ハリー・ポッターと謎のプリンス(6作目)

「ハリー・ポッター」シリーズ第6作

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のフル動画を無料視聴するシリーズものに強い方法を、可能な限り最新情報を反映しつつ紹介しています。
今すぐ『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Harry Potter and the Half-Blood Prince(「ハリーポッターと謎のプリンス」) / アメリカ(2009年) / 日本公開:2009年7月15日 / 154分 / 制作:Heyday Films / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:2億5000万ドル / 興行収入:9億3400万ドル / 前作:『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 / 次作:『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

ハリー・ポッターと謎のプリンス 予告編

(C) 2009 Warner Bros. Ent.Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.

動画
▼『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の動画リンク▼

VOD1【U-NEXTで動画を見る 翻訳対応

VOD2【Huluで動画を見る 完全フル

VOD3【TSUTAYAで動画を見る

VOD4【-

VOD5【-

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコンで視聴可能性大。
U-NEXT ▼U-NEXT
⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV
⇒ VOD3
dTV ▼dTV
Videomarket ▼ビデオマーケット
Amazon ▼Amazonビデオ
Rakuten ▼Rakuten TV

▼『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

全部を見たいならこれ!
世界的に大人気で絶大な支持を集めている作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。このネット配信はシリーズものに強いのが特徴です。レンタル店でDVDを借りる場合だと一作ごとに探さねばならず、数が多いと大変ですが、ネット上なら一瞬。一気見も簡単で、一挙配信していることもあるので便利です。

「無料」より安いものなし!
これだけは必須で覚えてほしい部分がひとつ。それはトライアルを無料でできるという特典の導入アシストです。いきなり金を払えとなると躊躇いが生まれるのも致し方ありません。でもその支払い要求の前にお試しのクッションを挟んでくれるなら、かなり抵抗感も緩和されて衝撃も減らせます。「最初の動画だけ見させておいて途中でプツンと切れたりしないの?」「それはもう最悪の経験にしかならないのだけど」…確かにそれは最悪ですが、さすがにそんな詐欺はないです。フル動画を全開で楽しめるので配信は疑いなく再生してみてください。デビッド・イェーツ監督の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」もアリ。

見たい意欲を悪用されないように!
不正な動画サイトはあらゆる観点において法的にも法的にも当然ですが安全保護のためにも勧めません。ダニエル・ラドクリフ主演の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」もダメ。「きっと上手く慎重に使えばバレないだろう」と油断しながら思っている方もいるかもしれませんが、それこそ何ももたらすものではないのです。法的にアウトである以上、利用者も捜査の対象になります。実際に類似の取り締まり事例では、ユーザーに関する情報も収集されました。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

いちはやくウォッチ!
今やDVDなどのディスク提供はすでに旧時代のモノになりつつあり、デジタルコンテンツこそがメジャーとなっています。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。ルパート・グリント出演の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を視聴できるVODはどれなのかじっくり考えてしまい気になると思います。いい加減に時間を無駄に浪費して大事な1日24時間を台無しにはしたくないものです。このページならば実際の配信状況をサイトで確認した情報をベースに、ある時点の視聴可能性をタイムメモしています。どれだけ他に同様サイトがあれど、ひたすら同じVODを勧めるページばかり。こだわりのフルムビバースは品質と鮮度が違います。「自分は作品の配信を確認したいだけだから、なるべく慎重に判断したいし、登録は急ぎたくないのだよな…」そういうことでもOKで、サービス内での検索は未登録でも可能なものも。

あなたはどっち派?
海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。少なくとも互いの価値は認め合うことができます。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。エマ・ワトソン出演の大人気シリーズ「ハリー・ポッターと謎のプリンス」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、批判をされてしまうのはいつも運営ですけど、実際はユーザーの通信環境の影響も相当に大きいです。マイケル・ガンボン出演の魔法大作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の動画が停止してしまってもしばらくたてば読み込めると思っていませんか? それはNOな場合もあります。環境が悪ければどうしようもないのです。そうなってくると何もできません。無線ならばルーターの位置や設定を変更し、妨害するその他の電波機器とは距離をとりましょう。有線にして改善されるかどうかを調べるのも良いことです。2階建ての家などの構造では中継器は必須になるかもしれません。試行錯誤が実ることを願っています。

動画はフルの方がいい
あまり意識していない人もいますが、民放の番組で映画が放映されているときはたいてい複数のシーンがカットされています。中には30分以上の大幅カットも珍しくないです。これでは映画の本来の面白さが大きく消失してしまい、その作品を100%見たとは言えません。でも、VODならそこも抜かりありません。決められた尺がないので最初から最後のエンドクレジットまで映画全編を鑑賞できます。マギー・スミス出演の広大な世界観に思わず夢中になってしまう「ハリー・ポッターと謎のプリンス」をフル視聴(full)したいと思っている人は、テレビメディアで待つよりもVODの方が優れていることを頭に入れておきましょう。

その動画サイトは使える?
アラン・リックマン出演の幅広い年代に支持されてシリーズが続いている「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を無料で見るのですか。そんな要望で検索しているとサイトが無数にひょっこり顔を出すでしょう。「dailymotion」「Miomio」「BiliBili」など海外動画サイトもありますし、「vidia」「clipwatching」「mixdrop」「openload」「vidoo」のようなシェアサイトもウロウロ。今はサイトリーチ手段が多いのでアクセスするのは難しくないでしょう。でもやめるべきだと忠告します。理由は単純で、不正コンテンツが氾濫しているからです。仮にそれらを自己責任視聴することを促すページを見かけても無視をするべきです。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2020年3月1日時点での『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ハリー・ポッターと謎のプリンス』をさらに知る

J・K・ローリング原作の大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ第6作。製作総指揮はライオネル・ウィグラム、製作はデビッド・ハイマンとデビッド・バロン。ヴォルデモートとの最終決戦が迫っていることを予感するダンブルドア校長は、来るべきその決戦に備えていた。ヴォルデモートの守りを解く手がかりを見つけようと、かつて学生時代のヴォルデモート=トム・リドルを教えたこともあるホラス・スラグホーンを魔法薬学教授として学校に迎える。徐々に学校も不吉な空気に包まれる中、それでも新学期は始まる。ハリーはスラグホーンの授業で「半純血のプリンス」と署名された古い魔法薬学の教科書を手に入れるが、そこには魔法薬学以外にもさまざま魔法が記されていて、普通では知りえないような知識を身につけることができ、役に立つものばかり。ハリーは次第にその教科書に夢中になるが…。

★『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のスタッフ
監督:デビッド・イェーツ
脚本:スティーブ・クローブス
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ニコラス・フーパー

★キャスト
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ヒーロー・ファインズ・ティフィン、ジム・ブロードベント、ヘレナ・ボナム・カーター、ナタリア・テナ、デビッド・シューリス、イバナ・リンチ、ボニー・ライト、トム・フェルトン、ヘレン・マックロリー、ティモシー・スポール、デイブ・レジーノ、ジェシー・ケイブ、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッドリー

★『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の評価

IMDbRTMETA
7.683%??
映画comY!FM
3.6???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の感想

●シネマトゥデイ 
割と地味で一気にダークになった今作。画もどんどん暗くなります。過去と現在が繋がってくる流れとなり、これまでの作品で積み重ねて伏線回収もバンバン入ってくるので、過去作をしっかり把握しておかないと厳しいかもしれません。さらに深く知りたい人は原作をぜひ。謎のプリンスの正体の判明によって、いよいよこの作品の影の主人公が見えてきた形になり、これがラストの章となる最終作につながってくると思うと感動も増していきます。
●TOHOシネマズ  
もう涙なしにはみられませんでした。結構シリーズの核心というか、超重大な事件が起こっていくので「え、え、え」と口から洩れそうになりました。ハリーたちもすっかり大人に差し掛かった年齢になり、自分で問題に対処しなければなりません。だから先生に頼るような今までのことはできない。それはわかるのですが、こんなのって。それにしても映画レビューサイトなどでは平然とネタバレしていたりするので、皆さん、注意していきましょう。