ゼロ・ダーク・サーティ(2012)

ビンラディン暗殺作戦の裏側を克明に描く

映画『ゼロ・ダーク・サーティ』のフル動画を無料視聴する方法を、確実なものだけを厳選しながらレコメンド中です。
今すぐ『ゼロ・ダーク・サーティ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Zero Dark Thirty(「ゼロダークサーティ」) / アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年2月15日 / 158分 / 制作:First Light Productions / 配給:ギャガ / 製作費:4000万ドル / 興行収入:1億3200万ドル

映画『ゼロ・ダーク・サーティ』予告編

(C)2012 CTMG. All rights reserved

動画
▼『ゼロ・ダーク・サーティ』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2 Huluで動画を見る 初心者有利

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -

VOD9 Gyaoで動画を見る

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Netflix ▼Netflix
Amazon ▼Amazonビデオ
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ゼロ・ダーク・サーティ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者は急増中です!
人間の負の歴史である戦争をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのが先決です。ネット配信という現代でもっとも勢いのあるサービスは映画視聴の方法として最適。画質が重要な映画でも安心です。ハイクオリティな映像をテレビで楽しめるので、迫力が重視される映画でも隅々まで満喫できます。可能な限りスケールの大きい環境で楽しみましょう。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「でもカネを要求するでしょ?」と思っているならまだまだ無知です。これには無料お試しというリーズナブル価格サポートがあるのです。何も考えずに登録する人もいますが、毎月月額料金をとられればかなりの額になってしまうかもしれません。でも無料期間を各サービスで使っていくと、とっかえひっかえで長持ち無料になります。「有料動画を無料にするなんて都合が良すぎる」「映画はどこまでも観たい気持ちはずっとあるけど、でもなぁ…」という疑惑は捨て去りましょう。繰り返しますがこれは公式サービス。映画会社の提供でお贈りされる、誰にでも胸を張れる真のリーガルな視聴手段なのです。キャスリン・ビグロー監督の「ゼロ・ダーク・サーティ」もアリ。

その再生は危険の証?
不正な動画ウェブサイトはずっと消えない恐怖があるもので適法性・実用性の二点で非推奨。それでジェシカ・チャステイン出演の「ゼロ・ダーク・サーティ」の視聴はダメです。「違法とかいう話はわかるけど何かそれ以外で問題はあるのですか?」そういう人には「おおありです」とお答えします。無視はできない欠陥が刻まれているのです。修繕できない不可逆的なダメージ・アタックも多いですし、リスト型攻撃の標的材料になる個人情報搾取の足掛かりにされることも。これらアンダーグラウンドなサイトが安全になることはあり得ないので、素直に使用をストップするのが吉です。

迷ったときは?
3か月か半年くらい経てば新作もネット配信されるようなインスタントな時代になってきましたので、行動あるのみです。でも、うっかりミスを避けないとダメです。「登録の勢いのままに勇んで始めてみたけど視聴したい映画がない」という虚しい残念事態は回避しないと、何の意味もありません。ジェイソン・クラーク出演の「ゼロ・ダーク・サーティ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「イチイチ確かめている時間も惜しいから、さっさと済ませたい」そういうときこそ、このページです。配信中のVODをアイコンで視覚的に整理して一覧にしています。適度に情報更新も行われます。類似した映画関連ウェブサイトは諸々ありますが、フルムビバースは更新頻度と対応情報の充実さで一歩前を進んでいます。まだ登録はしたくないという人でも配信確認は未登録状態でも可能なので、そこで一度確認しにいくのも正しい判断。まずはサービスサイトにアクセスして検索チェックすればいいでしょう。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に懸念事項になる重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。「日本語字幕の方がいい!いや、吹き替えこそ面白い!」そんな言い争いは置いといて、好きなように楽しめばいい話です。そこを変に誘導することもしません。どちらもあるのかについては作品によって異なりますが、VODは用意済みであれば字幕&吹替双方を選択できるようになります。こだわりのある人もこれでひと安心。ジョエル・エドガートン出演の「ゼロ・ダーク・サーティ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
映画を観る際の動画再生の安定度は気になる部分ですが、安易にサービスが悪いと怒る前に、まずは自分の用いている通信機器や設定を確認です。ジェニファー・イーリー出演の「ゼロ・ダーク・サーティ」の動画が数秒おきに停止する、映像がカクカクと動いて滑らかではないなどという劣悪な再生状況が起きたりも。そういうときはネットが遅いせいかもしれません。速度測定は専用サイトですぐにできます。無線LANの速度は早ければいいので一度家庭の電波状態をチェックすると良いかもしれません。ルーターは他の電波を発するモノの近くに置いたりせずに、なるべく遠くまで届くように高い位置に設置しましょう。

高評価作品は観る価値あり
賞に着目をしたことがないという人もいるでしょう。それはもったいない。映画を何から見ればいいのかという質問があるのならば、真っ先に回答すると「受賞作をとことん見まくれ!」ということです。全部が納得の名作とは限りません。個人の趣味もありますから。でも映画がなぜ評価されているのかを分析してみるのは自分の刺激になるものです。フル動画で映画を観るだけに特化して考えていくだけでは視野は狭いままです。マーク・ストロング出演の戦場の負を暴きだす「ゼロ・ダーク・サーティ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に「これは大きく切り込んだ挑戦作だな」と思われている映画に触れることで新しい扉が開けます。

その動画サイトは使える?
カイル・チャンドラー出演の戦争の闇に迫る「ゼロ・ダーク・サーティ」を何が何でも無料で見る!と息巻いているならばそれも良しです。その目はどこへ向かうでしょうか。「Pandora」「Miomio」「BiliBili」といったチャイニーズ方面?「dailymotion」のようなヨーロッパ方面?「vidia」「mixdrop」「vidoo」「clipwatching」「openload」「cloudvideo」等の有象無象でしょうか。けれどもそれらはバッサリ切り捨ててください。なぜなら完全なイリーガルな領域に足を踏み込んでしまうからです。それらを紹介するようなサイトは揃いも揃って不正行為を推奨していることになります。

『ゼロ・ダーク・サーティ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年2月9日時点での『ゼロ・ダーク・サーティ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『ゼロ・ダーク・サーティ』をさらに知る

2011年5月2日に実行された、国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン捕縛・暗殺作戦の裏側を、キャスリン・ビグロー監督が映画化。『ゼロ・ダーク・サーティ』の製作総指揮はコリン・ウィルソン、テッド・シッパー、グレッグ・シャピロ。テロリストの追跡を専門とするCIAの女性分析官マヤを中心に、作戦に携わった人々の苦悩や使命感、執念を描き出していく。アメリカは戦争の泥沼にハマっていた。9・11テロ後、CIAは巨額の予算をつぎ込みビンラディンを追うが、何の手がかりも得られずにいた。焦る上層部は成果を求める。そんな中、CIAのパキスタン支局に若く優秀な女性分析官のマヤが派遣される。卓越した知識のあるマヤはやがて、ビンラディンに繋がると思われるアブ・アフメドという男の存在をつかむが…。

★『ゼロ・ダーク・サーティ』のスタッフ


監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
撮影:グレッグ・フレイザー
音楽:アレクサンドル・デプラ

★『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスト


ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー、マーク・ストロング、カイル・チャンドラー、エドガー・ラミレス、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ファレス・ファレス、ハロルド・ペリノー・ジュニア、スコット・アドキンス

★『ゼロ・ダーク・サーティ』の評価

IMDbRTMETA
7.491%??
映画comY!FM
3.5???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ゼロ・ダーク・サーティ』の受賞


第85回アカデミー賞で音響編集賞を受賞。第70回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞(ドラマ)を受賞。

★『ゼロ・ダーク・サーティ』の感想

●『ゼロ・ダーク・サーティ』シネマトゥデイ  
鮮烈な映像が映し出されるスクリーンに身を委ねているうちに、いつの間にか「米国目線」に憑依している自分に気づき、その自然な油断に恐ろしくなる。その戦慄を味わうことにこそこの映画の意味がある。ラストシーンのジェシカ・チャステインをみれば、これがプロパガンダなどではないことは言うまでもなく明白だろう。上映時間も150分以上を敢えて費やすことで長時間掛けて得たことの虚しさを際立たせる狙いがあるように思えてならない。
●『ゼロ・ダーク・サーティ』TOHOシネマズ  
ビン・ラディン殺害作戦を描いていて、最終的には歴史通りの結果になりますが。そこにの爽快感やカタルシスは一切なくてむしろ重たいものでした。いきなりの拷問シーンで、CIAがビン・ラディンに辿り着くまでどんなことでもしていることを強烈に見せつける。もちろん、実際はもっと酷いことをしていたという報道もあったとおりで、この映画の内容が全てそのとおりというわけではない。しかし、こんな映画を逆に日本は今まで作れただろうか。
●『ゼロ・ダーク・サーティ』DAILYMOTION 
冒頭から続く酷い拷問シーン。テロリストの人権なんてあったもんじゃない。客を喜ばすためのわざとらしい見せ場なんか必要無くて真実にこそリアリティーがあってそこから生まれる緊迫感と虚無感。アメリカ側の目線だが、その視線の先にあるのはアメリカの汚い姿だ。ジェシカチャスティン演じるマヤは華奢でそこまで屈強な姿には見えないが、荒れくれ者の男たちの中でまるで監査する人間かのように佇んでいる。そしていつのまにか自身も闇へ染まる。