告白(2010)

日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞を受賞

映画『告白』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 意味のないリンク、目障りな広告はゼロ。
今すぐ『告白』を見るなら動画リンクをチェック。

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。エグゼクティブプロデューサーは市川南と塚田泰浩。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口は、愛娘を学校のプールで殺害されるという凄惨な体験をする。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。

原題:告白 / 製作:日本(2010年) / 日本公開:2010年6月5日 / 106分 / 制作: / 配給:東宝

映画「告白」の予告編

(C)映画「告白」フィルムパートナーズ


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る

▼『告白』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
独自の設定で観客を驚かせるサプライズ満載でショッキングな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。ネット配信なので他にはないメリットも多数揃っています。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、それだと何かと面倒ですし、古い作品は探すのも大変だったら、品質の悪いディスクもあります。デジタルならそんな心配は一切ご無用で安心です。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今、いくらだせるかな」そんなことを考えなくてもいいです。トライアルで無料期間があるのでとりあえず気にせずOK。お楽しみタイムはエンドレスで始まります。でもその前に無料お試しで、あれこれと並んでいるムービー・コンテンツを無料動画的な利用感で満喫して、その旨味の虜になってみませんか。「全部が見れない見れない詐欺じゃないか」そんな疑心暗鬼もわからないでもないです。でもフル動画を保障できるので、不確かな情報を鵜呑みにせずに、整備された公式動画サービスだけを信じていましょう。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「告白」の再生はダメです。ブラックどころかダークなサイトは怖さだらけ。知らぬ間にカメラが起動して自分の顔が撮影されてしまい、拡散されていくという恐怖を味わった人もいます。実際にカメラ関係のプログラムを動作させる挙動をセキュリティソフトで確認することができ、あり得ない話ではないです。問題性が欠片もない公式サービスは何一つ気に悩むことも後ろめたいこともないのです。何を躊躇う必要があるでしょうか。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。でも厄介なトラップも多数。「始めようと登録しても、自分の鑑賞したい動画がない」そういう実は配信が終わっていたという、ヘコんでしまう失敗も起こりえます。「告白」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「そんなのネット検索でスイスイだよ!」と考えているなら甘いです。普通にググるだけでは一部の限定されたものしか紹介されないので、気づかぬうちに損をすることも。できればこのページで全チェックするべきです。他の類似サイトと違って、フルムビバースでは情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。お望みの無料動画にタッチできるかは今のタイミングしだいです。明日、明後日の配信を保証はできないので、関心を持ったときが使いどきです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「告白」を見たい気持ちをまずは抑え、標準的にクレジットカードの登録がベーシックとなります。サービス各社によっても違いますが、スマホなどで利用中のキャリア決済も対応している場合も(とくにケータイ企業のVOD)。クレジットカードは基本はどの会社でも対応可ですが、プリペイド型のタイプは制限があるので要注意(個人確認ができないため)。持っていない人は所有している人に相談するか、自分で新規に作成することを検討するのも良い機会でしょう。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。「このジャンルがすごく気になっている」そんな興味関心に答えるように細かくカテゴリを用意しています。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「中島哲也」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「告白」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「解約」というワードだけを聞くと小難しい印象を与えますが、実際は遅くとも1分程度で終わる、とても簡単な作業。まずは退会ページにいきます。各サービスによって場所は異なりますが、たいていはユーザーのアカウント設定内にあります。続いてパスワード入力であらためて本人確認。あとは「契約を解除する」を選択でフィニッシュ。追加で軽いアンケートなどが表示されることもありますが、無視してもOK。もうこれで作業はいらないので一瞬です。

『告白』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『告白』をさらに知る

★スタッフ
監督:中島哲也
脚本:中島哲也
撮影:阿藤正一、尾澤篤史

★キャスト
松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛

★『告白』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.8???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『告白』の受賞
第34回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞を受賞。

★『告白』の感想

●無料ホームシアター 
演出とはこういう事だ!と、盛り上げるために演出はこうするのだ!と言ってるようなお手本のような作品。モノトーンで画面の色は抑えめなのに飛び込んで来る情報は刺激的で激しく色鮮やかだった。原作も読んだし2度目だけど展開力もあって話も面白く俳優の演技力も相まってドキドキしながらラストまで観れた。一つの告白から展開して行く物語に派手な演出と学校生活のリアルな雰囲気が恐怖を倍増させて原作物の映画化の大成功例のように思います。
●シネマトゥデイ  
完璧。結論から言うと現代日本映画の傑作と呼ぶに相応しい作品。もともと中島監督の作品は、ごちゃごちゃした感じと派手な音楽、役者のオーバーな演技が重なり、お腹いっぱいになる作品が多かったが、今作は色味を抑え、多用されるスローモーションの映像が心地よいし効果的。一見今までの作品からの引き算を感じさせるようで、実は計算されつくした作品です。原作潰しの作品が多いなかで、原作者も満足な作品に仕上がっていると感じさせられます。
●BILIBILI  
とにかく中島監督の映像センスがヤバすぎる。原作の世界観を崩すことなく、さらにえげつないほど陰湿さをスケールアップさせたヒューマンごっちゃごっちゃホラーセンセーショナル。この監督は陰鬱な映像とどことなくメルヘンな音楽を合わせてポップなグロテスクを混ぜ合わせるのが上手い。このテイストは絶対に一般受けはしないのですが、それでも一作くらいは年間であるべき映画だと思う。今観ても映像は頑張っている感じがするし、凄いことだ。
●MOVIX  
その後の邦画に影響を与えたスレたサイコパス野郎や表面的なクズ描写のオンパレードは、2010年という時代性も反映していると思う。この頃は学校というもに対する社会の認識がこういう「理解できない」という感情が前にあった。少なくとも大人たちはそう思っていた。悠子先生の虚実が入り交じり、本当か嘘なのか判断できない語りや、小説と同様、殺人事件に関わった登場人物の独白で徐々に話が浮かび上がる形式など、個性も強い一作でした。