ブリングリング / The Bling Ring

この少女たちは止められない

映画『ブリングリング』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 配信情報を適度にお知らせ。
今すぐ『ブリングリング』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Bling Ring / 製作:アメリカ・フランス・イギリス・日本・ドイツ(2013年) / 日本公開:2013年12月14日 / 90分 / 制作:American Zoetrope / 配給:アークエンタテインメント

映画『ブリングリング』予告編

(C)2013 Somewhere Else, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】機能充実
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ブリングリング』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

利用者も急増しています!
とんでもない悪行を成し遂げた人間たちを独特のタッチでユニークに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使うのがいいです。レンタル店でDVDを借りることでもいいのですが、どうしてもマイナー作品なら見つからないこともあります。ネット配信ならウェブサイトにアクセスして検索するだけなので、白黒つけるのは簡単。初心者でもスタートするのは簡単です。

「無料」ですよ!タダ!
「月額はいくらなんだろう…」と考える前に、最初であれば試用ができるので、とにかくお金を後回しに使ってみるのも一案です。初めの一歩は恐ろしい事ではありませんし、特定の期間という限られたものですが、無料で試用できるのですから、この贅沢さを好き勝手に満喫しないのは利益をドブに捨てるも同じ。「フル動画ではないなら興味はないけど」という疑念も大丈夫だと断言できます。配信されている動画はフルサイズなのでカットもなく、最初から最後のクレジットまで全部を堪能。お試しといえどもそこは抜かりありません。

禁止と繰り返しているが…
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ブリングリング」の鑑賞はダメです。具体的な危険の事例を知りたい人も多いでしょう。例えば、動画再生途中にいきなり特大の広告が表示され、それを消そうとクリックやタップをすると別ページにリダイレクトされ、情報を盗むサイトに誘い込まれる…などの手口です。同じ無料ならばしっかりとした健全性の整ったサービスが断然良いのは単純な話です。深く考えるまでもありません。

迷ったときは?
ずっとDVDのレンタル開始を待っているのは昔の話。今は新作が配信されたらすぐにパッと確認できるのが普通になりました。一方でこんな体験談も。「昨日は配信されてたのに、今日また見たらどこにも動画がない!」こういうことが起こってしまうのがVODの取り扱い注意な弱点でもあり、注視が必要です。「ブリングリング」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。頭を抱えて安易に諦める前に、このページのアイコンを確認しましょう。表示があればあとは動画リンクをたどっていくのみ。この独自の2段階確認システムで確実性を視覚的に高めています。必ずどんな作品でも同じVODを推薦してくるサイトもあり、それは量産型の方法でページが作られています。一方、こちらは全部がオリジナルで個別対応。実際に試してみた人の大半は「満足している」とおおむね高評価。すっかりハマってしまい、重度の映画趣味になった人も少なくありません。

字幕・吹替、選択は自由
海外映画を観る時の分かれ道となる分岐点は「字幕」「吹き替え」の選択肢です。ネット上では論争になっていることもしばしばですが、もうこれには明確な正解はありません。字幕だと俳優の音声がそのまま聞けるのでオリジナル派には必須。しかし、文字を追うのは大変(リスニング力があるならOKですが)。吹替は翻訳センスを問われるのでかなりの運試しでもあり、お墨付きの出来栄えなら安心できます。VODでいっそのこと見比べしてみるのも、見慣れた「ブリングリング」の面白さの発見につながるかもしれません。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ブリングリング」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。当然ながらクレカを所有していない人もいるでしょうが、それで諦めるのはまだ早いです。毎月支払っているうスマホのキャリア決済を通じて登録可能なものもあります。これならばまだ未成年のユーザーでも試すことができるでしょう。もちろん保護者の許可をとることが面倒なトラブル防止のためにも推奨されます。これを機に思い切ってクレカを新規に契約するのもアリかもしれません。

登録情報は最小限
登録時の個人情報入力で、プライバシー保護を不安視する人の意見は多いです。自分のデータが何に使われるのか知りたいのは当然。利用規約を読むように提示されますが、文章が長すぎて普通は読み切れません。ただVODはそうした情報が二次的に横流しになる事例はほぼなく、迷惑メールや電話がかかってくるという体験報告もないです。なので他の悪質な噂の多いサービスと比べたら、はるかに安全といえるのではないでしょうか。これなら試験的無料利用にも躊躇せずに踏み出せます。あとは「ブリングリング」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。定番どころだと子どもでも知っているあのサイトやこのサイトをすぐに思い浮かべることができるでしょう。ただ、これらの動画サイトは非常に身近なわりには頭の痛い問題を多数抱えています。例えば、無限大の量産されている動画の質の低さは言わずもがな、コンテンツの中にはダミーのような騙し動画もいまだにあります。さらには違法性の高いものと、欠点が山積です。VODはそれらの心配が一切ない、「ブリングリング」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『ブリングリング』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月3日時点での『ブリングリング』の動画配信
  • 「U-NEXT」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ブリングリング』をさらに知る

ソフィア・コッポラ監督が、ロサンゼルス・ハリウッドで発生したティーンエイジャーによる窃盗事件を題材に、欲望のままに犯罪に手を染めていく少女たちを描いた青春ドラマ。製作総指揮はフランシス・フォード・コッポラ。ハリウッドセレブが邸宅を構える高級住宅街カラバサス。セレブたちの華やかな生活にあこがれる少女ニッキーら5人組は、いたずら半分にセレブの豪邸をインターネットで調べ、自分のやりたいように空き巣を繰り返してブランド物を次々と盗み出していく。出来心ではじめた刺激欲しさの冒険だったが、やがて5人は後戻りのできないところまで足を踏み入れてしまう。

★スタッフ
監督:ソフィア・コッポラ
脚本:ソフィア・コッポラ
撮影:ハリス・サビデス、クリストファー・ブローベルト
音楽:ダニエル・ロパティン、ブライアン・レイツェル

★キャスト
エマ・ワトソン、レスリー・マン、タイッサ・ファーミガ、クレア・ジュリアン、イズラエル・ブルサール

★『ブリングリング』の評価

IMDbRTMETA
5.660%??
映画comY!FM
2.9???2.9
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ブリングリング』の感想

●映画無料夢心地
おしゃれな少女窃盗団だが、ソフィア・コッポラ監督の強烈なシニカルな視点が際立つ一作で、決して一般受けはしない。若さと勢いで無軌道な行為を行ってしまうのはよくあることだが、罪の意識の低さとかマスコミが面白おかしく取り上げるとか、その行き着く先には教訓は何もない。ある意味、富や名声に憧れる一般層に対する皮肉なのだと思う。芸能人になりたいという人に「そんな良いものじゃないよ。カッコ悪いよ」と言っているようでした。
●ユナイテッドシネマ  
10代特有の気怠さというか、セレブの私物を盗んでも盗んでも満たされない虚無感とか。その反面子供だから許されると思っていて罪悪感のかけらもない。そういう感情が細やかに描かれていてとても好き。ハイブランドの服や靴などがいっぱいでキラキラの部分と人間の欲がギラギラの部分が対照的で物語を表現しており興味深い。エマ・ワトソンなどほんとにセレブな人を起用してセレブに憧れる役をやらせるキャスティングも絶妙で面白い。
●DAILYMOTION 
知的なエマワトソンが役のイメージと違いすぎてよく引き受けたなと。でも、そのギャップがまたいい。計画性も全然なく、明らかに破滅に向かっていってるので、はたから見たらすごくバカなんだけど、この感覚「わからなくもない」というか。セレブのセキュリティの甘さに、リアリティ番組に感化され道徳心が崩壊しているティーンと、自由もここまで来ると呆れる。それも含めての皮肉なのでしょうけど、ソフィア・コッポラは遠慮がない人ですよ。