キャリー(2013)

クロエ・グレース・モレッツ主演で蘇る名作

映画『キャリー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 意味のないリンク、目障りな広告はゼロ。
今すぐ『キャリー』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Carrie / アメリカ(2013年) / 日本公開:2013年11月8日 / 100分 / 制作:Misher Films / 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『キャリー』予告編
動画
▼『キャリー』の動画リンク▼

VOD1 U-NEXTで動画を見る

VOD2 Huluで動画を見る

VOD3 TSUTAYAで動画を見る

- -
[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
AuVideo ▼TELASA
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ

▼『キャリー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
日常を崩壊させるような恐怖にゾクゾクする映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなホラーをたっぷり満喫してお得に見るなら、動画配信サービスを用いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、現在はスタンダードなスタイルとして認知されています。まだ使っていない人でも安心です。むしろビギナーでも簡単に始められるハードルの低さと、もろもろのメリットの多さから、これからの楽しみがいっぱいです。

「無料」を見逃すな!
「有料コンテンツではないの?」基本はそうなのですが、無料お試しできるという利用促進のボーナスが最初にあります。映画を観たらお金を払うのは当たり前の世の理。でも、それはお試しというマジカルワードによって一時的にではありますが、なかったことにできます。これぞ贅沢というものです。「クレカ登録はどうしても不安だな~」その気持ちもわかりますが、不正利用が起きないように二段階認証搭載のサービスも充実しており、その点でもフルに動画視聴にどっぷり専念できるのではないでしょうか。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「キャリー」の鑑賞はダメです。あの手この手であなたを危険な罠に嵌めてきます。「FREE VIDEO」や「FULL WATCH」など関心を集めて思わずクリックを誘発するようなワードを広告に混ぜ込んで、ページ内のコンテンツに区別がつきづらいように巧妙に配置していることもしょっちゅうです。どんなにあなたがインターネットのスキルや経験に長けていても、防げないものはとことんどうしようもないのでご注意を。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。一方でこんな体験談も。「昨日は配信されてたのに、今日また見たらどこにも動画がない!」こういうことが起こってしまうのがVODの取り扱い注意な弱点でもあり、注視が必要です。「キャリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページでは、配信中のVODはコレとコレです…といった具合に、瞬間的に把握できる手助けをするヘルプ機能を持っています。まずはざっくりと全体の動向を知りたいときに便利です。動かぬ岩のように内容が微動だにしないなんてことはなく、フルムビバースは更新頻度は適切に設定しており、なるべく有用な情報を探せます。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「キャリー」でもあります。パソコンやスマホだけでしか視聴できないと思っている人もいますが、家にあるテレビでも鑑賞可能です。ただし、条件が発生します。どんなテレビでも良いわけではなく、対応可能な機種でないといけません。詳しくは各テレビメーカーの公式サイトの取扱説明書などを確認すると良いです。最新のテレビならば最初からVOD関連の機能が追加されているので迷うこともないはずです。大画面で鑑賞すれば圧倒的な映像体験を堪能できます。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。安心安全な状態で作品を気ままにのんびり眺め、「この俳優の出ているこんな映画があるんだ」などと発見したりも。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「キンバリー・ピアース」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

広告ブロックに気をつけて
ブラウザはときには予期しないエラーを起こします。「ポップアップのブロック」や「頻繁なフリーズ」「アプリが落ちて再起動する」といった現象に見舞われた際は、まずはパソコンを確認。プラグインの停止、セキュリティソフトの停止など順々に確かめていくしかありません。意外に広告ブロックツールが悪さをしていたという事例もあります。映画は快適が一番。動画視聴の妨げになりがちなものは併用には細心の注意を求められると考えておくのが賢いスタイルです。「キャリー」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「解約」というワードだけを聞くと小難しい印象を与えますが、実際は遅くとも1分程度で終わる、とても簡単な作業。まずは退会ページにいきます。各サービスによって場所は異なりますが、たいていはユーザーのアカウント設定内にあります。続いてパスワード入力であらためて本人確認。あとは「契約を解除する」を選択でフィニッシュ。追加で軽いアンケートなどが表示されることもありますが、無視してもOK。もうこれで作業はいらないので一瞬です。

『キャリー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『キャリー』をさらに知る

1976年にブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演で映画化されたスティーブン・キングの同名小説を、クロエ・モレッツ主演で再映画化。超能力を秘めた内気な少女キャリーが引き起こす惨劇を描くサイコサスペンス。『キャリー』の製作はケビン・ミッシャー。地味で冴えない高校生のキャリーは、学校ではいじめ集団に笑い者にされ、家では狂信的な母親に厳しく監視され、全く救いのない孤独で鬱屈した日々を送っていた。しかし、ある事件により、同情心をもったクラスメイトの計らいによって少し変化が訪れる。やがて、学校の人気者トミーとプロムパーティに参加することになり、母親の反対を押し切ってパーティにでかけたキャリーだったが…。

★『キャリー』のスタッフ
監督:キンバリー・ピアース
脚本:ロベルト・アギーレ=サカサ
撮影:スティーブ・イェドリン
音楽:マルコ・ベルトラミ

★『キャリー』のキャスト
クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ジュディ・グリア、ポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル

★『キャリー』の評価

IMDbRTMETA
5.949%??
映画comY!FM
3.0???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『キャリー』の感想

●『キャリー』映画無料夢心地 
クロエちゃんマジ可愛い。リメイク前のキャリーも見たことがあったのですがほぼ記憶なく、クロエちゃんってことで二度目はこちらの方で見てみたところ、オリジナルを思い出しつつも、やっぱりクロエ脳には勝てなかった。旧作に比べて視覚的なグロさ重視な気がするし、精神的には旧作の方が不気味で怖いけど、可愛いから許す的な気分になるのでした。クロエ愛によって魅力は200%増しで、減点あってもトータルで最高得点叩き出しましたね。
●『キャリー』シネマトゥデイ  
私自身もびっくりですが、印象に残ったのはキャリーは平凡で真っ当で初心な普通の女の子でしたということ。母親の異常さにも気付いていながら、母を受け入れ包み込む愛情を持ち、母への愛と世間体の間で揺れ苦しむ、そういう意味ではむしろ同級生よりも真面目な大人で器の大きい真っ当な子だったなと。だからついキャリーに肩入れして観てしまい、同級生たちを超能力で無残にも殺してしまう場面も、凄惨で残酷だけれど爽快感もあったのです。
●『キャリー』ユナイテッドシネマ 
ITやミスト等でお馴染みのスティーヴン・キングさん原作のスリラー映画。スティーヴン・キングさんが原作を務めた作品はどれも、登場人物に対する情を生ませるのが心理的に上手いのがいつものセンス。もちろん好意だけで無く敵意も。1時間40分とやや少し長めの作品でしたが上手く組まれた起承転結は素晴らしく大変観やすかったです。話は全体的に深めで、ホラー要素は殆ど無し。なので怖いのが苦手な人も案外楽しめるかもしれませんね。