ゼウスの法廷(2013)

法廷を舞台に男女の葛藤と心の変化を描いたサスペンス

映画『ゼウスの法廷』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 意味のないリンク、目障りな広告はゼロ。
今すぐ『ゼウスの法廷』を見るなら動画リンクをチェック。

エリート判事とその婚約者を主人公に、恋人同士から裁く側と裁かれる側になった男女の葛藤と心の変化を描いたサスペンス。プロデューサーは町田弥生。若きエリート判事・加納と婚約した平凡な女性・恵。激務に追われる加納との暮らしに不安を感じた彼女は、同窓会で再会した元恋人・山岡と密会を重ねるようになり、彷徨う心の行き場所となっていく。しかし、その状況は一変してしまう出来事が起こる。事故で山岡を死なせてしまい、恵は重過失致死罪で起訴される。加納は自ら志願して彼女の裁判を担当することになるが…。

原題:ゼウスの法廷 / 製作:日本(2013年) / 日本公開:2014年3月8日 / 136分 / 制作: / 配給:GRAND KAFE PICTURES

ゼウスの法廷 予告編

(C)GRAND KAFE PICTURES 2013


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『ゼウスの法廷』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
様々な葛藤や苦悩を抱えながらその障害を乗り越えていこうとする苦悩を描く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用すると良いです。ネット配信されていればレンタル店でDVDを借りるよりも早く動画にありつけます。パッケージディスクを手にする前にウェブサイトにアクセスして、本当に配信があるかをチェックするだけ。難しい作業は何も必要ないので心配なしです。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「子どもでもラクラクなくらいの敷居の低さなら…」と思っているなら、別に難易度は易しめなので安心。メールアドレス新規作成とほぼ同じ程度のスピードで完了して、数分以内に動画視聴できます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ゼウスの法廷」の再生はダメです。「動画が見れるからいいや」なんて淡い期待で手を出すつもりならそれは大きく裏切られます。再生なんてろくにスムーズにいかず、広告が映像の邪魔をしてきます。それを閉じようとしても不快な別ページに飛ばされてしまい、戻ることもできません。ベストは何かという話ではなく、マストで気を付けるべきことであり、あなたの動画体験の味方は正しさを基準にすべきです。

使うべきはどれ?
「無料と聞いて黙ってはいられない!」と血気盛んに動画鑑賞モードに突入したら、そのまま登録に突進しましょう。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ゼウスの法廷」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今、見ているページにアイコン画像が表示されていませんか? これは配信している可能性が高いことを示しています。そうしたアイコン・リストが1個もないのならば、情報待ちか、まだ未配信と考えるべきかもしれません。「映画動画」と記されたリンクを見つけてクリックすれば、そこはランキングページで動画は無い…そういうガッカリとは縁を切りましょう。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

配信はいつ終わる?
VODの作品ごとの配信終了日時は本来しっかり把握しておきたいポイント。しかし、これがなかなかわかりません。永遠に配信されていることはそうそうないですが、かといってどの瞬間に配信が終わるのかも、大人の事情により、断言できない問題があります。一応作品ページ内にさりげなくアナウンスしているVODもありますが「あくまで予定です」というのが前提なので要注意です。「ゼウスの法廷」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。この新作は以前から関心があったので忘れたくない…。配信を開始したら絶対に見よう…。そんな状況での「自分だけの見たい映画のリスト」が作れます。これでもうメモ帳にノートをとる必要はないです。「Favorite」ボタンを使って簡単に記録。登録から消すならもう一度クリックorタップするだけです。「ゼウスの法廷」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで動画を視聴するために外部リンクをクリックしたら「ポップアップがブロックされました」と表示されて全然ページに移動しない! そんな困った事態が起きていませんか? それは広告ブロックツールに原因がある可能性があります。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「ゼウスの法廷」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ゼウスの法廷」は? 初めて利用する人は必ず登録が必要になるものですが、その日を起点に特定の期間、支払い料金が保留されると考えると良いでしょう。月額の料金請求はその期間後となります。期間が終了したからといって2月分の料金になるわけではありません。まさに初回無料ということです。当然、すでに過去に登録したことのあるユーザーは基本的に使えないテクニックとなるので注意(その場合は登録した時から有料)。しっかり覚えておきましょう。

『ゼウスの法廷』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ゼウスの法廷』をさらに知る

★スタッフ
監督:高橋玄
脚本:高橋玄
撮影:石倉隆二
音楽:村上純

★キャスト
小島聖、野村宏伸、塩谷瞬、椙本滋、川本淳市、出光元、風祭ゆき、宮本大誠、速水今日子、吉野紗香、黒部進

★『ゼウスの法廷』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.7???2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ゼウスの法廷』の感想

●FILMAGA 
法曹界を扱う映画としてかなりユニークで面白いのではないでしょうか。一見の価値はあるかと思います。弁護士側から法曹界をみた視点を裁判官側からアプローチをしたような作品です。ストーリー上、登場人物の魅力の無さや強引なところ、恋愛劇のチープさなどありますが、検事や裁判官、弁護士などの仕事の一端という、別世界を観たような感覚がありました。こういう自分の知らない裏側を見せてくれる映画というのは大変興味深いものです。
●シネマトゥデイ 
日本の法曹界に向けた痛烈な批判の意思、想いは強烈に伝わる。日本の裁判制度に対して、映画の作り手と同じ思いにさせられている。画面はチープかもしれないが、少ない予算で日本の社会問題を描こうとすることは、ほかの大衆受けばかりを狙う邦画とは根本から異なり、こういう作品をもっと観客は応援していくべきだろう。それでもその批判的姿勢を貫いた作り手に敬意を表したい。これからも挑戦を忘れずに映画を生み出していってほしい。
●BILIBILI 
日本の司法制度の在り方を問う、難しいテーマを扱った映画で、簡単に答えの出るものではないからこそ、その鑑賞後のモヤモヤも必然性がある。どうも日本はタブーが多く、法律における断罪もそのひとつ。伝統的なものなのか、文化信仰的な理由なのか、悪には罰をという単純な思想が強い日本社会では、いまだに死刑だって認められている。ヨーロッパやアメリカ、韓国でさえ死刑をやめる動きがあるのに。そんな日本にとっての手始めの映画だ。
●MOVIX  
判例絶対主義に対する疑問。本当にそういう議論があるのかは知らないですが、きっと専門家の間では日常茶飯事の論争なのかもしれません。今までは他人事でも良かったのですが、裁判員制度の導入によってそうもいかなくなってきたので、こういう論争にも注目して関心を持たないとなと思うのでした。難しいのですが。映画自体は中身の構成そのものはどうしても釈然としない雑さもあるのですが、そこも含めつつも、良さも感じる一作です。