エクスペンダブルズ(1作目)

筋肉の祭典。ついに開幕!

映画『エクスペンダブルズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『エクスペンダブルズ』を見るなら動画リンクをチェック。

シルベスター・スタローン、ジェット・リー、ジェイソン・ステイサムら新旧のアクションスターが集結した戦争アクション大作。製作はアビ・ラーナー、ジョン・トンプソン、ケビン・キング=テンプルトン。自らをエクスペンダブルズ(消耗品)と名乗る豪快でパワー溢れる凄腕傭兵部隊は、ソマリアの凶悪な武装海賊を討伐したあと、南米のビレーナという島国の軍事独裁政権を打倒するためにさっそく現地へと赴く。だが、そこではかつてない危機が屈強な彼らを待ち受けていた…。

原題:The Expendables / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2010年10月16日 / 103分 / 制作:Millennium Films / 配給:松竹 / 製作費:8000万ドル / 興行収入:2億7400万ドル / 次作:『エクスペンダブルズ2

『エクスペンダブルズ』予告編

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『エクスペンダブルズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
熱狂的なファンを集めている人気俳優がゴージャスに出演した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらでも非常に便利ですが、使い勝手が異なるので調べておきましょう。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「コストは下げたい…」と思っているなら、一定期間は無料試用トライアルでタダにり、全体の年間支払いを節約することができます。「無料なんてズルくないのかな?」そんな危惧は心配しすぎ。しっかり公式サイト内で提供してくれている、卑怯でもない、正統な手段ですから胸を張って使わせてもらいましょう。おカネはそれからです。「無料動画は嬉しいけどデマではないのか?」そういう疑いもやむを得ません。今の世の中ならなおさらです。でも公式上で問題性はないことを保証済みです。これ以上の健全性はないくらいです。

アウトです!
不正な動画サイトは法的にも当然ですが安全保護のためにも勧めません。パソコンやスマホが熱くなることはたびたびあると思いますが、悪質な動画サイトはその熱の帯び方が尋常ではありません。夏場にもなると火傷するほどの温度になることもあり、機器を焦がすことになって、破損につながります。かなりの痛手になります。リスクの具体例を挙げだすとキリがないのですが、とにかく言えるのは繰り返しになりますが、利用停止すべきということ。

配信しているのはコレ!
ジャンルも公開時期も問わないあらゆる映画をミックスさせているこのネット上のレンタル店みたいなVODは最強の存在です。でも、ひとつだけアラートがあります。「登録を勇んでやってみたはいいけど、作品の配信に自分の見たいものがない」という問題。これは厳重に注意必須です。「エクスペンダブルズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。凡庸なサイトならば特定のサービスを提示してそれでおしまいという感じですが、こちらでは几帳面に必要な更新を怠っていません。「パッと見た限りだと、ちょっと知らないサービスの名前があるな…」そうだとしたらむしろ初回お試し可能なので幸運じゃないでしょうか。

字幕・吹替、選択は自由
外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。熱演を披露する役者の演技をダイレクトに満喫するなら迷うことなく字幕でしょうし、そうじゃなく字幕は画面が汚れる感じで嫌だという人ならきっと吹替一択になるはず。一長一短のメリット&デメリットを抱えており、完全な好きな方を選ぶべき話です。VODはダブルタイプ選択可能な作品も収録済みなので、見比べるor聴き比べるのも新しい「エクスペンダブルズ」の面白さの発見につながるかもしれません。

配信はいつ終わる?
VODの作品ごとの配信終了日時は本来しっかり把握しておきたいポイント。しかし、これがなかなかわかりません。永遠に配信されていることはそうそうないですが、かといってどの瞬間に配信が終わるのかも、大人の事情により、断言できない問題があります。一応作品ページ内にさりげなくアナウンスしているVODもありますが「あくまで予定です」というのが前提なので要注意です。「エクスペンダブルズ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

邪魔な広告は無し!
世の中にあるサイトの中には、広告が画面全体にいきなり脈絡もなく表示されたり、ページ内にあるリンクや検索バーに触れると全然別の怪しげなサイトに移動したりと、ユーザーを不快にさせるだけのものも山ほどあります。その一方で、安全最重視のフルムビバースは広告すらも大幅に抑えているので、最も肝心な「エクスペンダブルズ」視聴を妨げません。このサイトを見渡すとわかるでしょうが、明らかに広告量は少ないです。とくにスマホにありがちな追尾型のバナーやタップ連動型、画面変移型のうざったいものはゼロなので、嫌な思いをせずに済みます。

パスワードは大事
バリエーション豊富なVODラインナップに夢心地になる前に「使い方」を知るべきです。いや、それよりも前に大事なのはパスワードです。「え? そんなのは自分の覚えられる簡単な数字の羅列でいいでしょ?」そんな考えだと簡単にアカウントを乗っ取られてしまいます。多くの他サービスでパスワード流用すると一気にリスト攻撃で第三者にログインされてしまうことがあります。絶対に固有のパスを考えて、面倒でもメモしておくのが推奨されます。安全な「エクスペンダブルズ」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『エクスペンダブルズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『エクスペンダブルズ』をさらに知る

★スタッフ
監督:シルベスター・スタローン
脚本:デビッド・キャラハム、シルベスター・スタローン
撮影:ジェフリー・キンボール
音楽:ブライアン・タイラー

★キャスト(キャラクター)
シルベスター・スタローン(バーニー・ロス)、ジェイソン・ステイサム(リー・クリスマス)、ジェット・リー(イン・ヤン)、ドルフ・ラングレン(ガンナー・ヤンセン)、エリック・ロバーツ(ジェームズ・モンロー)、ランディ・クートゥア、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジゼル・イティエ、カリスマ・カーペンター、ゲイリー・ダニエルズ、テリー・クルーズ、アミン・ジョセフ、セーニョ・アモアク、ハンク・エイモス

★『エクスペンダブルズ』の評価

IMDbRTMETA
6.542%??
映画comY!FM
3.4???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『エクスペンダブルズ』の感想

●シネマトゥデイ  
シルヴェスター・スタローン監督による筋肉アクションスター祭り。中学生男子が「こんな夢のキャスティングで」…と妄想したものが現実になりました。全く世の中、どうかしているぜ。でも、そんな映画界のノリ、嫌いじゃないから。むしろ愛している。本当にありがとうございます。大変感謝しています。オッサンたちが楽しそうにしている姿は、なんでこんなにも癒されるのか。世間で肩身を狭くしているオッサンたちへ。チームを作るしかないぞ。
●TOHOシネマズ 
よくこれだけ多国籍な超一流アクション俳優たちをキャスティングできたなというのが第一印象。スタローン隊長の人望の厚さが目に見えるし、けど人望だけこの個性の強すぎるメンバーをまとめるのは難しいだろうから、やっぱり筋肉なんだなぁ。ステイサムの禿げネタとかミッキーロークの私生活の女癖弄りとか身内受けのお笑いもあって、やりたいことやってる感は伝わってきます。こんな同窓会のノリですが、同級生になった気分で満喫です。
●イオンシネマ 
往年のアクション俳優が勢揃いしている。その一点だけが究極までに頂点を突き詰めた。最高の自己満足映画です。主役クラスのスタローン、ステイサム、ジェット・リーに加えてブルース・ウィリスとシュワちゃんまでゲスト出演。暴れるというのはこういうことだと知らしめるような暴虐っぷり。世間から「消耗品」と呼ばれ戦地に狩り出される傭兵部隊という設定が熱い。俺たちは映画界の消耗品じゃないという心の叫びを感じて泣けてくる…。