本は同じでも、中身が変わるのは無理もない。
●DAILYMOTION 
前に元作品を見たからもういいかと思ったけど、このリメイク版は新鮮なSF映画として観られて良かった。オリジナル版の火星とかではなく地球の中での設定にしたりしており、プロットをいただいて参考にした程度の本作は、オリジナル版とは別物と考えた方が良いかもしれない。雨がシトシト降っていて、和傘をさす人も見られ、和風看板「夜伴」なども見られるあたりは「ブレードランナー」っぽい。というか、明らかに意識しているとは思う。